短期離職に強い転職エージェント3選をタップして見る◁

絶対に入らないほうがいい業界11選!転職はしないほうがいい業界の特徴と見極め方

読者の悩み

「ブラック業界には入りたくない。」
「転職はやめたほ方がいい業界職種を避けたい。」

このような疑問にお答えします。

3分で読めるこのページを読んでからまずは考えて下さい。

短期離職で悩んでいる方へ!
転職のプロに無料で相談しませんか?

\ 短期離職に強い!ランキング堂々の1位!/


第1位 第二新卒エージェントneo
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!

損しないために、絶対に一つは登録しておきたい満足度No.1の転職サービスです。

30秒の登録で無料で使えます。

  • 非公開求人の中には、ホワイト企業が多いので転職に失敗しにくい
  • 年収交渉ができるので給料UPで今よりも遊べる
  • 履歴書作成をサポートしてくれるので忙しくて時間がない人も質が高い応募書類に仕上がる。選考通過率がUP。
  • 希望者は、面接の練習ができるので本番緊張せずに挑める
第一位 第二新卒エージェントneo 第二位  就職shop 第三位 リクルートエージェント
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長20代限定でかなり専門的に特化 ・最短10日で内定獲得実績あり・全ての求人に書類選考がない ・未経験者向けホワイト求人多数・業界トップクラスの圧倒的な求人数 ・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる
目次

絶対に入らないほうがいい業界11選

絶対に入らないほうがいい業界

絶対に入らないほうがいい業界は以下の通りです。検討している業界がある人は注意してください。

  • 宿泊業界
  • 飲食業界
  • 金融業界
  • 運送業界
  • マスコミ広告業界
  • 介護業界
  • 自動車下請け
  • 教育業界
  • ブライダル業界
  • 投資用不動産業界
  • 人材業界

