短期離職に強い転職エージェント3選をタップして見る◁

ボーナスをもらわずに退職は損する?経験者12名の口コミからもらうべき?!

読者の悩み

  • 「ボーナス欲しいけど辞めたい」
  • 「ボーナスなしで退職するべき?」

このような悩みにお答えします。

2分で読める記事となっています。

短期離職で悩んでいる方へ!
転職のプロに無料で相談しませんか?

\ 短期離職に強い!ランキング堂々の1位!/


第1位 第二新卒エージェントneo
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!

損しないために、絶対に一つは登録しておきたい満足度No.1の転職サービスです。

30秒の登録で無料で使えます。

  • 非公開求人の中には、ホワイト企業が多いので転職に失敗しにくい
  • 年収交渉ができるので給料UPで今よりも遊べる
  • 履歴書作成をサポートしてくれるので忙しくて時間がない人も質が高い応募書類に仕上がる。選考通過率がUP。
  • 希望者は、面接の練習ができるので本番緊張せずに挑める
第一位 第二新卒エージェントneo 第二位  就職shop 第三位 リクルートエージェント
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長20代限定でかなり専門的に特化 ・最短10日で内定獲得実績あり・全ての求人に書類選考がない ・未経験者向けホワイト求人多数・業界トップクラスの圧倒的な求人数 ・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる
目次

ボーナスをもらわずに退職は損する?

ボーナスもらわないで退職

ボーナスをもらわずに退職するのは、ぶっちゃけ損です。しかし、ボーナスもらわずに辞める人が多いのも事実でしょう。

ここで考えたいのが、退職したい時期とボーナスをもらう7月、12月に近い時期なのかがポイントです。また、本当に今すぐ辞めたい緊急度があるかないかが考える基準となるでしょう。

例えば、あと1ヶ月後にボーナスが支給されるのにもらわずに退職するのはもったいないですよね。しかし、身体を壊すくらいならすぐに退職したほうがマシです。ストレスをためて鬱なりかけなら緊急度は高いです。

しかし、ボーナスをもらわずに本当に会社が嫌で退職をしたいなら、無理に会社に残る必要はありませんよ!万が一、身体を壊してしまったら、その後の転職活動に影響を受けてしまいます。病院通いとなれば、本末転倒です。

ストレス度合いや今の時期を見極めて、自分の1番最適だと思う時期で辞めましょう。

ボーナスもらわずに退職する人への経験者の意見

ボーナスと退職に関する意見

Yahoo!知恵袋にて、ボーナスをもらわないで退職する人への意見が多くあったので紹介します。大半の方は、ボーナスをもらってからやめたという声が多いですね。

やっぱりボーナス前にやめるっていうのまずいですか?

アンサーは以下になります。

  • 人それぞれですよ
  • 私は、ボーナスを貰ってから、早期希望退職で辞めました
  • ボーナス前に辞めるって言うと、ボーナス減らされそう
  • 私は冬のボーナスをもらってから辞めました
  • もらえるもんはすべて、もらう
  • もらってからのほうが得だと思う

①人それぞれですよ。

あなたが
・もらってから辞めた方が後悔する
・もらわずに辞めた方が後悔する

どちらかを選択するだけです。

世間様(会社に残った同僚)から「あの人、ボーナスもらってから辞めたんだよ、なんてセコイ」と言われることは予想されます。が、それがどうした!当然だ~って開き直れる人なのか、そんな風に思われるくらいだったら、ボーナスはあきらめても「お金にきたなくない人」と思われた方がマシなのか・・・。

例えば、私だったら、独身でこれからいい人みつけたい!紹介してもらえるかも、と思うなら後者かもしれませんが、ボーナスをもらって辞める方が「しっかりしていていい奥さんに」と思われるかもしれません。
人の噂は75日。言いたい人には言わせておきましょう。正当なあなたの労働の対価ですよ、ボーナスは。(^_^)

(引用元:Yahoo!知恵袋

②私は、ボーナスを貰ってから、早期希望退職で辞めました。

私は、ボーナスを貰ってから、早期希望退職で辞めました。別に、ボーナスを貰ってから辞めても良いのではないですか。全然、まずくは無いと思いますよ。自分のボーナスですからね。しっかり働いた分のボーナスは貰わないとね。私ならね。

(引用元:Yahoo!知恵袋

③ボーナス前に辞めるって言うと、ボーナス減らされそう。

ボーナス前に辞めるって言うと、ボーナス減らされそうなんで、もらった直後に辞表を出した方がいいですよ。あんなものきちんと、給与の何か月分とか決まってないので、社長の気分次第ですよ。

