MENU
リンクについて

当サイトは、基本的にリンクフリーです。リンクを行う場合の許可や連絡はいりません。

相互リンクは、お気軽にご相談下さい。

ただし、インラインフレームの使用や画像の直リンクはご遠慮ください。

短期離職に強い転職エージェント3選をタップして見る◁

「転職エージェントは辞退するとしつこい!」その4つの理由と対処法を紹介します。

転職エージェントで転職活動をしていると複数内定をもらった、自分と相性が合わない等の理由で辞退を申し出る機会があります。

転職先を選ぶのは何者でもないあなた自身ですので、辞退を申し出ることは悪いことではありません。

しかし、スムーズに話が進まずしつこく止められては困惑してしまうでしょう。

この記事では転職エージェントがしつこい理由やしつこくされない対処方法などを解説しています。

\短期離職におすすめの転職エージェント/

質の高い優良求人が揃っています。



第一位

第二位


第三位
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長・20代限定でかなり専門的に特化
・最短10日で内定獲得実績あり
・全ての求人に書類選考がない
・未経験者向けホワイト求人多数
・業界トップクラスの圧倒的な求人数
・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる
目次

内定辞退後に転職エージェントがしつこい理由

内定を辞退したあとに転職エージェントがしつこい理由は以下の4つです。

  • 転職者が内定を承諾しないと利益がでないから
  • 辞退先の企業と関係が悪化する可能性があるから
  • 担当者に課せられたノルマが厳しいから
  • 辞退先の企業から説得されているから

転職者が内定を承諾しないと利益がでないから

転職エージェントは転職者が内定を承諾しないと利益がでません。内定が決まることで、企業から転職エージェントに報酬が支払われます。

求職者の場合、転職エージェントの利用は完全に無料です。内定を辞退されると、転職エージェントはそれまでにサポートした時間や労力が無駄になってしまいます。

転職エージェントはサポートした時間や労力を無駄にしたくありません。利益をだすためにも、しつこく内定をすすめてくることがあります。

辞退先の企業と関係が悪化する可能性があるから

内定を辞退すると、転職エージェントは企業と関係が悪化する可能性があります。企業側も採用にコストをかけているからです。

企業は「転職エージェントの紹介なら信頼できるはず」と考えています。しかし、内定を辞退されると「なぜ紹介したのか?」と不信感をつのらせることに…。

転職エージェントが利益をだし続けるためには、求職者だけでなく企業との関係性も大切です。企業との関係性を悪くしたくないと考えている転職エージェントは、内定を辞退するとしつこく連絡してきます。

担当者に課せられたノルマが厳しいから

担当者に課せられたノルマが厳しい場合、転職エージェントの対応がしつこくなることがあります。求職者が入社しないと、ノルマの達成に近づかないからです。

ノルマが達成できない場合、以下のようなデメリットがあります。

  • 上司に叱られる
  • 会社での評価が下がる

厳しいノルマを課せられていると、内定を辞退したあとの連絡もしつこい場合が多いです。担当者は上司に叱られたり、会社での評価を下げたりしたくないと考えています。

辞退先の企業から説得されているから

転職エージェントが辞退先の企業から説得されている場合、しつこくなるケースがあります。転職エージェントにとっては、辞退先の企業も取引先の一つだからです。

取引先からの要望に応えられないと、今後の関係性が悪化します。求職者が辞退しても、辞退先の企業に言われれば説得するしかありません。

基本的に、転職エージェントは求職者の味方です。しかし、転職エージェントは企業の味方であることも理解しておきましょう

辞退したとき転職エージェントにしつこくされない対処方法とは?

内定を辞退したとき、転職エージェントにしつこくされないための対処方法は以下の3つです。スムーズに内定を辞退するためにも、事前に押さえておきましょう。

  • 辞退すると迷惑がかかるタイミングを知る
  • 辞退の理由をはっきり正しく伝える
  • 辞退をすることを謝罪する

辞退すると迷惑がかかるタイミングを知る

内定を辞退するときは、転職エージェントに迷惑がかかるタイミングを知ってください。タイミングによっては、転職エージェントが困ります。

内定を承諾したあとは、企業が入社の準備を進めている状態です。企業は採用活動を終えている可能性もあるため、辞退するとかなりの迷惑がかかります。

内定を辞退するなら、できるだけ早めに連絡しましょう。内定辞退の連絡が遅くなるほど、迷惑がかかると考えてください。

辞退の理由をはっきり正しく伝える

内定を辞退するときは、転職エージェントに理由をはっきり正しく伝えましょう。理由を隠すと、転職エージェントからの連絡がしつこくなる可能性があるからです。

内定を辞退すると、転職エージェントは企業から説明を求められます。納得させられる理由を提示するため、辞退した求職者にしつこく連絡するしかありません。

はじめから内定辞退の理由をしっかり伝えておけば、転職エージェントからしつこい連絡が来る可能性は下がります。今後の転職活動をスムーズに進めるためにも、内定辞退の理由は正直に伝えてください。

