短期離職に強い転職エージェント3選をタップして見る◁

転職回数が10回以上はさすがにもう無理?

読者の悩み

  • 「転職回数が10回以上だと次はもう無理?」
  • 「何回までだと大丈夫?」

このような疑問にお答えします。

転職活動するときに、気になってしまうのは、転職回数で足切りされると不安になる方も多いです。

結論から言うと、転職回数が10回以上していても、採用してもらうことかできます。

本記事では、「一般的な転職回数」と「採用されるための転職理由」について紹介します。

内定を勝ち取りたい人は、是非参考にして下さい。

短期離職で悩んでいる方へ!
転職のプロに無料で相談しませんか?

\ 短期離職に強い!ランキング堂々の1位!/


第1位 第二新卒エージェントneo
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!

損しないために、絶対に一つは登録しておきたい満足度No.1の転職サービスです。

30秒の登録で無料で使えます。

  • 非公開求人の中には、ホワイト企業が多いので転職に失敗しにくい
  • 年収交渉ができるので給料UPで今よりも遊べる
  • 履歴書作成をサポートしてくれるので忙しくて時間がない人も質が高い応募書類に仕上がる。選考通過率がUP。
  • 希望者は、面接の練習ができるので本番緊張せずに挑める
第一位 第二新卒エージェントneo 第二位  就職shop 第三位 リクルートエージェント
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長20代限定でかなり専門的に特化 ・最短10日で内定獲得実績あり・全ての求人に書類選考がない ・未経験者向けホワイト求人多数・業界トップクラスの圧倒的な求人数 ・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる
目次

転職回数が10回以上でも転職できる

転職回数が10回以上の人でも、転職理由を上手く伝えることで採用をもぎとることができます。

というのも、採用する企業も転職回数だけをみて判断をしているわけではないからです。

とは言っても企業目線で考えたら一般的な転職回数はどのくらいかは把握しておくといいでしょう。

転職回数の平均

ここでは、一般的な転職回数の平均を紹介します。

しかし、年齢によって平均値が違うので20代と30代と分けて解説していきます。

  • 20代の平均転職回数
  • 30代の平均転職回数

20代の平均転職回数

20代の平均の転職回数は1~2回です。

石の上にも3年という言葉があるように、一つの会社で勤続年数が3年以上なら、企業側には好印象を持ってもらえやすいです。

しかし、それに対して、20代のうちに4回以上の転職となれば、入社してから3年未満で辞めてしまった会社もでてきます。

つまり、短期離職のキャリアと判断されやすく、採用側も考えてしまう要素になるでしょう。

また、20代のうちに転職回数が5回ともなれば印象は悪いです。

というのも、採用側からしてみれば、「入社してもすぐに辞めてしまうのではないか」と思うからです。

その他にも、なにか早期離職に繋がるような問題を思われることでしょう。したがって、書類選考時点での通過率がかなり低くなってしまうでしょう。

繰り返しになりますが、20代で転職経験が既に4回以上あるなら、転職回数が1回や2回の人に比べると、見栄えが悪くなります。

自分を見つめ直し、しっかりとした準備が大事になるので覚えておきましょう。

30代の平均転職回数

30代の平均転職回数は、2〜3回です。3回以内の転職は一般的なキャリア形成です。

というのも30代になると、転職していない人の方が少なくなります。

一方で、5回以上の転職回数となれば「職を転々としているな」という印象を持たれます。

ここでの考えるべきところは、勤続年数です。

  • 数ヶ月で職場が変わっている人
  • 勤続年数が3年以上の人

数ヶ月で辞めている人なら20代同様に「何か問題があるのではないか」と思われてしまうでしょう。

例外として、30代後半となればこれまでの経験やスキルも重要視されます。

30代後半の場合、能力的に問題がなければ転職回数は気にしないという企業も出てくるでしょう。

経験やスキルを考慮し、転職理由の内容次第で判断するケースもあります。

転職回数はアルバイトや派遣も含むのか?

転職回数には、アルバイトや派遣社員は含みません。正しくは、正社員で勤務した会社がカウント対象です。

正社員として働いていた企業を対象に「在籍した企業数ー1社=転職回数」になります。

例えば、仮に3社正社員として働いていたなら、1社分引いた数字が転職回数なので、転職回数は2回となります。

転職回数が多い場合は、この数え方を覚えておきましょう。

ここまで読んでくれた方へ!20代に強いおすすめの転職エージェントを無料で利用しませんか?

