短期離職に強い転職エージェント3選をタップして見る◁

高卒で給料が上がらない5つの理由【対処法あります】

読者の悩み

  • 高卒だから給料が低い。
  • 高卒で給料上がらないのはなぜ?

このような疑問に答えます。

\高卒で年収に不満なら!一度は話を聞くべきおすすめの転職サービス!/

質の高い優良求人が揃っています。



第一位

第二位


第三位
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長・20代限定でかなり専門的に特化
・最短10日で内定獲得実績あり
・全ての求人に書類選考がない
・未経験者向けホワイト求人多数
・業界トップクラスの圧倒的な求人数
・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる
目次

高卒で給料が上がらないのは本当!

高卒だと給料が上がらないのは事実です。厚生労働省が算出した「学歴別にみた賃金」でも、高卒の賃金の上がり幅が大卒・大学院卒に比べて少ないことが分かります。

ただし、高卒だからといって諦める必要はありません。「高卒で給料が上がらない理由」を知り「高卒の給料を上げる方法」を実行すれば、高卒でも理想の年収に近づけます。

高卒で給料が上がらない理由は5つ

高卒で給料が上がらない理由は以下の5つです。まずは理由を知り、今抱えている問題を明確にしましょう。

  • 高卒と大卒で給与テーブルが違う
  • 高卒の出世ルートにハンデがある
  • 社歴や経験が浅い
  • 単純労働で専門的なスキルがない
  • 年齢が若い

高卒と大卒で給与テーブルが違う

高卒と大卒の給与テーブルは違います。給与テーブルでは、大卒の給料が高くなるように設定しているからです。

給与テーブルとは、給料を設定するために決められている表のこと。会社ごとに独自の給与テーブルを持っていることが多いです。

学歴主義が残っている会社の場合、高卒よりも大卒・大学院卒を優遇しています。高卒で給料が上がらないのは、給与テーブルが原因の可能性が高いです。

高卒の出世ルートにハンデがある

高卒の出世ルートにはハンデがあります。学歴主義の会社では、大卒・大学院卒を優先して出世させるからです。

高卒は出世が一定のところで止まるように、あらかじめ設定されているケースもあります。学歴主義が根強く残っている会社の場合は、特に注意が必要です。

出世できないと給料が上がらないのは仕方ありません。出世をしにくい高卒は、普通に働いても給料を上げるのが難しいです。

社歴や経験が浅い

高卒で社歴や経験が浅い場合、給料は上がりません。給料は社歴や経験に左右されることが多いからです。

会社は利益になる人材に高い給料を支払います。しかし、経験が浅い高卒には会社へ利益をもたらす力がありません。会社としては、給料を上げるメリットがないと言えます。

給料が上がらないと悩むのは、社歴や経験を積んでからにしましょう。社歴や経験がないのに「給料が上がらない会社」と判断するのは少し早いです。

単純労働で専門的なスキルがない

高卒で就職した仕事が単純労働で専門的なスキルが必要ない場合、給料が上がらないのは仕方ありません。「誰でもできる仕事」と言えるからです。

誰でもできる仕事は給料が低く設定されています。同じ結果になるのであれば、会社としては低コストで人材を雇いたいからです。

高等学校からの斡旋で就職した場合、専門的なスキルがなくても就職できてしまいます。高卒で専門的なスキルがない単純労働の仕事に就くと、給料は上がりません。

年齢が若い

高卒の給料が上がらないのは、年齢が若いことも理由の一つ。年功序列の会社では、年齢が低いほど給料も低く設定されています。

高卒で就職したとき、基本的には18歳。会社ごとに設定されている給与テーブルでも、18歳は低い位置にあります。

30歳になるまでは、給料の上げ幅も低く設定されている会社が多いです。若い年齢で就職する高卒の給料が上がらないのは仕方ありません。

高卒の給料を上げる方法

高卒の給料を上げる方法は以下の4つです。理想の給料に近づきたい人は必ず実行しましょう。

  • 給料水準の高い業界・職種に転職する
  • 実力で稼げる歩合のある仕事に就く
  • スキルアップして今の会社で成果を出し続ける