辞退をすることを謝罪する

内定を辞退するときは、転職エージェントにしっかり謝罪してください。何も謝罪がないと、今後の転職活動に悪影響を及ぼすからです。

転職エージェントは内定を獲得するために、多くのサポートをしています。せっかく獲得した内定を辞退されるのは、転職エージェントにとって印象が悪いです。

内定を辞退するのは求職者の権利ですが、転職エージェントとの関係性も大切であることを理解しましょう。誠意を持って謝罪すれば、今後も気持ちよく転職エージェントとのやり取りが続けられます。

転職エージェントがあまりにもしつこい場合

転職エージェントがあまりにもしつこい場合の対処法は以下の4つです。今後の転職活動に影響を及ぼさないためにも、ぜひ押さえておきましょう。

  • 今後の連絡を控えるように伝える
  • 運営側に報告する
  • 担当者を変更してもらう
  • 他の転職エージェントを利用する

今後の連絡を控えるように伝える

転職エージェントからの連絡がしつこい場合は、今後の連絡を控えるように伝えてください。迷惑であることを伝えれば、転職エージェント側も連絡をしづらくなるからです。

あなたがしつこいと感じていても、転職エージェントの担当者はしつこいと感じていないことも考えられます。自覚のないことを遠回しに伝えても、しつこい態度は変わりません。

内定辞退を取り消すことはない」とはっきり伝えましょう。可能性のないことが分かれば、転職エージェントの担当者も連絡することが無駄だと感じてくれます。

運営側に報告する

転職エージェントからの連絡がしつこい場合は、運営側に報告してみてください。しつこく連絡してくるのは、担当者の独断である可能性もあるからです。

上司から注意されれば、担当者もさすがにしつこく連絡はできません。運営側も登録を解除されては利益につながらないため、真摯に対応してくれます。

人によっては、担当者に直接伝えるのが苦手な場合もあるはずです。担当者に直接伝えられない場合は、転職エージェントの運営側に相談してみてください。

担当者を変更してもらう

転職エージェントからの連絡がしつこい場合は、担当者の変更も検討しましょう。担当者が変われば、サポートの質も変わるからです。

内定を辞退することで、担当者との関係性が悪化する可能性も考えられます。今後の転職活動に支障をきたさないためにも、新しい担当者にサポートしてもらうのがおすすめです。

ただし、転職エージェントとの関係性を悪くしないためにも、担当者の変更はポジティブな伝え方を意識してください。「他の人の意見も聞きたい」などの理由が無難です。

他の転職エージェントを利用する

担当者からの連絡がしつこいなら、他の転職エージェントを利用するのも一つの方法です。転職エージェントを変えれば、一から転職活動を進められます。

おすすめなのが、 第二新卒エージェントneo 。20代に特化した専門の転職サービスです。

基本的に、転職エージェントはいくつ登録しても問題ありません。転職エージェント側も、併用することは理解しています。

転職エージェントの利用は完全に無料です。転職エージェントからの連絡がしつこいと感じているなら、他の転職エージェントの利用も試してみましょう。

転職エージェントから辞退するときの注意点

転職エージェントから辞退するときの注意点は以下の3つです。辞退にはデメリットもあることを十分に理解してください。

  • 転職者(あなた)の印象が悪くなる
  • 辞退した企業から再内定をもらえない
  • 企業に直接連絡しない

転職者(あなた)の印象が悪くなる

転職エージェントから内定を辞退すると、あなたの印象は悪くなります。今まで頑張ってサポートした時間や労力が無駄になるからです。

転職エージェントはあなたが内定を勝ち取るためにサポートをしてくれます。しかし、せっかく勝ち取った内定を辞退されれば、不信感がつのるのは当然です。

また内定を辞退されるのでは?」と考えられてしまうと、転職エージェントのサポートにも影響がでる恐れがあります。内定を辞退する場合は、できるだけ印象が悪くならないように誠意を持って謝罪してください。

辞退した企業から再内定をもらえない

内定を辞退すると、同じ企業から再内定はもらえません。企業側に記録として残っているからです。

他の転職エージェントを利用したとしても、企業側が把握していれば再内定はもらえません。内定を辞退した場合は、特に印象に残っています。

内定を辞退する前に「本当に辞退するべきか」をよく考えてください。明確な理由なしに内定を辞退すると、後悔する可能性もあります。

企業に直接連絡しない

内定を辞退する場合、企業に直接連絡してはいけません。転職エージェントを通さないと、トラブルに発展する恐れがあります。

転職エージェントを使った転職活動では、担当者を通して企業とやり取りをするのが基本です。求職者が企業と直接連絡をとってしまうと、転職エージェントは「聞いていない」ということで話がややこしくなります。

内定を辞退したいなら、必ず転職エージェントから伝えてもらってください。あなたが直接企業と連絡をとるメリットは少ないです。

賠償責任はある?

内定を辞退したからといって、賠償責任を問われることはありません。内定の辞退は求職者の権利だからです。

転職エージェントは求職者を転職させた時点で、企業からの報酬が発生します。内定の時点では紹介料の発生がありません。紹介料の発生していないものに賠償責任を問うのは難しいです。

内定を辞退するのは、転職エージェントが求職者の希望を把握できていなかったことも原因と考えられます。「自分の責任」と考えて内定辞退を取り下げる必要はありません。

20代・短期離職に強い転職エージェントランキングTOP3



第一位

第二位


第三位
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長・20代限定でかなり専門的に特化
・最短10日で内定獲得実績あり
・全ての求人に書類選考がない
・未経験者向けホワイト求人多数
・業界トップクラスの圧倒的な求人数
・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる

第1位 第二新卒エージェントneo

おすすめ 
第二新卒エージェントneo
公式:https://www.daini-agent.jp/

「20代フリーター」をはじめとした、第二新卒、既卒者向けの20代限定の転職エージェントサービスです。

20代限定でかなり専門的に特化しており、求人の質も高くレア求人が多かった印象です。

最短10日で内定獲得実績あり、若者層向けの就職・転職支援サービスを中心に展開しています。

求人数 12,000件ほど(公開求人170件)
非公開求人 12,000件ほど ※未経験求人約5,000件
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代
得意業種
営業・企画・事務・販売・飲食・WEB

おすすめな人

  • 20代で短期離職をした方
  • 新たな職種・業界に挑戦したい方
  • じっくりサポートを受けて就職・転職したい方

第2位 就職Shop

おすすめ 
就職shop
公式:https://www.ss-shop.jp/

全ての求人が書類選考がない案件を取り扱う、業界最大手リクルートが運営する20代向けの就職・転職支援をしている特化型エージェント。

短期離職をした経験を持つ、アルバイト・フリーター・契約社員の方や、第二新卒・既卒の方、卒業を控えた新卒の方など、正社員経験がない(もしくは短い)方が対象です。

求人数 10,000社以上※非公開求人含む
非公開求人 非公開
対応エリア 首都圏、関西圏
対応年代 20代
得意業種
営業・IT系・事務・通信・メーカー・商社

おすすめな人

  • 短期離職を経験している
  • 20代で初めて正社員になる方
  • フリーターでアルバイト経験しかない方
  • 未経験の職種にチャレンジしようか悩んでいる方
  • 次の転職はブラック企業を避けたい方
  • 書類選考はなしで面接できる企業を探している方

第3位 リクルートエージェント

おすすめ 
リクルートエージェント

公式:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数・転職支援実績で日本トップを誇る、業界最大手の転職エージェント

他と比較にならない「圧倒的な求人数」と「サービスの質」があり、内定までスムーズに導いてくれるおすすめの転職エージェントです。

求人数 30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人 10万件以上
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代 30代 40代 50代
得意業種
営業・事務・IT系・マーケティング

おすすめな人

  • より多くの求人を見て比較検討したい方
  • 業界、職種を決めかねており丁寧に提案してほしい方
  • 非公開求人を見てみたい方
  • 地方にお住まいの方
  • 20代、第二新卒の方

迷ってしまったらこの2つを登録すれば間違いないです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる