短期離職に強い転職エージェント3選をタップして見る◁

ずっと求人が出ている所は危ない?企業が求人を出し続ける理由とは?

読者の悩み

  • 「求人をずっと掲載している企業は危険?」
  • 「よく求人を出す会社はやばい?」

このような疑問にお答えします。

よく「求人が長期掲載されている企業はブラックじゃないの?」という、悪いイメージを持たれやすいですが、実際はどうなのか解説します。

結論から伝えると、求人期間が長いブラックの危険性が高いです。

逆に、求人の掲載期間が短いほど、ホワイト企業とはなりません。

1分で読める記事となっています。

短期離職で悩んでいる方へ!
転職のプロに無料で相談しませんか?

\ 短期離職に強い!ランキング堂々の1位!/


第1位 第二新卒エージェントneo
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!

損しないために、絶対に一つは登録しておきたい満足度No.1の転職サービスです。

30秒の登録で無料で使えます。

  • 非公開求人の中には、ホワイト企業が多いので転職に失敗しにくい
  • 年収交渉ができるので給料UPで今よりも遊べる
  • 履歴書作成をサポートしてくれるので忙しくて時間がない人も質が高い応募書類に仕上がる。選考通過率がUP。
  • 希望者は、面接の練習ができるので本番緊張せずに挑める
第一位 第二新卒エージェントneo 第二位  就職shop 第三位 リクルートエージェント
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長20代限定でかなり専門的に特化 ・最短10日で内定獲得実績あり・全ての求人に書類選考がない ・未経験者向けホワイト求人多数・業界トップクラスの圧倒的な求人数 ・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる
目次

ずっと求人が出ている所は危ない?

ずっと求人が出ていると危険?

結論を先に言うと、ずっと求人が出ているところは危ないです。応募するのは、やめておいた方が良いでしょう。

というのも、社員の入れ変わりが激しく、ブラック企業の可能性があるからです。とは言っても、ケースバイケースで、ただ単に人気のない職業か特別な免許や資格が必要な分、人が入りにくいだけかもしれません。

基本は「応募しない」選択肢をとり、逆に、気になるようなら、どんなところなのか調べた上で応募するといいでしょう。

ずっと求人が出し続ける理由とは?

長く求人広告がでている

ずっと求人が出ている所の理由は以下となります。

  • 高い離職率・人手が足りていない
  • 事業拡大のため人員が必要
  • 内定辞退者や早期離職への備え
  • 全国の大規模募集
  • 人材の流動性が高い職種
  • 優秀な人材を長期で探している

高い離職率・人手が足りていない

ずっと求人が出ているところは、離職率が高く常に人手不足の可能性があります。資格や特別なスキルを必要とされるわけでもないのに、人手が足りていないのは労働環境の悪いブラック企業かもしれません。

採用し続けても辞めていくので働いてくれるなら、誰でもいいスタンスでずっと求人を出しています。一般的な職種なのに人手不足の状況がずっと続いている会社には注意が必要です。

離職率で考えると以下の業界です。

  • 離職率49.7%:宿泊業・飲食サービス業
  • 離職率46.2%:教育・学習支援業
  • 離職率45.0%:生活関連サービス業・娯楽業
  • 離職率37.8%:医療・福祉業界
  • 離職率37.7%:小売業界

出所:厚生労働省、新規学卒就職者の離職状況 

他にも、保険の営業や商品先物取引の金融系、住宅販売、住宅投資の不動産系営業も離職率は高いです。できる限り、自分で調べて人手不足で離職率が高い企業は応募を見送りましょう。

事業拡大のため人員が必要

ずっと求人が出ている企業のなかには「事業拡大」で人員で募集をかけています。このケースはある程度伸びている会社です。店舗拡大や新事業所の展開を考えている会社でしょう。

それなりの採用予定人数を考えてたり、中心となる人物を狙って長期で求人を出します。したがって、時間と労力が必要なので、ずっと求人を出していることがあります。

求人に募集背景を記載されていることがありますのでチェックしておきましょう。

内定辞退者や早期離職への備え

長期で求人を出しているのは、以下の2つのことに備えている可能性があります。

  • 内定辞退者が出たとき
  • 早期離職されたとき

上記を想定して「もう1人」を採用するためにずっと求人を出しているのです。

長く採用活動を続けることで、万が一のときに、ばたばたと慌てずに採用活動ができます。また、人手が増えることで売上が上がる業界・業種もあり許容範囲なのでしょう。

全国の大規模募集

ずっと求人がでているところは、全国規模の募集の場合もあります。

一つの求人で、全国各地域の勤務地を記載すると、一つの地域で募集が終わっても、ほかのエリアの採用活動で求人を出し続けられるのです。

例えば、以下の記載は全国規模の募集です!