宿泊業界

ホテル・旅館などの宿泊業界へは絶対に入っていけません。理由は以下の3つです。

  • 給料が安い
  • 休み・時間が不規則
  • クレーム対応などストレスが多い

接客スキルや英語力は身につきます。しかしデメリットのほうが多いのが事実です。

総合的に見て宿泊業界への参入はやめたほうがいいでしょう。

飲食業界

飲食業界へは絶対に入らないほうがいいと言えます。理由は以下の3つです。

  • 給料が安い
  • 休みが少ない
  • 労働時間が長い

飲食業界は労働条件が良くありません。全ての企業ではありませんが、ブラック企業が多いのも特徴です。

飲食業界を希望する際には十分に気をつけてください。

金融業界

金融業界も絶対に入らないほうがいい業界の一つです。給料は高い傾向にありますが、その分デメリットがたくさんあります。

  • ノルマがある
  • 残業・休日出勤が多い
  • 仕事に対する古い考えがある

中にはパワハラが横行している企業もあり、注意が必要です。離職率も高い傾向があるので、給料が高いからといって安易に就職してはいけません。

運送業界

運送業界も絶対に入らないほうがいい業界です。理由は2つあります。

  • 人手不足
  • 勤務時間が長い

近年ではインターネットで買い物をする人が増えています。しかし、忙しさを補えるだけの人材を確保できていないのが現状です。

運送業界に入ってしまうと激務を強いられます。しかも荷物の積み下ろしなど、力仕事が多くて体力的にもしんどい業界です。

マスコミ広告業界

マスコミ広告業界も絶対に入ってはいけません。給料は高い傾向があるものの、労働環境が劣悪だからです。

  • 残業が多い
  • 夜勤がある
  • 休日が取れない

マスコミ広告業界に入るとプライベートを捨てることになります。マスコミ広告業界の仕事が本当に好きでないとおすすめできません。

家族や友人との時間を大切にしたい人は特に注意しましょう。

介護業界

介護業界は絶対に入らないほうがいい業界です。理由は以下の5つです。

  • 人手不足
  • 給料が低い
  • 責任が重い
  • 体力的にしんどい
  • ストレスを抱えやすい

高齢化社会により介護の需要は高まっていますが、人材確保が間に合っていません。仕事内容の割に低い給料が原因です。

「人を助けたい」というボランティア精神がない限り、介護業界はおすすめできません。

自動車下請け

自動車下請けも、今からは絶対に入らないほうがいい業界です。電気自動車の普及が理由に挙げられます。

電気自動車はガソリン車よりも部品が少ないです。電気自動車が普及するにつれ、自動車下請けの仕事はなくなっていきます。

国によっては2030年からガソリン車の販売ができません。将来性のなさからも、自動車下請けへの就職はやめましょう。

教育業界

学校の教師や塾講師など、教育業界も絶対に入らないほうがいい業界の一つです。理由は以下の2つです。

  • サービス残業が多い
  • 親からのプレッシャーが強い

教育業界は通常勤務外の雑務がたくさんあります。授業が終わってからレジュメを作ったりテストの採点をしたりしなければいけません。

加えて生徒の親から強いプレッシャーを受けます。メンタル的にもキツいのが教育業界です。

ブライダル業界

ブライダル業界も絶対に入ってはいけません。将来性のない衰退産業だからです。

  • 少子高齢化
  • 結婚する人の減少
  • 感染症による式の減少

需要がゼロになることはありません。しかし確実に需要が減っていきます。

ブライダル業界は一人当たりの人件費を削り、労働時間を長くする方向に向かいます。過酷な環境になることが予想されるブライダル業界への就職はおすすめできません。

投資用不動産業界

投資用不動産業界も絶対に入らないほうがいい業界です。理由は以下の3つです。

  • ノルマがある
  • 完全歩合制が多い
  • 高額商品を売る必要がある

投資用不動産業界は完全歩合制の給料で、さらにノルマがあります。いつも追われるような感覚になり、ストレスを抱えることが多いです。

商品は高額ですが、納得いかない場合でも売らなければいけません。投資用不動産業界に入ると精神的にキツい状況に追い込まれます。

人材業界

人材業界も絶対に入らないほうがいい業界の一つです。少子高齢化の影響で一人の人材に対する競争率が高くなっていくからです。

競争率が上がれば仕事は激務になっていきます。残業や休日出勤が増えることが予想される業界です。

将来性を考えれば、人材業界には入らないのが無難です。

絶対に入らないほうがいい業界の特徴とは

やめておいた方がいい業界の特徴とは

絶対に入らないほうがいいのには理由があります。以下6つの特徴があるからです。

  • 人手不足
  • 長期労働や不規則な休日になる
  • 収益性が低いビジネスモデル
  • 離職率が高い
  • 毎日同じ業務でキャリアアップが見込めない
  • 市場が縮小している

人手不足

絶対に入らないほうがいい業界は、人手不足に陥りやすい特徴があります。労働環境などに問題があるため、人がすぐに辞めるからです。

人手不足だと一人当たりの仕事量が増えます。休日が少なく、残業が多くなるのは仕方ありません。

人手不足の業界は、絶対に入らないほうがいい業界と言えます。

長期労働や不規則な休日になる

絶対に入らないほうがいい業界は、長期労働や不規則な休日になる場合が多いことも特徴です。理由は2つあります。

  • 人手不足で一人当たりの仕事量が多い
  • 人件費削減のためギリギリの人員しかいない

休みが安定しないためプライベートの時間を充実させられません。家族や友人との時間を楽しむことはできなくなります。

収益性が低いビジネスモデル

収益性が低いビジネスモデルは、絶対に入らないほうがいい業界の特徴です。頑張って労働しても少ない給料しかもらえません。

収益性が低い業界は以下の通りです。

  • 宿泊業界
  • 飲食業界
  • ブライダル業界

収益性が低い業界に入るとギリギリの生活が続きます。生活に余裕を持ちたいなら収益性の高い業界を目指しましょう。

離職率が高い

絶対に入らないほうがいい業界は離職率が高くなります。何か問題を感じて辞める人が多いからです。

業界の問題点は数字に現れます。労働環境の良い業界であれば離職率は低くなるはずです。

業界や企業を選ぶときは離職率を必ず確認しましょう。

毎日同じ業務でキャリアアップが見込めない

毎日同じ作業しかしない業界は絶対に入らないほうがいいです。いくら頑張ってもキャリアアップが見込めません。

給料が上がらないと生活水準もずっと同じです。それどころか、年齢を重ねて使うお金が増えるほど生活が圧迫していきます。

毎日同じ作業で給料を増やすには労働時間を増やすしかありません。長期的に見て最適なキャリア選択とは言えないでしょう。

市場が縮小している

市場が縮小している業界も絶対に入らないほうがいい業界の特徴です。現状に問題はなくても将来性がありません。

例えば、自動運転が普及すれば運転手の需要はなくなります。今、タクシー運転手やバスの運転手になっても職を失う可能性が高いです。

時代によって世間のニーズは変わっていきます。数年後、数十年後に業界がどうなっているか考えてみましょう。

絶対に入らないほうがいい業界の見極め方⑤Step

絶対に入らないほうがいい業界の見抜き方

絶対に入らないほうがいい業界を見極める方法を紹介します。以下5つのステップを踏み、確実に避けてください。

  • 転職エージェントに登録して相談する
  • 市場の将来性を聞いてみる
  • できるだけ多くの求人を見る
  • 採用人数と離職率を確認する
  • 現場で働いている人の声を聞く(職場見学)

Step①転職エージェントに登録して相談する

まずは転職エージェントで相談しましょう。転職エージェントに所属するアドバイザーはプロです。業界を詳しく知っています。

転職エージェントのメリットは相談できることだけではありません。以下の通り、転職のサポートを行ってくれます。

  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 面接対策
  • 日程調整
  • 給与交渉
  • 入社後のフォロー

転職エージェントへの登録は無料です。絶対に入らないほうがいい業界を見極めるためにも必ず登録しましょう。

\ 短期離職に強い!ランキング堂々の1位!/


第1位 第二新卒エージェントneo
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!