  • 副業も考える

給料水準の高い業界・職種に転職する

高卒でも給料を上げたいなら、給料水準の高い業界・職種に転職しましょう。業界・職種を変えるだけで、給料が大きく上がるケースは多いです。

業界・職種ごとに平均年収は違います。マイナビ転職の調査によると、平均年収の高い業種は以下の3つです。

業種平均年収
投資信託委託・投資顧問1,559万円
外資系金融1,523万円
金融総合グループ860万円

一方で、平均年収の低い業種は以下の3つでした。

業種平均年収
玩具426万円
生活協同組合387万円
専門店(カメラ・OA関連)371万円

身を置く場所を変えるだけで、給料は大きく変わります。高卒でも高い給料をもらいたいなら、今の業界・職種が適切なのか考えてみましょう。

実力で稼げる歩合のある仕事に就く

高卒で給料が上がらないと悩んでいるなら、実力で稼げる歩合のある仕事に就きましょう。歩合制を導入している会社であれば、仕事の結果次第で給料が上がります。

歩合制を導入している職種の一例は以下の通りです。

  • 営業職
  • ドライバー
  • クリエイティブ職

頑張った分、給料が上がるとモチベーションも保てます。しかし、実力がない人が歩合制の仕事に就くと、逆に給料が低くなることもあるので注意してください。

スキルアップして今の会社で成果を出し続ける

高卒で給料が上がらないと感じているなら、スキルアップを目指しましょう。スキルアップして成果を出せば、今の会社でも給料が上がる可能性があります。

会社が「給料を上げてもいい」と思うのは、スキルがあって利益をもたらしてくれる人材です。成果を残していれば、会社が昇給を認めてくれる可能性があります。

ただし、年功序列の会社などには注意してください。スキルアップしても給料が上がらないケースもあります。

スキルアップしても給料が上がらないと思ったら、別の会社への転職を検討しましょう。スキルアップした実力を元に転職すれば、給料が上がる可能性は高いです。スキルアップすること自体にデメリットはありません。

副業も考える

高卒で給料が上がらないと悩むなら、副業を始めることも一つの方法です。副業で稼げれば、会社の給料は関係ありません。

副業は今の仕事を続けながら始められます。今の生活を維持しながら副業を始めれば、リスクはありません。

副業で月に3万円の収入を得られれば、年収が36万円上がるのと同じです。転職して給料を上げるよりも、確実に収入を増やせる方法と言えます。

読者の悩み

  • 高卒だから給料が低い。
  • 高卒で給料上がらないのはなぜ?

このような疑問に答えます。

\高卒で年収に不満なら!一度は話を聞くべきおすすめの転職サービス!/

ランキング堂々1位!
20代・第二新卒に強い!

第1位 就職Shop
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!


1位  就職shop

2位  第二新卒エージェントneo


3位 リクルートエージェント
おすすめ
求人数 10,000社以上※非公開求人含む 12,000件ほど(公開求人170件) 30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人 非公開 12,000件ほど ※未経験求人約5,000件 10万件以上
対応エリア 首都圏、関西圏 東京、大阪、名古屋、福岡 全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等ミドル層
書類選考 書類選考なし あり(難易度低い) あり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★
20代に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長 ・全ての求人に書類選考がない
・未経験者向けホワイト求人多数
・20代限定でかなり専門的に特化
・最短10日で内定獲得実績あり
・業界トップクラスの圧倒的な求人数
・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録しみる無料で登録してみる

高卒で給料が上がらないのは本当!