  • 例① 勤務地
    希望を考慮。転勤なし【全国(1都1府19県)の営業所】
    ※自宅から近い営業所など希望を反映!
  • 例② 勤務地
    全国の各拠点 ★勤務地選択可・IUターン歓迎 ★転勤なし!腰を据えて働けます
  • 例③ 勤務地
    「大阪本社」「東京支店」「岡山支社」「滋賀県工場」のいずれか

全国エリアでの募集は、ずっと求人を出していることが普通です。一部の地域が、採用予定人数を確保できても、他の地域がまだ募集中であれば当然掲載は続くでしょう。

人材の流動性が高い職種

人材の流動性が高い仕事だと、ずっと求人を出しています。業界や職種によっては特定の知識や経験・資格などが必要なケースが存在します。

業界内の人材が少なく、不足しがちなので、継続的に企業は求人を出さないといけなくなるのです。

IT産業や技術職は人材の流動性が高い

  • プログラマー
  • SE
  • 研究職

近年では、DXやグローバルの事業の推進のために、IT系の技術職のニーズが高まっています。仮に、プログラマーは、プログラミング言語の流行りがあるので、よりテクニカルな技術をもつ人材は引っ張られてしまうのです。

年収や待遇を求めて、自分のスキルと経験に見合った仕事を求めてキャリアアップしてしまいます。したがって、人材の流動性が高い職種だと、企業がずっと求人を出していることになります。

優秀な人材を長期で探している

ずっと求人を出しているところは、優秀な人材を探していることも考えられます。

急ぎじゃないけど、優秀な人材はほしいというケースです。長い期間、募集をかけている企業は、求める人物像の理想が高くより好みするためずっと求人を出し続けます。

良い人材を探す会社のタイプとして社員の勤続年数が長く、労働環境もいいことが多いです。意外とホワイト企業な可能性もありますよ!

ずっと求人がでているところに応募したいときは?

ずっと出ている求人に応募したい

ずっと求人を出している企業が必ずしもブラック企業ではないことを知ってもらいました。

募集期間の他にもある程度、優良な求人か見極めることができます。調べ方のポイントとしては6つです。

  • 不自然な給与金額
  • 複数の求人媒体に出しているか
  • 出社や退社の様子をみてみる
  • 離職率や勤続年数を調べる
  • ネットの評判や口コミをみる
  • 面接で聞いてみる

不自然な給与金額

優良な求人か見極める方法として、募集要項の給与金額がおかしくないかチェックしましょう。

募集要項のチェックの仕方

  • 未経験から月収30万円以上と記載
  • 同業他社に比べてなぜか給与水準が違う
  • 年収250万円〜600万円と給与幅がある

年収幅がある求人は、歩合給の会社が大半です。仮に、営業職だったら業績に応じて給与が決まるのでノルマが達成できなければ、かなり少ない最低給与となってしまいます。

また、残業が含まれている場合に「みなし残業40時間」など記載されていることがあります。つまり出勤日数を考えた時に「必ず1日2時間の残業をしないといけない」という会社もあります。

少しでも、給与金額に違和感を感じたら、他の求人と比較して危ない要素がないかしっかり見ましょう。

複数の求人媒体に出している

長期間+複数の求人媒体を同時に出しているところは危ないです。予算が許す限り、たくさんの求人媒体を使って大量採用を狙っていることでしょう。

利益が出ていて伸びている会社でも離職率が高い企業が存在します。入社してもすぐ辞めたり、労働環境が悪かったり、ブラック企業の可能性があるので注意が必要です。

繰り返しになりますが「長期間」×「複数の求人媒体」は、かなり高い確率で危険なので覚えておきましょう。

出社や退社の様子をみてみる

危ない会社なのかは、実際の社員の様子を見に行くのも一つです。同じビル内で複数ある企業が存在するところや、業界によっては難しいですがリアルを目撃できますよ!

会社に出入りする様子を確認することで、顔や雰囲気で感じるものがあるかもしれないです。

  • 朝の出勤時は何時に出社しているか。
  • どのくらいの人が退社しているか。
  • 定時からどれくらい残業しているか。

ざっくり職場環境を把握できるでしょう。

離職率や勤続年数を調べる

いい求人の見極め方は、データで把握するのが確実です。大手などの知名度の高い企業などは、四季報などでも確認ができます。上場企業なら、年間休日日数や賞与や有給休暇の取得率が載っています。

私は、離職率や勤続年数はウソをつかないと思っています。インターネットや書籍、業界新聞などを取り寄せて調べれば意外とすぐわかるもんですよ!

各会社が全て離職率や勤続年数を開示してるわけではありませんが、普段から意識してチェックするようにしましょう。

ネットの評判や口コミをみる

ネットの評判や口コミを見ることで、良質な求人か分かります。

口コミの大半は、辞めた人が書いてるケースが多いので、仕事内容や会社の待遇、職場環境、社風など参考になる情報をゲットすることができます。

ただ、

  • 在籍している社員のなのか、
  • 過去に在籍していて辞めた人なのか

が分からないです。

転職サイトやネットの掲示板は、匿名投稿なので全て信憑性のある情報ではないことは理解しておきましょう。

ネットの評判や口コミは、あくまで参考情報という意味で知っておくといいでしょう。

面接で聞いてみる

気になっている企業があれば、実際に応募して面接時に聞いてみてください。

  • 「今回の募集背景をお伺いしても宜しいでしょうか」
  • 「マイナビ転職にも、御社の求人を見かけましたが、事業拡大のための増員なのでしょうか」

質疑応答で直接聞くことによって疑問点が解消されますよ。

もし、採用担当者の反応があたふたしていたり曖昧な回答だった場合は、危ない求人かも知れません。

危ない求人か分からない時は転職のプロに相談するべし

危ない求人?

危ない求人なのか自分で判断がつかない時は、1人に悩まずに転職のプロに相談してください。

転職エージェントに登録するメリット

  • ブラック企業を避けるアドバイスをくれる
  • あなたにぴったりな求人を紹介してくれる
  • レアな非公開求人が見れる

さまざまな企業の傾向を熟知しているので、失敗しない確率が上がります。

最後まで読んでくれた方へおすすめの転職エージェントを紹介

良い応募が見つからないならレアな求人が多かった「 第二新卒エージェントneoが個人的におすすめです。

20代限定でかなり専門的に特化しており、若者の就職、転職サービスで満足度は業界No.1です。

「未経験向け・求人の質・サポート力」という全人類のおすすめできる第二新卒エージェントneoは、サポートがかなり手厚いです。

そこらへんのリクナビ、マイナビを使うなら、 第二新卒エージェントneo に無料登録しましょう。

30秒で登録できます。

\ 短期離職に強い!ランキング堂々の1位!/


第1位 第二新卒エージェントneo
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!

20代・短期離職に強い転職エージェントランキングTOP3



第一位

第二位


第三位
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長・20代限定でかなり専門的に特化
・最短10日で内定獲得実績あり
・全ての求人に書類選考がない
・未経験者向けホワイト求人多数
・業界トップクラスの圧倒的な求人数
・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる

短期離職した方におすすめTOP3

  • 1位 第二新卒エージェントneo
  • 2位 就職Shop
  • 3位 リクルートエージェント

第1位 第二新卒エージェントneo

おすすめ 
第二新卒エージェントneo
公式:https://www.daini-agent.jp/

「20代フリーター」をはじめとした、第二新卒、既卒者向けの20代限定の転職エージェントサービスです。

20代限定でかなり専門的に特化しており、求人の質も高くレア求人が多かった印象です。

最短10日で内定獲得実績あり、若者層向けの就職・転職支援サービスを中心に展開しています。

求人数 12,000件ほど(公開求人170件)
非公開求人 12,000件ほど ※未経験求人約5,000件
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代
得意業種
営業・企画・事務・販売・飲食・WEB

おすすめな人

  • 20代で短期離職をした方
  • 新たな職種・業界に挑戦したい方
  • じっくりサポートを受けて就職・転職したい方

第2位 就職Shop

おすすめ 
就職shop
公式:https://www.ss-shop.jp/

全ての求人が書類選考がない案件を取り扱う、業界最大手リクルートが運営する20代向けの就職・転職支援をしている特化型エージェント。

短期離職をした経験を持つ、アルバイト・フリーター・契約社員の方や、第二新卒・既卒の方、卒業を控えた新卒の方など、正社員経験がない(もしくは短い)方が対象です。

求人数 10,000社以上※非公開求人含む
非公開求人 非公開
対応エリア 首都圏、関西圏
対応年代 20代
得意業種
営業・IT系・事務・通信・メーカー・商社

おすすめな人

  • 短期離職を経験している
  • 20代で初めて正社員になる方
  • フリーターでアルバイト経験しかない方
  • 未経験の職種にチャレンジしようか悩んでいる方
  • 次の転職はブラック企業を避けたい方
  • 書類選考はなしで面接できる企業を探している方

第3位 リクルートエージェント

おすすめ 
リクルートエージェント

公式:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数・転職支援実績で日本トップを誇る、業界最大手の転職エージェント

他と比較にならない「圧倒的な求人数」と「サービスの質」があり、内定までスムーズに導いてくれるおすすめの転職エージェントです。

求人数 30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人 10万件以上
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代 30代 40代 50代
得意業種
営業・事務・IT系・マーケティング

おすすめな人

  • より多くの求人を見て比較検討したい方
  • 業界、職種を決めかねており丁寧に提案してほしい方
  • 非公開求人を見てみたい方
  • 地方にお住まいの方
  • 20代、第二新卒の方

迷ってしまったらこの2つを登録すれば間違いないです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

人材業界4年。
「企業の採用コンサルタント業務」や「人事担当者」として採用に関わる職務を経験。
2回の転職であらゆる転職サイト&転職エージェントを活用した経験を発信します。

目次
閉じる