\2022年最新版!忖度なし/

転職回数が多くても採用される転職理由とは

転職回数が多くても採用されるためには、転職理由の伝え方がポイントです。
ポイントは3つあります。

  • 転職理由の目的が前向きで明確
  • 転職回数が多くても一貫性がある
  • 熱意があって意欲的

順番に見ていきます。

転職理由の目的が前向きで明確

転職回数が多くても、転職理由の目的が明確かつ前向きな理由なら採用されます。

というのも、目的もなく、ただ職を転々としている場合は、ネガティブなイメージを持たれるからです。

仮に「転職回数が10回したとしても、その転職回数だけ、多くの会社から学ぶことができた」

「転職していくうちに、最初は〇〇だったけど、〇〇の考え方が変わり、〇〇を目指したいという想いが強くなった」など、転職回数の多い事実をどう伝えるかで全く違ってきます。

本当にネガティブな退職理由だったとしても、無理やりポジティブな理由に置き換えてみましょう。前向きさは、いい印象を与えます。

繰り返しになりますが、転職回数が見られても、最後の判断はその人の「経験」や「スキル」や「人柄」が採用の決め手となります。

書類選考で、ブレーキがかかりやすいものの、転職理由の目的が明確で前向きであれば、企業は活躍してくれそうだと思ってくれて採用してくれます。

転職回数が多かったのは、こうこうこんな理由があったからですとポジティブに伝えるのが1番大切ですよ!

転職回数が多くても一貫性がある

転職回数が多くても、転職理由に一貫性があれば、採用されやすいです。

というのも、どんな軸で仕事を変えてきたのかという点を企業は気にするからです。

多く転職をしてきた人なら職種経験のなかで共通して言えることを見つけ出して、一貫性のある前向きな理由にすることが大事です。

もし、共通点が見出せなかったときは、どんなことに挑戦したくて仕事を変えてきたのかプラスの印象をもってもらうようにしましょう。

前向きな転職で辞める理由に一貫性があるとさらに説得力や信憑性が増します。

一貫性がない理由だと無理くりつなぎ合わせた感じに思われて「他の理由があるのではないか?」「福利厚生だけで選んでないか?」など疑問に思われてしまいます。

転職回数だけみれば、企業側は「採用してもまたすぐに辞めてしまうのではないか」と思い込みをしてしまいます。

ポジティブな理由を、説得するのではなく、辞める理由に筋が通っていることを伝えるのがポイントです。

例えば

「これまで携帯販売員、求人営業、商社の事務など様々な仕事をしてきました。職種や業種などは違いますが、共通して私の中では相手とコミュニケーションを大切に、どうしたらわかりやすく伝わるかを意識して業務に貢献してきました。どの仕事も通じることは、相手と意思疎通を的確に行うことが求められます。今回、応募させていただいた〇〇でもこ活かせると考えています。」

上記のように、転職することに一連の理由に一貫性を持たすことで、印象がグッとよくなります。「御社の〇〇の仕事を通じて成長したい、〇〇と言ったところに貢献したいという具体的な成果や経験値をアピールすることで、採用する側も働く姿を想像ができます。

熱意があって意欲的

転職回数が多くても、最後の最後は「熱意」や「やる気」がもっとも大事になります。

というのも、転職回数が多く、一貫性がない上にネガティブな転職理由になる場合は「意欲的で熱意」があるか見られるからです。

自分がこの企業じゃないといけない強い理由を見つけ出すことです。悪い例で言えば、ただ単に「これからは頑張ります!」「最後の転職にします!」と言っても自分が売り込むには弱く信憑性にかけます。

そのため、これまでの転職回数分の経験値から、どんな目的を持って働くのか、どんな形で会社に貢献したいのか意欲的に伝わるように具体的に語りましょう。

具体的に伝えることで熱意が感じられるので良い印象を植え付けることができますよ!

