短期離職に強い転職エージェント3選をタップして見る◁

ボーナスのもらい逃げは気にする必要なし!みんなもらい逃げしてます!

読者の悩み

  • 「ボーナスでもらい逃げと言われたらどうしよう…」

このような悩みにお答えします。

1分で読める記事となります。

転職しようかで悩んでいる方へ!
転職のプロに無料で相談しませんか?

\ 短期離職に強い!ランキング堂々の1位!/


第1位 第二新卒エージェントneo
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!

損しないために、絶対に一つは登録しておきたい満足度No.1の転職サービスです。

30秒の登録で無料で使えます。

  • 非公開求人の中には、ホワイト企業が多いので転職に失敗しにくい
  • 年収交渉ができるので給料UPで今よりも遊べる
  • 履歴書作成をサポートしてくれるので忙しくて時間がない人も質が高い応募書類に仕上がる。選考通過率がUP。
  • 希望者は、面接の練習ができるので本番緊張せずに挑める
第一位 第二新卒エージェントneo 第二位  就職shop 第三位 リクルートエージェント
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長20代限定でかなり専門的に特化 ・最短10日で内定獲得実績あり・全ての求人に書類選考がない ・未経験者向けホワイト求人多数・業界トップクラスの圧倒的な求人数 ・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる
目次

ボーナスのもらい逃げと言われても気にしない

ボーナスのもらい逃げと思われても気にしないことです。誰でもボーナス貰って辞めた後に「もらい逃げ」なんて言われたくないと思います。

しかし、仕事で半年分働いた成果(対価)がボーナスです。大袈裟に言えば、周りにどう思われようがあなたはもらう義務があります。

もらい逃げと思う人間の考え方は、羨ましいと思うからでしょう。いい上司やいい同僚なら、「次の転職先でもがんばってね」と言ってくれるはずです。

純粋に応援できない、職場の人達は、気にしないことが1番なのです。経験上、これから先の人生で99%連絡とらなくなりますし、疎遠になりますよ。

繰り返しになりますが、ボーナスのもらい逃げと言われても、罪悪感や後ろめたさは捨てて問題ありません!気にしないようにしましょう。

ボーナスのもらい逃げは悪いこと?【みんなの意見】

もらい逃げは悪くない

ボーナスのもらい逃げは、悪いことなのか?Yahoo知恵袋の意見を見てみましょう。

  • 全然問題無いと思う
  • ボーナスもらった後に辞めるが普通

①全然問題ないと思います。

ボーナスは支給日に在籍していて、所定の期間勤めていればもらえるものですし、そのあと辞めても何かペナルティがあるわけでもないし。

私が就職して間もない頃はバブル後期で、世の中は転職が盛んな時期でして、ボーナス支給直後に辞めた同期の人も結構いました。

その人たちが今どうしているのかは存じませんが。

引用元:Yahoo!知恵袋

②ボーナスもらったら辞めるが普通

賞与は半年間勤務した事実に対する報酬であるので、支給された後に退職しても別にいいと思います。

自分の世代では、ボーナス貰ったら辞める。というのが普通でしたけどね。

引用元:Yahoo!知恵袋

ここまで読んでくれた方へ!20代に強いおすすめの転職エージェントを無料で利用しませんか?

\2022年最新版!忖度なし/

ボーナスのもらい逃げと思われないための方法

賞与のもらい逃げと思われないための対策

ボーナスのもらい逃げと思われないための方法は以下の3つとなります。

  • 引き継ぎはしっかり行う
  • ボーナス支給後に退職する期間を空ける
  • ボーナスをあきらめる

引き継ぎはしっかり行う

ボーナスもらい逃げと思われないためにも、引き継ぎはしっかり行いましょう。最後まで、あなたの仕事を全うすることで会社とWIN-WINの関係になれます。

引き継ぎ業務をしっかり行うことで、印象を良く辞めることができます。「終わり良ければ全てよし」という四字熟語があるように最後まで仕事をやり遂げましょう。

ボーナス支給後に退職する期間を空ける

ボーナスもらい逃げと思われないための方法としてボーナス支給後に退職する期間をあけることです。

最低でもボーナス受け取り後から1ヶ月〜2ヶ月後に退職申し入れることをおすすめします。支給後に「辞める」とすぐに言わずに伝えることでもらい逃げだと思われなくなります。

ボーナスをあきらめる

ボーナスもらい逃げと思われない究極の方法としては、ボーナスをもらうのをあきらめるということです。ボーナスを受け取らないでやめれば、もらい逃げだとは思いません。

例えば、ボーナスの金額が少ない金額からあきらめてもいいのではないでしょうか。個人的には10万以上ならボーナス貰った方がいいと思います。

ボーナスのもらい逃げを成功させるための準備

もらい逃げの準備をしよう

ボーナスのもらい逃げを成功させるための準備を紹介します。3つありますのでぜひ参考にして下さい。

  • ボーナス(賞与)支給規定は確認
  • ボーナスを貰ってから退職の意思を伝える
  • 転職活動のスケジュール決めておく

ボーナス(賞与)支給規定は確認

ボーナス(賞与)をもらい逃げを成功させる準備として会社の支給規定は確認することです。賞与は会社ごとに規定が異なります。

ボーナスは就業規則や支給規定に支給の回数や時期、評価や計算の方法は会社側が自由に決めています。しっかり受け取りが可能か支給条件を確認することで、確実に受け取れるようにしましょう。

ボーナスを貰ってから退職の意思を伝える

ボーナスのもらい逃げでやるべきことは「ボーナス受け取り後に退職の意思を伝える」ことです。

ボーナスを貰わずに先に退職の意思を伝えると、減額されたり最悪もらえないこともあるからです。

ボーナス満額もらい逃げをするには、支給前に退職の意思は伝えないようにしましょう。

転職活動のスケジュールを決めとく

ボーナスもらい逃げを見事に成功させるためには、辞めてから転職活動までスケジュールを決めとくことです。賞与のもらい逃げは、ただ受け取って辞めれば「もらい逃げ」とは言い切れません。

次の進路に向けた行動しているかは肝心です。

  • 次に向けてもう転職活動をしている
  • 転職の準備(履歴書など)をしている
  • 資格の勉強を始めている etc…

次の環境(転職先)まで逆算してスケジュールを組むことです。いつまでに辞めていつから次の転職先で働くのかまで決めとけば、完璧でしょう。

ボーナス泥棒と言われても関係ない!

ボーナス泥棒と言われても関係なし!

最後にボーナス受け取ったあとに辞めても全く気にする必要ないですし、関係はありません。もらい逃げとグチグチ言われても、ボーナス泥棒と思われてもあなたの人生にはなにも影響がないことを覚えておきましょう。

ボーナスをもらったら転職の準備の一つとして、書類作成があります。一から履歴書や職務経歴書を作成するのは大変なので、エージェントの力を借りましょう。

書類作成のサポートに定評があるのは第二新卒エージェントneo 」です。20代専門に特化しているので、無料で登録して損はありません。

\ 短期離職に強い!ランキング堂々の1位!/


第1位 第二新卒エージェントneo
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!

第一位 第二新卒エージェントneo 第二位  就職shop 第三位 リクルートエージェント
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長・20代限定でかなり専門的に特化 ・最短10日で内定獲得実績あり・全ての求人に書類選考がない ・未経験者向けホワイト求人多数・業界トップクラスの圧倒的な求人数 ・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

人材業界4年。
「企業の採用コンサルタント業務」や「人事担当者」として採用に関わる職務を経験。
2回の転職であらゆる転職サイト&転職エージェントを活用した経験を発信します。

目次
閉じる