貴方が、その会社にとって、どうしても必要な人材なら、給与やボーナスUPができるかもしれませんが、そうでないなら、カットされてしまうか、じゃぁ、ボーナス前に退社させられてしまうかもしれないので、もう少し我慢しましょう。

(引用元:Yahoo!知恵袋

④私は冬のボーナスをもらってから辞めました。

私は冬のボーナスをもらってから辞めました。 友人や退職経験者に相談して決めました。私の場合は、有給が1ヶ月以上ありましたので、
逆算してボーナスをもらってから退職できるように退職願いを申し出ました。

引継ぎや何やかんやで結局退職したのは半年後になっちゃいましたので、
ボーナスもらってやめたセコイ人とは言われてないと思います。
たとえ、言われたとしても辞めちゃうんだし、気にしなくても良いかもしれませんね。
私はいただいたボーナスを、転職活動資金や自己啓発の為の学校資金、海外旅行に使いました。

いろいろな考え方ができると思いますが、ボーナスは頑張って働いてきたことへの正当な対価です。
きちんともらってからお辞めになった方が良いと私は思います。

(引用元:Yahoo!知恵袋

⑤もらえるもんはすべてもらう。

もらえるもんは何でももらってから辞めましょう。
有給消化しながら仕事を探し、ボーナスもらって、「はい、さよなら」

ボーナス前に辞めると、丸々はもらえなくなるかもしれませんよ。

(引用元:Yahoo!知恵袋

⑥もらってからのほうが得だと思う。

もらってからのほうが得だと思うのですが、どうしてボーナス前に辞めたいのでしょう。
大抵の会社ならあと1か月ほどではないかと思うのですが?
まずくはないですけど、もったいない気はします。

(引用元:Yahoo!知恵袋

ここまで読んでくれた方へ!20代に強いおすすめの転職エージェントを無料で利用しませんか?

\2022年最新版!忖度なし/

ボーナスもらわずに辞める人の口コミ

ボーナスもらわないで辞める?辞めない?

ボーナス前に辞める人と辞めない人のネット上の口コミを集めました。意外と半々に分かれているのが分かりました。

  • ボーナスもらわずに退職する人
  • ボーナスもらってから退職する人

人それぞれ状況が違うのでどちらが正しい選択なのか決めるものでもありません。参考程度に紹介します。

ボーナスもらわずに退職する人

SNSでの口コミでボーナスもらわずに退職する考えがありました。

https://twitter.com/chico_fuwans/status/1376483012603305984?s=21

ボーナスもらってから退職する人

続いて、SNS上でボーナスもらってから退職する人の考えです。

ボーナスをもらわずに退職する良い点

ボーナスもらわないで辞めるメリット

ボーナスをもらわずに退職する良い点は、以下の4つがあります。

  • 我慢しないで辞めることができる
  • ストレスが少ない
  • ボーナス退職組よりも転職で優位に立てる
  • 早めに次の環境への準備ができる

我慢しないで辞めることができる

ボーナスをもらわずに退職できる良い点は、我慢しないで辞めることができます。

有給の消化や引き継ぎを考えて、自分が好きな時に、退職時期を設定できるので気楽です。

我慢しないで今すぐ退職できるのもメリットの一つでしょう。

ストレスが少ない

ボーナスをもらわずに退職すれば、ストレスが少なくて済みます。

嫌な気持ちを抱えたまま、働くなら賞与なんて受け取らずキッパリ辞めた方がいいでしょう。

ボーナス欲しいけどストレスが半端じゃないので辞めたいという人は中にはいるでしょう。

早めに退職の準備をすることでストレスフリーで心に余裕を持つことができます。無理をしないようにしましょう。

ボーナス退職組よりも転職で優位に立てる

ボーナスもらわずに退職することで転職で優位に立つことができます。

ボーナス支給直後に辞める人(ボーナス退職組)の転職者が増えるので、募集に対してライバルが多くなってしまう傾向があります。

例えば、

  • 7月の夏季ボーナス直後に辞めるなら8〜10月が多くなります。
  • 12月の冬季ボーナス直後に辞めるなら1月〜3月に求職者が一気に増えます。

応募が集中する時期より、早め早めの行動をすることで、転職で有利となるでしょう。

早めに次の環境への準備ができる

ボーナスをもらわずに退職することで、早めに次の環境への準備ができるのも良い点です。

目標としている時期に、あなたが転職したり独立したり、他のやりたいことに早期にチャレンジができます。

早く次に切り替える事ができるのもメリットです。

ここまで読んでくれた方へ!20代に強いおすすめの転職エージェントを無料で利用しませんか?