採用される人と採用されない人の違いはこちらの記事もどうぞ。

まとめ|転職回数が10回以上でも大丈夫

繰り返しとなりますが、転職回数が10回以上でも転職はできます。

転職回数は企業にとって、一つの判断基準となりますが、それが全て採用が決まるわけではありません。

次はもうダメかな?と感じてる人は一度、戦略を考え直すことでなんとでもなるでしょう。

20代で3回転職してようが6回転職してようが内定がもらえないわけではありませんのであきらめずに転職活動をしましょう。

過去は変えられなくても、未来はこれから作れます。

だからこそ、しっかり面接対策をして今までの経験をアピールできるように準備しましょう。

登録しても後悔しない!20代のおすすめの転職エージェントはこちらです。

今すぐ、無料登録だけでいいからやっておいて損はありません。1日でも早く登録し始めたほうが、優位に立てますよ。

良い応募が見つからないならレアな求人が多かった「 第二新卒エージェントneoが個人的におすすめです。

20代限定でかなり専門的に特化しており、若者の就職、転職サービスで満足度は業界No.1です。

「未経験向け・求人の質・サポート力」という全人類のおすすめできる第二新卒エージェントneoは、サポートがかなり手厚いです。

そこらへんのリクナビ、マイナビを使うなら、 第二新卒エージェントneo に無料登録しましょう。

30秒で登録できます。

\ 短期離職に強い!ランキング堂々の1位!/


第1位 第二新卒エージェントneo
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!

万が一不合格の連絡がきた場合にそなえて今すぐ登録して、質の良い求人を見ておいたほうがいいですよ!

20代・短期離職に強い転職エージェントランキングTOP3



第一位

第二位


第三位
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長・20代限定でかなり専門的に特化
・最短10日で内定獲得実績あり
・全ての求人に書類選考がない
・未経験者向けホワイト求人多数
・業界トップクラスの圧倒的な求人数
・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる

短期離職した方におすすめTOP3

  • 1位 第二新卒エージェントneo
  • 2位 就職Shop
  • 3位 リクルートエージェント

第1位 第二新卒エージェントneo

おすすめ 
第二新卒エージェントneo
公式:https://www.daini-agent.jp/

「20代フリーター」をはじめとした、第二新卒、既卒者向けの20代限定の転職エージェントサービスです。

20代限定でかなり専門的に特化しており、求人の質も高くレア求人が多かった印象です。

最短10日で内定獲得実績あり、若者層向けの就職・転職支援サービスを中心に展開しています。

求人数 12,000件ほど(公開求人170件)
非公開求人 12,000件ほど ※未経験求人約5,000件
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代
得意業種
営業・企画・事務・販売・飲食・WEB

おすすめな人

  • 20代で短期離職をした方
  • 新たな職種・業界に挑戦したい方
  • じっくりサポートを受けて就職・転職したい方

第2位 就職Shop

おすすめ 
就職shop
公式:https://www.ss-shop.jp/

全ての求人が書類選考がない案件を取り扱う、業界最大手リクルートが運営する20代向けの就職・転職支援をしている特化型エージェント。

短期離職をした経験を持つ、アルバイト・フリーター・契約社員の方や、第二新卒・既卒の方、卒業を控えた新卒の方など、正社員経験がない(もしくは短い)方が対象です。

求人数 10,000社以上※非公開求人含む
非公開求人 非公開
対応エリア 首都圏、関西圏
対応年代 20代
得意業種
営業・IT系・事務・通信・メーカー・商社

おすすめな人

  • 短期離職を経験している
  • 20代で初めて正社員になる方
  • フリーターでアルバイト経験しかない方
  • 未経験の職種にチャレンジしようか悩んでいる方
  • 次の転職はブラック企業を避けたい方
  • 書類選考はなしで面接できる企業を探している方

第3位 リクルートエージェント

おすすめ 
リクルートエージェント

公式:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数・転職支援実績で日本トップを誇る、業界最大手の転職エージェント

他と比較にならない「圧倒的な求人数」と「サービスの質」があり、内定までスムーズに導いてくれるおすすめの転職エージェントです。

求人数 30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人 10万件以上
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代 30代 40代 50代
得意業種
営業・事務・IT系・マーケティング

おすすめな人

  • より多くの求人を見て比較検討したい方
  • 業界、職種を決めかねており丁寧に提案してほしい方
  • 非公開求人を見てみたい方
  • 地方にお住まいの方
  • 20代、第二新卒の方

迷ってしまったらこの2つを登録すれば間違いないです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

人材業界4年。
「企業の採用コンサルタント業務」や「人事担当者」として採用に関わる職務を経験。
2回の転職であらゆる転職サイト&転職エージェントを活用した経験を発信します。

目次
閉じる