短期離職に強い転職エージェント3選をタップして見る◁

ボーナスもらってすぐ辞めると返還しなきゃダメ?転職できる?

読者の悩み

  • 「ボーナスもらってすぐ辞めるなら返さないといけない?」
  • 「ボーナスもらって翌日退職はあり?」

このような疑問にお答えします。

2分で読める記事となっています。

短期離職で悩んでいる方へ!
転職のプロに無料で相談しませんか?

\ 短期離職に強い!ランキング堂々の1位!/


第1位 第二新卒エージェントneo
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!

損しないために、絶対に一つは登録しておきたい満足度No.1の転職サービスです。

30秒の登録で無料で使えます。

  • 非公開求人の中には、ホワイト企業が多いので転職に失敗しにくい
  • 年収交渉ができるので給料UPで今よりも遊べる
  • 履歴書作成をサポートしてくれるので忙しくて時間がない人も質が高い応募書類に仕上がる。選考通過率がUP。
  • 希望者は、面接の練習ができるので本番緊張せずに挑める
第一位 第二新卒エージェントneo 第二位  就職shop 第三位 リクルートエージェント
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長20代限定でかなり専門的に特化 ・最短10日で内定獲得実績あり・全ての求人に書類選考がない ・未経験者向けホワイト求人多数・業界トップクラスの圧倒的な求人数 ・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる
目次

ボーナスもらってすぐ辞める→返還はしなくて大丈夫です!

ボーナスもらってすぐ辞めても返還する必要なし

ボーナスをもらってすぐ辞める場合でも、返還する必要はありません。もし、転職するなら、ボーナスをもらってから退職した方が得です。賞与支給後に「辞める」と伝えましょう。

ボーナスもらっても翌日に退職の申し入れをしても問題ない理由は3つあります。

  • 基本、支給日在籍が支給要件だから
  • ボーナスをもらうのは半年分の評価だから
  • ボーナスの返還は労働基準法違法だから

支給日に在籍していれば支給要件となる

ボーナスを返還する必要がないのは、支給要件を満たしているからです。ほとんどの会社は「支給日に在籍」していれば賞与をもらえるのが普通です。

逆に、ボーナス支給日の前日までに解雇されていれば、たとえ振り込みされたとしても不当利得として返還義務が発生するでしょう。

もらえない人は、入社してから各企業が定めた一定の期間が経っていないか、新人さんの場合は出ないこともあります。

ボーナスをもらうのは半年分の評価だから

ボーナスをもらうのは、半年分の評価のため、返還する必要はありません。

一般的にボーナスは2回存在し、夏と冬とあります。10月〜3月までが夏のボーナスとなり、4月〜9月が冬のボーナスとなります。

ボーナスをもらってすぐ辞めるとなっても、あなたが在籍していた頃の評価や対価として支払われるものなので返納しなくていいのです。

ボーナスの返還は労働基準法違法だから

賞与支給後に辞めてから、会社から「返還しろ!」と言われても、返納しないようにしましょう。なぜなら、労働基準法違反にあたるからです。

賠償予定の禁止(第16条)

労働契約の不履行について違約金を定めたり、損害賠償額を予定する契約をしてはいけません。
(引用元:厚生労働省/愛媛労働局

労働契約の不履行の場合の違約金制度の設定することは、違法となります。
例えば

  • 「半年で辞めたら違約金を払わなければならない」
  • 「会社に損害を与えたら50万円払わなければならない」

などは禁止されています。たとえ、ボーナス返還と言われて、給料から差し引くことは認められません。

ここまで読んでくれた方へ!20代に強いおすすめの転職エージェントを無料で利用しませんか?

\2022年最新版!忖度なし/

ボーナスをもらってすぐ辞める時の注意点

ボーナスをもらってから辞める際の注意点

ボーナスをもらってすぐ辞める時の注意点は、5つあります。

  • 会社のボーナス支給規定を確認する
  • 退職既定を確認する
  • 退職届を出すタイミングに気を付ける
  • 周りに辞めることを言わない
  • しっかりと仕事を引き継ぐ

会社のボーナス支給規定を確認する

ボーナスもらってすぐ辞める時は、会社の賞与規定を確認しときましょう。一般的な常識のある会社なら必ず就業規則か賞与規定が存在します。

例えば、賞与規定の中に、以下のような記載があるかもしれません。

  • 賞与支給から、6ヶ月以内に退職する人には支給しない。
  • 賞与支給前に退職の申し出があった場合は賞与の減額をする。
  • 賞与支給日に在籍していないと支給されない。
  • 在籍していたとしても、退職願いが出されている場合は賞与は支給しない

などの項目がないかくまなくチェックするようにしましょう。

ちなみに、参考にモデル就業規定を載せときます。

(賞与)
第48条 賞与は、原則として、下記の算定対象期間に在籍した労働者に対し、会社の業績等を勘案して下記の支給日に支給する。

ただし、会社の業績の著しい低下その他 やむを得ない事由により、支給時期を延期し、又は支給しないことがある。

 算定対象期間
   月 日から 月 日まで
   月 日から 月 日まで
 支給日
   月 日 月 日
2 前項の賞与の額は、会社の業績及び労働者の勤務成績などを考慮して各人ごとに決 定する。


【第48条 賞与】
1 賞与は、労基法その他の法律によって設けることが義務付けられているものではあり ません。
 しかし、賞与を支給する場合、就業規則に支給対象時期、賞与の算定基準、査 定期間、支払方法等を明確にしておくことが必要です。

2 就業規則に、賞与の支給対象者を一定の日(例えば、6月1日や12月1日、又は賞 与支給日)に在籍した者とする規定を設けることで、期間の途中で退職等し、その日に 在職しない者には支給しないこととすることも可能です。

(引用元:厚生労働省 モデル就業規則について

賞与規定のルール上賞与の減額や、または一部返納しなければならない可能性はあります。

ボーナスをもらう背景に、あなたの今後の会社への意欲の高さや、今後のスキルアップに対する期待の意味が込められていることもあり得ます。そのため、退職や解雇が決まった人間には、支給額0円も考えられるでしょう。

繰り返しになりますが、ボーナスをもらってすぐ辞めるなら上記と同じような規則が決められていないか確認するのがベストです。

あなたにとって一番得する時期を見極めて転職しましょう。

退職既定を確認する

ボーナスもらって辞める人を抑制するために、退職規定に制約を記載していることもあります。ボーナスは原則として、ボーナスや賞与を支払う法律上の義務は会社側にはありません。

賞与規定の中に、支給条件などの記載がなかった場合でも、就業規則の中に入ってる退職規定は確認するようにしましょう。

  • いつまでに退職の申し出をしないといけないのか?
  • 支給日在籍要件は?
  • 退職にともなうボーナス減額はあるか?

しかし、ひどい会社はボーナスの支給額が決まる前に辞めることがわかるとボーナス査定の評価を下げられます。というのも、支給額の算出や評価方法は、企業側が自由に決めていい実情があるからです。

退職届を出すタイミングに気を付ける

ボーナスをもらって辞める場合は、退職届けを出すタイミングに気を付けましょう。賞与をもらって会社を辞めるときは、なるべくなら損をしたいように、時期を見極める必要があるでしょう。

退職届けを出すタイミングが、ボーナス支給後なら以下のケースが考えられます。

  • 上司や同僚に嫌味を言われる
  • もらい逃げだと思われる
  • 円満退職がしづらくなる
  • トラブルや後々めんどくさい

おすすめの退職申し出のタイミングは、ボーナス支給後1ヶ月半がいいでしょう。

例えば、以下のタイミングがベストだと思います。

冬季ボーナスが12月10日なら → 2月以降に退職願い
夏季ボーナスが7月10日なら →9月以降に退職願い

なぜ、ベストかと言うと、これ以上あとに退職のタイミングを先延ばしにすると次のボーナスが見えてくるからです。

「次の賞与まで辞めないようにしよう。」など、心理的に考えてしまいます。すると、ズルズルと後ろにずれて結局、辞められなくなりいつまでたっても転職ができない事態になってしまいます。

周りに辞めることを言わない

ボーナスをもらう前に周りに辞めることは言わないようにしましょう。あなたが辞めることを周りに言っても、良いことはありません。むしろ、マイナス面の影響が大きいのです。

周りの同期や同僚に話すことで、思わぬ形で、上司に知れわたってしまう恐れがあります。もうすぐ退職する予定だとわかれば、ボーナスを減額したり後々めんどくさいことになりかねません。変な伝わり方をしたらややこしいですからね。

たまに、会社側が引き留めようとしてボーナス金額を上げて交渉しようとしますが、たとえ、言いたくなっても我慢するようにして下さい。順序を守って、直属の上司に辞めることを伝えたあとに、周りには報告しましょう。

ここまで読んでくれた方へ!20代に強いおすすめの転職エージェントを無料で利用しませんか?

\2022年最新版!忖度なし/

しっかりと仕事を引き継ぐ

ボーナスをもらってすぐ辞める時も、しっかりと仕事の引き継ぎや責任持って最後までやり遂げましょう。辞めるからと言って、その後の在職期間の仕事をテキトーにやってはトラブルの原因になります。

ボーナスもらってすぐ辞めるとなっても、在職中は、会社の社員です。最後まであなたの仕事を全うするようにしましょう。どうせならちゃんと業務を引き継いで円満退職を目指しましょう。

ボーナスもらってからすぐ辞めるメリット、デメリット

賞与を受け取り後に辞めるメリットデメリット

ボーナスもらってからすぐ辞める場合のメリットデメリットをまとめました。下記の比較表を参考にどうぞ。

ボーナスもらってから辞めるメリット ボーナスもらってから辞めるデメリット
年収アップ もらい逃げと思われて気まずい ( 罪悪感 )
転職する時の蓄えになる。 賞与が支給される7月前後は求人が少ない

転職活動費として使えるメリット

賞与をもらってすぐ辞める場合のメリットは、シンプルに年収に直結する嬉しい金額です。もらわないとあなたが損します。

また、転職活動では、当然お金がかかります。

転職活動に必要な費用は7割の人が「10万円未満」と回答

  • 面接で着るスーツ
  • カバン
  • 証明写真
  • 履歴書代、切手代
  • 宿泊費(遠方の場合)
  • 企業に行くまでの交通費

ボーナスをもらうことで、転職活動の費用として利用することができて、お金の不安がなくなるでしょう。

もらい逃げとおもわれるデメリット

ボーナス支給後にすぐ辞めれば、もらい逃げと思われて気まずいと考える人もいるでしょう。ボーナスを貰った後にすぐに転職する場合、どうしても罪悪感が生まれやすくなります。

また、夏季ボーナスの場合、賞与が支給される7月前後は求人が少ないという特徴があります。特に、5~6月は最も求人数が少ないです。早めに転職活動で動いても、問題ありませんが、いい求人が見つからないケースは9月頃までじっくり見てみるといいでしょう。

ボーナスをもらって転職するのがベストです

ボーナスをもらってから転職が一番いい

ボーナス支給されてから転職するのが1番あなたが得する選択です。どうしても、ボーナスをもらってからだと後ろめたさを感じてしまう人もいますが、気にする必要はありません。

そもそも、ボーナスあなたの仕事の成果や頑張りに対してもらうものだからです。辞めたあとなんか、会社との関わりもなくなりますし、あったとしても一部の仲のいい人間だけです。堂々として辞めてください。

転職してからの賞与は、いきなり満額をもらうことは少ないでしょう。損しないためにも今の会社で貰えるときにもらいましょう。

最後まで読んでくれた方へ

もし、今から転職活動するなら、個人的に2回使って、断トツに1番良かった「 第二新卒エージェントneo 」がおすすめです。

そこらへんの、マイナビやdodaを使うなら、20代に強い「 第二新卒エージェントneo 」を使うのが正解だと思ってます。

20代を極めた転職エージェントは、求人の質もいいですし、だいたい大手エージェントがやってるサポートも受けられますよ!

ぜひ、無料登録して相談して見てはいかがでしょうか。

\ 短期離職に強い!ランキング堂々の1位!/


第1位 第二新卒エージェントneo
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!

第一位 第二新卒エージェントneo 第二位  就職shop 第三位 リクルートエージェント
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長・20代限定でかなり専門的に特化 ・最短10日で内定獲得実績あり・全ての求人に書類選考がない ・未経験者向けホワイト求人多数・業界トップクラスの圧倒的な求人数 ・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

人材業界4年。
「企業の採用コンサルタント業務」や「人事担当者」として採用に関わる職務を経験。
2回の転職であらゆる転職サイト&転職エージェントを活用した経験を発信します。

目次
閉じる