\2022年最新版!忖度なし/

ボーナスをもらわずに退職する悪い点

ボーナスもらわないで辞めるデメリット

ボーナスをもらわずに退職する悪い点は、以下の2つが挙げられます。

  • 収入面でマイナス
  • 転職費用に充てられない

収入面でマイナス

ボーナスをもらわずに退職すれば、当然収入面でマイナスとなります。

ボーナスの支給金額は、当然会社ごとに異なりますが、賞与を2ヶ月分や3ヶ月分もらえるとなると結構でかいですよね。

ボーナスをもらえる権利を放棄するとなれば、収入の面ではボーナス分減ってしまうのはデメリットと言えます。

転職費用に充てられない

ボーナスもらわずに退職すると転職するための資金に充てられないという悪い側面があります。

転職活動には、以下の費用が発生します。

  • 面接場所までの交通費
  • 昼食代
  • スーツやカバン類

などがかかります。

オフィス系のお仕事をしていない場合は、自前のスーツを持っていない人も中にはいるでしょう。スーツや靴を新しく揃える必要があるのでだいぶ費用負担が発生します。

転職活動では、意外とお金がかかるものです。転職活動費が十分に余裕がなく、貯金の少ない方は、ボーナスもらわずに辞めることはおすすめしません。少しでも費用負担を減らすために最善の選択をしましょう。

ボーナスもらわずに退職するべきかの判断基準

ボーナスもらう判断基準

ボーナスをもらわずに辞めるときの判断基準がわからないという人は、以下の基準で考えてください。

  • 想定される金額で判断
  • ストレスで身体を壊すなら退職するべき
  • 転職にかかる貯蓄があるか

想定される金額で判断

ボーナスをもらわずに退職するべきかは、支給される金額で判断してみましょう。会社によっては人事考課面談があって、事前にある程度の賞与額を知ることがあります。

また、在職中の会社で何度かボーナスを貰ってる経験があるなら、毎年の賞与額はある程度なら想像できるでしょう。

ボーナスをもらわずに退職するべきかは、ボーナス金額を基準に考えてみましょう。

ストレスで身体を壊すなら退職するべき

ボーナスもらわずに退職する基準は、ストレスで身体を壊すなら退職するべきです。

その会社で働いていて心も身体も限界ならすぐにでも辞めましょう。

ストレスが原因で起こる症状はたくさんありますが、以下の症状の自覚があるなら無理せずに退職するべきでしょう。

  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • めまい
  • 動悸
  • 息切れ
  • 不眠
  • 腰痛
  • 胃痛
  • 便秘
  • 下痢
  • 不整脈

実際に似た症状がある場合は、黄色信号です。ボーナスもらう前に、退職しないと症状が悪化して今後の人生に影響します。

仕事のストレスで体調不良を感じたら、ボーナスもらわずに退職しましょう。

転職にかかる貯蓄があるか

ボーナスもらわずに退職した場合、次の転職先を探すのに十分な貯蓄があるかという視点で考えるべきです。

というのも、転職活動は一般的に2ヶ月〜6ヶ月ほどかかります。その期間の生活費や転職活動費を考えるとやはりまとまったお金(資金)がないと不安です。

1ヶ月で転職にかかるお金は、一般的に10万円程度です。万が一、転職先がおもうように決まらず長引くなら金銭的に心配になりますよね。

ボーナスをもらわずに退職する場合は、辞めてからも普段の生活や転職活動するお金に余裕があるのか考えましょう。

ボーナスもらわずに退職するなら転職の準備をしよう

ボーナスもらわずに退職するなら早めに行動することが先決です。

これから、転職を考えているなら登録必須のおすすめの転職エージェントを紹介します。

それは「 第二新卒エージェントneo 」です。

20代や短期離職に強く、登録無料でレアな求人や非公開求人があるので一度見ておいて損はありません。

第二新卒エージェントneo 」に今すぐに登録して、書類をつくってもらったり、退職の無料相談を受けてください!

登録してみていい求人があれば、ラッキーですし、自分に合わないなと思ったら使わなくても大丈夫です。

\ 短期離職に強い!ランキング堂々の1位!/


第1位 第二新卒エージェントneo
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!

第一位 第二新卒エージェントneo 第二位  就職shop 第三位 リクルートエージェント
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長・20代限定でかなり専門的に特化 ・最短10日で内定獲得実績あり・全ての求人に書類選考がない ・未経験者向けホワイト求人多数・業界トップクラスの圧倒的な求人数 ・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

人材業界4年。
「企業の採用コンサルタント業務」や「人事担当者」として採用に関わる職務を経験。
2回の転職であらゆる転職サイト&転職エージェントを活用した経験を発信します。

目次
閉じる