高卒だと給料が上がらないのは事実です。厚生労働省が算出した「学歴別にみた賃金」でも、高卒の賃金の上がり幅が大卒・大学院卒に比べて少ないことが分かります。

ただし、高卒だからといって諦める必要はありません。「高卒で給料が上がらない理由」を知り「高卒の給料を上げる方法」を実行すれば、高卒でも理想の年収に近づけます。

高卒で給料が上がらない理由は5つ

高卒で給料が上がらない理由は以下の5つです。まずは理由を知り、今抱えている問題を明確にしましょう。

  • 高卒と大卒で給与テーブルが違う
  • 高卒の出世ルートにハンデがある
  • 社歴や経験が浅い
  • 単純労働で専門的なスキルがない
  • 年齢が若い

高卒と大卒で給与テーブルが違う

高卒と大卒の給与テーブルは違います。給与テーブルでは、大卒の給料が高くなるように設定しているからです。

給与テーブルとは、給料を設定するために決められている表のこと。会社ごとに独自の給与テーブルを持っていることが多いです。

学歴主義が残っている会社の場合、高卒よりも大卒・大学院卒を優遇しています。高卒で給料が上がらないのは、給与テーブルが原因の可能性が高いです。

高卒の出世ルートにハンデがある

高卒の出世ルートにはハンデがあります。学歴主義の会社では、大卒・大学院卒を優先して出世させるからです。

高卒は出世が一定のところで止まるように、あらかじめ設定されているケースもあります。学歴主義が根強く残っている会社の場合は、特に注意が必要です。

出世できないと給料が上がらないのは仕方ありません。出世をしにくい高卒は、普通に働いても給料を上げるのが難しいです。

社歴や経験が浅い

高卒で社歴や経験が浅い場合、給料は上がりません。給料は社歴や経験に左右されることが多いからです。

会社は利益になる人材に高い給料を支払います。しかし、経験が浅い高卒には会社へ利益をもたらす力がありません。会社としては、給料を上げるメリットがないと言えます。

給料が上がらないと悩むのは、社歴や経験を積んでからにしましょう。社歴や経験がないのに「給料が上がらない会社」と判断するのは少し早いです。

単純労働で専門的なスキルがない

高卒で就職した仕事が単純労働で専門的なスキルが必要ない場合、給料が上がらないのは仕方ありません。「誰でもできる仕事」と言えるからです。

誰でもできる仕事は給料が低く設定されています。同じ結果になるのであれば、会社としては低コストで人材を雇いたいからです。

高等学校からの斡旋で就職した場合、専門的なスキルがなくても就職できてしまいます。高卒で専門的なスキルがない単純労働の仕事に就くと、給料は上がりません。

年齢が若い

高卒の給料が上がらないのは、年齢が若いことも理由の一つ。年功序列の会社では、年齢が低いほど給料も低く設定されています。

高卒で就職したとき、基本的には18歳。会社ごとに設定されている給与テーブルでも、18歳は低い位置にあります。

30歳になるまでは、給料の上げ幅も低く設定されている会社が多いです。若い年齢で就職する高卒の給料が上がらないのは仕方ありません。

高卒の給料を上げる方法

高卒の給料を上げる方法は以下の4つです。理想の給料に近づきたい人は必ず実行しましょう。

  • 給料水準の高い業界・職種に転職する
  • 実力で稼げる歩合のある仕事に就く
  • スキルアップして今の会社で成果を出し続ける
  • 副業も考える

給料水準の高い業界・職種に転職する

高卒でも給料を上げたいなら、給料水準の高い業界・職種に転職しましょう。業界・職種を変えるだけで、給料が大きく上がるケースは多いです。

業界・職種ごとに平均年収は違います。マイナビ転職の調査によると、平均年収の高い業種は以下の3つです。

業種平均年収
投資信託委託・投資顧問1,559万円
外資系金融1,523万円
金融総合グループ860万円

一方で、平均年収の低い業種は以下の3つでした。

業種平均年収
玩具426万円
生活協同組合387万円
専門店(カメラ・OA関連)371万円

身を置く場所を変えるだけで、給料は大きく変わります。高卒でも高い給料をもらいたいなら、今の業界・職種が適切なのか考えてみましょう。

実力で稼げる歩合のある仕事に就く

高卒で給料が上がらないと悩んでいるなら、実力で稼げる歩合のある仕事に就きましょう。歩合制を導入している会社であれば、仕事の結果次第で給料が上がります。

歩合制を導入している職種の一例は以下の通りです。

  • 営業職
  • ドライバー
  • クリエイティブ職

頑張った分、給料が上がるとモチベーションも保てます。しかし、実力がない人が歩合制の仕事に就くと、逆に給料が低くなることもあるので注意してください。

スキルアップして今の会社で成果を出し続ける

高卒で給料が上がらないと感じているなら、スキルアップを目指しましょう。スキルアップして成果を出せば、今の会社でも給料が上がる可能性があります。

会社が「給料を上げてもいい」と思うのは、スキルがあって利益をもたらしてくれる人材です。成果を残していれば、会社が昇給を認めてくれる可能性があります。

ただし、年功序列の会社などには注意してください。スキルアップしても給料が上がらないケースもあります。

スキルアップしても給料が上がらないと思ったら、別の会社への転職を検討しましょう。スキルアップした実力を元に転職すれば、給料が上がる可能性は高いです。スキルアップすること自体にデメリットはありません。

副業も考える

高卒で給料が上がらないと悩むなら、副業を始めることも一つの方法です。副業で稼げれば、会社の給料は関係ありません。

副業は今の仕事を続けながら始められます。今の生活を維持しながら副業を始めれば、リスクはありません。

副業で月に3万円の収入を得られれば、年収が36万円上がるのと同じです。転職して給料を上げるよりも、確実に収入を増やせる方法と言えます。

\高卒で年収に不満なら!一度は話を聞くべきおすすめの転職サービス!/

質の高い優良求人が揃っています。



第一位

第二位


第三位
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長・20代限定でかなり専門的に特化
・最短10日で内定獲得実績あり
・全ての求人に書類選考がない
・未経験者向けホワイト求人多数
・業界トップクラスの圧倒的な求人数
・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる