MENU
リンクについて

当サイトは、基本的にリンクフリーです。リンクを行う場合の許可や連絡はいりません。

相互リンクは、お気軽にご相談下さい。

ただし、インラインフレームの使用や画像の直リンクはご遠慮ください。

短期離職に強い転職エージェント3選をタップして見る◁

面接で希望年収を低く言ってしまったときの対処法を解説します。

読者の悩み

  • 「転職するとき希望年収を聞かれたらどうすればいい?」
  • 「面接で希望年収を低く言ってしまった・・。」

このような悩みにお答えします。

\まだ内定をもらってない人におすすめの転職サービス!/

質の高い優良求人が揃っています。



第一位

第二位


第三位
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長・20代限定でかなり専門的に特化
・最短10日で内定獲得実績あり
・全ての求人に書類選考がない
・未経験者向けホワイト求人多数
・業界トップクラスの圧倒的な求人数
・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる
目次

面接で希望年収を低く言ってしまったときのメリット

面接で希望年収を低く言ってしまうことにもメリットはあります。

  • 企業も採用しやすい
  • 入社後の期待値を下げられる

年収は転職後の生活に大きく関わることです。

年収は高いにこしたことはありませんが、言いづらく低い希望年収を言ってしまうことはしばしばあります。そんな場合でも、悪いことばかりではありません。

そんな年収を低く言ってしまった場合のメリットを紹介します。

企業も採用しやすい

希望年収が低いほど、企業としては採用しやすくなります。

企業側は希望年収だけで採用を決めているわけではありません。しかし、重要な要素のひとつではあります。

ほかの選考内容が同じであれば、希望年収が低いほうが採用されます。

年収を下げてでも採用を勝ち取りたい企業であれば、あえて希望年収を低く言うこともひとつの手です。

入社後の期待値を下げられる

採用時の年収の高さは、企業からの期待値の高さと言えます。

企業からすれば、希望年収はその求職者の自信の表れです。

高い希望年収で採用される場合には、企業から即戦力となることを期待されています。逆に低い希望年収で採用された場合には、それだけ企業からの期待値が低い状態です。

期待されることがプレッシャーになってしまう人にとっては、あえて期待値を下げるために希望年収を低く言うという選択肢もあります。

面接で希望年収を低く言ってしまったときのデメリット

希望年収を低く言うことには、もちろんデメリットもあります。

  • 転職しても年収が変わらない
  • 仕事で評価されないと年収が高くなりづらい

希望年収は求職者にとっては死活問題です。転職後の生活の質が高まるかは年収次第であり、年収を上げることを目的に転職する人も多くいます。

選考を受ける側として、高い年収を希望することに遠慮が生じるのは仕方がありません。

しかし遠慮して希望年収を低く言ってしまうと、以下のようなデメリットがあります。

転職しても年収が変わらない

年収アップは転職する理由として多いもののひとつです。

転職する上ではだれしも年収は高いに越したことはありませんし、転職前の年収よりも上がって欲しいと考えるのも当然です。

希望年収を低く言ってしまうと、せっかく転職するのに現在と年収が変わらないということになりかねません。

現在よりも高い年収を希望するのであれば、正直に希望年収を伝えるべきです。

仕事で評価されないと年収が高くなりづらい

採用時点での年収が低いと、将来的な年収も上がりづらくなります。

年収は仕事を通して上がっていくものですが、簡単には上がりません。

業務中になにか大きな成果を出して、会社から評価されることで年収は上がっていきます。しかしそれは簡単なことではありません。

スタート時点の年収が低ければそれだけ年収が上がるまでに時間も労力もかかるため、選考での希望年収を低く言ってしまうことは大きなデメリットになります。

面接で希望年収を低く言ってしまったときの対処法

選考の面接で年収を低く言ってしまうことは、しばしばあることです。

本当はもっと高い年収を希望していても、企業に対して遠慮してしまったり採用率を気にして低く言ってしまったり、という求職者の悩みはよく見られます。

年収を低く言ってしまった場合、そのままにしておくことは得策ではありません。

希望よりも低い年収で内定が出てしまったり、そのせいで内定を辞退せざるを得なくなったり、せっかくの転職を台無しにしてしまうおそれがあります。

そこで、希望年収を低く言ってしまった場合の対処法を紹介します。

  • シンプルに希望年収の訂正を各企業に伝える
  • 転職エージェントの力を借りて年収交渉をする

シンプルに希望年収の訂正を各企業に伝える

一番手っ取り早い方法は、正直に相手企業に訂正を伝えることです。

希望年収は最終選考で聞かれるイメージを持っている求職者も多いようですが、実際にはそんなことはありません。

1次面接や2次面接で聞かれる場合もあります。希望年収を低く言ってしまったとしても、選考が残っているなら次の面接で正直に希望年収を訂正することが一番早い対処法です。

最終面接で希望年収を低く言ってしまった場合、選考で訂正するチャンスはありません。その場合は採用担当者に直接連絡して訂正を伝えましょう。

ただし希望年収を訂正したことで、選考がだめになってしまう可能性もゼロではありません。年収が低くても採用が欲しい場合には、あえて訂正しないというのもひとつの手です。

転職エージェントの力を借りて年収交渉をする

転職エージェントを利用している場合、エージェントを通じて年収交渉をしてもらうという手があります。

転職エージェントには、採用決定後の年収交渉をしてくれるサービスもあります。自分で希望年収を訂正するのは言いにくいことですが、エージェントに交渉してもらうなら自分で伝える必要はありません。

エージェントに交渉をゆだねる場合、必ず希望通りの年収に訂正できるとは限らない点には注意が必要です。

転職エージェントは利用者が採用されるために動きます。希望年収の訂正が採用に不利に働く場合は、エージェントが交渉しても希望年収を訂正できない場合もあります。

面接での希望年収に関するQ&A

ここからは、面接での希望年収に関することで想定されるよくある質問を上げてみました。

自分の年収はどう確かめる?

自分の年収を確認する一番簡単な方法は、源泉徴収票を確認することです。

源泉徴収票に、「支払金額」と書かれた欄があります。その額面が、交通費などの年収に含まれない収入を除いた年収額です。

また直近1年分の給与明細や賞与明細で計算することもできます。12か月分の給与と賞与の額面を合計したものがおおよその年収です。

しかし明細で計算する場合、通勤手当などの年収に含まれない分の金額も合計してしまうため、正確な金額ではありません。

年収にボーナスは含める?

年収にはボーナス、すなわち賞与も含まれます。

年収を計算する時に、ボーナスを含めず、月々の額面に12を掛けて計算してしまうことはよくあるミスです。

希望年収を計算する場合、ボーナスの額面を含めて計算するように注意しましょう。

給与と違いボーナスの支払いは義務ではありませんので、会社によってボーナスが出る会社と出ない会社があります。希望年収を伝える場合には、相手先企業にボーナスがあるのか確認して計算するようにしてください。

手取りと額面の違いとは?

額面とは会社から支給される金額の総額のことを言います。基本給に各種手当が含まれており、保険料などが控除されていません。一般的には「総支給額」の欄に記載されています。

一方で手取りとは、会社から支給される額面から各種税金や保険料など控除されるべき金額を除いた、実際に振り込まれる金額です。

一般的には求人票に記載されている年収や選考で聞かれる希望年収は額面であることが多くあります。そのため希望年収を伝える際に、手取り金額から計算して相手先企業に伝えてしまうミスも少なくありません。

実際に就職して給与が支給されてみると、想定よりも手取り金額が少ないという事態になりかねません。

希望の年収を高く言ってしまった場合どうなる?

希望年収はあくまでも希望のため、高い金額を伝えることは自由です。

しかし伝えた金額が明らかに相場を遥かに超えるものであったり、求職者本人の経歴やスキルに見合わないものであったりすると、当然希望は叶いません。

また企業としては当然少ない人件費で採用できることが理想です。ほかの条件が等しい求職者がいれば、企業は希望年収が低いほうを優先して採用します。

高い希望年収を伝えることで、高待遇で採用される可能性もゼロではありません。しかし採用面接においては希望年収が低いほうが有利に働くということを忘れてはいけません。

20代・短期離職に強い転職エージェントランキングTOP3



第一位

第二位


第三位
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長・20代限定でかなり専門的に特化
・最短10日で内定獲得実績あり
・全ての求人に書類選考がない
・未経験者向けホワイト求人多数
・業界トップクラスの圧倒的な求人数
・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる

第1位 第二新卒エージェントneo

おすすめ 
第二新卒エージェントneo
公式:https://www.daini-agent.jp/

「20代フリーター」をはじめとした、第二新卒、既卒者向けの20代限定の転職エージェントサービスです。

20代限定でかなり専門的に特化しており、求人の質も高くレア求人が多かった印象です。

最短10日で内定獲得実績あり、若者層向けの就職・転職支援サービスを中心に展開しています。

求人数 12,000件ほど(公開求人170件)
非公開求人 12,000件ほど ※未経験求人約5,000件
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代
得意業種
営業・企画・事務・販売・飲食・WEB

おすすめな人

  • 20代で短期離職をした方
  • 新たな職種・業界に挑戦したい方
  • じっくりサポートを受けて就職・転職したい方
タップして第二新卒エージェントneoの詳細を見る
  • 15,000名以上の転職成功実績あり
  • 第二新卒、フリーター向けの未経験求人5,000件以上ある
  • 最短10日で内定獲得した利用者様もいる
  • サポートにかける時間は平均8時間で安心の就職活動ができる
  • 面接や内定後と入社後のサポートがある

ここがポイント

紹介できる求人数は12,000程で『第二新卒エージェントneo』は20代限定なので、かなり専門的に特化しています。

実は運営会社であるネオキャリアの正社員は、第二新卒者、フリーターが9割!

つまり、プロの転職エージェントも第二新卒・フリーターという立場を経験してるのが最大の強み。

他の転職エージェントにはない近い視点でアドバイスをしてくれるのでおすすめです。

デメリット

  • 全国に求人はあるが、関東・東海・関西の都市部に集中している
  • 求人の質が良くない
面接場所(アクセス)を見る

■大阪支社 大阪府大阪市北区曽根崎新地2-2-16 西梅田MIDビル2F 四つ橋線 西梅田駅 9番出口より徒歩1分(旧桜橋東洋ビル
■名古屋支社 愛知県名古屋市中村区名駅3-22-8 大東海ビル7階 国際センター駅 徒歩2分、名古屋駅 徒歩8分、名鉄名古屋駅 徒歩8分、近鉄名古屋駅 徒歩8分
■福岡支社 福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 新幹線博多ビル7階 博多駅 徒歩0分(直結)

第2位 就職Shop

おすすめ 
就職shop
公式:https://www.ss-shop.jp/

全ての求人が書類選考がない案件を取り扱う、業界最大手リクルートが運営する20代向けの就職・転職支援をしている特化型エージェント。

短期離職をした経験を持つ、アルバイト・フリーター・契約社員の方や、第二新卒・既卒の方、卒業を控えた新卒の方など、正社員経験がない(もしくは短い)方が対象です。

求人数 10,000社以上※非公開求人含む
非公開求人 非公開
対応エリア 首都圏、関西圏
対応年代 20代
得意業種
営業・IT系・事務・通信・メーカー・商社

おすすめな人

  • 短期離職を経験している
  • 20代で初めて正社員になる方
  • フリーターでアルバイト経験しかない方
  • 未経験の職種にチャレンジしようか悩んでいる方
  • 次の転職はブラック企業を避けたい方
  • 書類選考はなしで面接できる企業を探している方
タップして就職shopの詳細を見る
  • 全ての求人が書類選考がないため、20代フリーターでも安心
  • 未経験者向けの求人がほとんど
  • 就職shopの登録者の9割が20代
  • 100%取材した安心求人のみを扱うためブラック企業なのか知れる
  • 就職成功した方の4人に3人が正社員未経験
  • ネットだけじゃわからない生の情報が聞ける
  • 累計8,500社の企業を紹介。
  • 採用が決定した企業のほとんどが社員300人未満の中小企業
  • 就職された方の7割が正社員経験1年未満。

ここがポイント

就職Shopがとっても魅力なのが、全ての企業が面接前の書類選考をしないこと。

なんと、すべての求人がNO書類選考で面接から!

つまり、短期離職が気になってしまう経歴やスキルなどを重視しません。

人柄やポテンシャルを重視しており、「経験」よりも直接会って「あなた」をみます。

正社員経験がないフリーターや、就職したがすぐ辞めてしまい職歴に自信がない...という人は、就職SHOPとのマッチング度はかなり高いエージェントといえるでしょう。

デメリット

  • 30代、40代の転職には向かない
  • 9割が20代の未経験者向け。
  • 大手企業の求人が少ない。掲載されている求人の約7割が、従業員数99人以下の企業
面接場所(アクセス)を見る

面談店舗は主要駅近くです!

就職shopしんじゅく
東京都新宿区西新宿1-6-1新宿エルタワー3FJR、地下鉄、小田急線、京王線 新宿駅西口 徒歩2分
就職shopとうきょう
東京都中央区銀座7-3-5ヒューリック銀座7丁目ビル 2FJR新橋駅 銀座口 徒歩6分、地下鉄銀座駅 C2出口 徒歩4分
就職shopヨコハマ
神奈川県横浜市西区北幸1-11-11NMF横浜西口ビル8F横浜駅 西口 徒歩5分
就職shopきたせんじゅ
東京都足立区千住2丁目3吾妻ビル 4FJR北千住駅 西口 徒歩8分
就職shopにしとうきょう
東京都立川市曙町2-34-7ファーレイーストビル 7FJR立川駅 北口 徒歩6分、多摩モノレール 国営昭和記念公園方面 徒歩6分
就職shopさいたま
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル 25F大宮駅 西口 徒歩5分
就職shopちば
千葉県千葉市中央区新町1000番地センシティタワー 7F千葉駅 中央改札 徒歩4分
就職shopおおさか
大阪府大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー31階大阪駅・大阪梅田駅・東梅田駅 徒歩約4分
就職shopきょうと
京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町88K・I四条ビル 7F阪急京都線 烏丸駅 徒歩1分 京都市営地下鉄 烏丸線 四条駅 徒歩1分
就職shopこうべ
兵庫県神戸市中央区磯上通8-3-10井門三宮ビル 4階阪急・阪神 神戸三宮徒歩5分

第3位 リクルートエージェント

おすすめ 
リクルートエージェント

公式:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数・転職支援実績で日本トップを誇る、業界最大手の転職エージェント

他と比較にならない「圧倒的な求人数」と「サービスの質」があり、内定までスムーズに導いてくれるおすすめの転職エージェントです。

求人数 30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人 10万件以上
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代 30代 40代 50代
得意業種
営業・事務・IT系・マーケティング

おすすめな人

  • より多くの求人を見て比較検討したい方
  • 業界、職種を決めかねており丁寧に提案してほしい方
  • 非公開求人を見てみたい方
  • 地方にお住まいの方
  • 20代、第二新卒の方
タップしてリクルートエージェントの詳細を見る
  • 25歳〜35歳の利用者が80%
  • 業界トップの28万件以上の求人数を誇る
  • リクルートだけの独占した非公開求人がある
  • 転職の『リクナビNEXT』とも連携で併用◎
  • 求人紹介も応募手続きもすべてできる専用ページPersonal Desktop搭載
  • 求人の検索画面も見やすい。
  • 非公開求人の検索も可能。
  • アドバイザーからの新着通知機能
  • 独自に収集・分析した企業情報がきける(AGENT Report エージェントレポート)
  • 連絡事項をまとめて表示できる機能

転職決定者の年齢は?

出所:リクルートエージェント公式サイト

転職決定者のうち約7割は26~35歳の方が占めている。

ここがポイント

業界トップクラスの求人数・転職支援実績で日本トップを誇る、業界最大手の転職エージェント。

さすがに、他と比較にならない「圧倒的な求人数」と「サービスの質」がありました。

20代の方や第二新卒の方は幅広いキャリアの選択肢があるためたくさん求人をみて選ぶのにおすすめのエージェントです。

私も20代の頃に実際にリクルートエージェントを利用して熱心に面談をしていただき内定までサポートしてもらいました。

担当者にもよると思いますが、1番レスポンスが早かった印象です。

また、履歴書のサンプル等も見せてくれて、添削もやってもらい印象がガラリと変わる履歴書になってさすがだなと感じました。

転職サイトリクナビNEXTと連携で求人の選択肢が増えてキャリアの可能性が広がります。

デメリット

  • キャリアアドバイザーによって当たり外れがある。
  • 希望条件に合わない求人情報を紹介されることがあるため自分で選別が必要。
  • 内定辞退後、担当者から質問されることがある。
面接場所(アクセス)を見る

■東京本社 JR東京駅八重洲南口から外堀通りを有楽町方面へ徒歩3分
■西東京支社 多摩モノレール 立川北駅 北口より徒歩5分
■横浜支社 各線 横浜駅より直結徒歩3分
■千葉支社 JR線 千葉駅 東口より徒歩1分
■さいたま支社 JR線 大宮駅 西口より徒歩5分
■宇都宮支社 JR宇都宮駅より徒歩7分
■北海道支社 JR線 札幌駅より徒歩3分
■東北支社 地下鉄南北線仙台駅南2番出口より徒歩6分
■静岡支社 JR線 静岡駅 南口より徒歩1分
■名古屋支社 JR各線、名古屋市営地下鉄東山線・桜通線 名古屋駅より直結
■京都支社 阪急京都線 烏丸駅 25番出口より徒歩1分
■大阪支社 阪急梅田駅より徒歩約3分
■神戸支社 阪急 三宮駅 東改札口より海側徒歩5分
■中四国支社(岡山オフィス)JR線 岡山駅 東口より徒歩3分
■中四国支社(広島オフィス)広島電鉄 八丁堀電停より徒歩1分
■福岡支社 地下鉄空港線 天神駅 1番出口より徒歩5分

迷ってしまったらこの2つを登録すれば間違いないです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次