「未経験向け・求人の質・サポート力」という全人類のおすすめできる 第二新卒エージェントneo

20代限定でかなり専門的に特化しており、若者の就職、転職サービスで満足度は業界No.1です。

そこらへんのリクナビ、マイナビを使うなら、 第二新卒エージェントneo に無料登録しましょう。

30秒で登録できます。

Step②市場の将来性を聞いてみる

転職エージェントに登録したらアドバイザーに市場の将来性を聞いてください。アドバイザーはあらゆる市場を詳しく知っています。

アドバイザーが将来性の低い市場だと言えば避けるのが無難です。100%とは言えませんが、就職して後悔する可能性を減らせます。

Step③できるだけ多くの求人を見る

求人はできるだけたくさん見てください。一つの求人だけ見ても、応募するべき業界なのか正しい判断はできません。

求人をたくさん見ると業界の傾向が見えてきます。給料や労働時間など「絶対に入らないほうがいい業界の特徴」が求人票にないか確認しましょう。

Step④採用人数と離職率を確認する

求人を見るときは企業の採用人数と離職率を確認してください。採用人数と離職率から絶対に入らないほうがいい業界の特徴が見えてきます。

絶対に入らないほうがいい業界の特徴は以下の通りです。

  • 採用人数が多い
  • 離職率が高い

以下のようなケースは優良企業である可能性があります。

  • 採用人数が少ない
  • 離職率が低い

世の中にある情報の中で、数字はもっとも信頼性が高いです。採用人数と離職率から、絶対に入らないほうがいい業界なのか判断しましょう。

Step⑤現場で働いている人の声を聞く(職場見学)

最後に現場で働いている人の声を聞いてください。現場で働いている人は業界の裏側まで知っています。

職場見学で聞くのがもっともおすすめです。職場見学できない場合はインターネット上の口コミなどを探しましょう。

企業がいくら良い情報を並べていても信用はできません。現場で働いている人の姿が就職後のあなたの姿です。

20代・短期離職に強い転職エージェントランキングTOP3

  • 1位 第二新卒エージェントneo
  • 2位 就職Shop
  • 3位 リクルートエージェント
第一位 第二新卒エージェントneo 第二位  就職shop 第三位 リクルートエージェント
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長20代限定でかなり専門的に特化 ・最短10日で内定獲得実績あり・全ての求人に書類選考がない ・未経験者向けホワイト求人多数・業界トップクラスの圧倒的な求人数 ・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる

第1位 第二新卒エージェントneo

おすすめ 
第二新卒エージェントneo
公式:https://www.daini-agent.jp/

「20代フリーター」をはじめとした、第二新卒、既卒者向けの20代限定の転職エージェントサービスです。

20代限定でかなり専門的に特化しており、求人の質も高くレア求人が多かった印象です。

最短10日で内定獲得実績あり、若者層向けの就職・転職支援サービスを中心に展開しています。

求人数 12,000件ほど(公開求人170件)
非公開求人 12,000件ほど ※未経験求人約5,000件
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代
得意業種
営業・企画・事務・販売・飲食・WEB

おすすめな人

  • 20代で短期離職をした方
  • 新たな職種・業界に挑戦したい方
  • じっくりサポートを受けて就職・転職したい方

第2位 就職Shop

おすすめ 
就職shop
公式:https://www.ss-shop.jp/

全ての求人が書類選考がない案件を取り扱う、業界最大手リクルートが運営する20代向けの就職・転職支援をしている特化型エージェント。

短期離職をした経験を持つ、アルバイト・フリーター・契約社員の方や、第二新卒・既卒の方、卒業を控えた新卒の方など、正社員経験がない(もしくは短い)方が対象です。

求人数 10,000社以上※非公開求人含む
非公開求人 非公開
対応エリア 首都圏、関西圏
対応年代 20代
得意業種
営業・IT系・事務・通信・メーカー・商社

おすすめな人

  • 短期離職を経験している
  • 20代で初めて正社員になる方
  • フリーターでアルバイト経験しかない方
  • 未経験の職種にチャレンジしようか悩んでいる方
  • 次の転職はブラック企業を避けたい方
  • 書類選考はなしで面接できる企業を探している方

第3位 リクルートエージェント

おすすめ 
リクルートエージェント

公式:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数・転職支援実績で日本トップを誇る、業界最大手の転職エージェント

他と比較にならない「圧倒的な求人数」と「サービスの質」があり、内定までスムーズに導いてくれるおすすめの転職エージェントです。

求人数 30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人 10万件以上
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代 30代 40代 50代
得意業種
営業・事務・IT系・マーケティング

おすすめな人

  • より多くの求人を見て比較検討したい方
  • 業界、職種を決めかねており丁寧に提案してほしい方
  • 非公開求人を見てみたい方
  • 地方にお住まいの方
  • 20代、第二新卒の方

迷ってしまったらこの2つを登録すれば間違いないです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

人材業界4年。
「企業の採用コンサルタント業務」や「人事担当者」として採用に関わる職務を経験。
2回の転職であらゆる転職サイト&転職エージェントを活用した経験を発信します。

目次
閉じる