短期離職に強い転職エージェント3選をタップして見る◁

男だと事務は受からない!5つの理由で解説します。

男だと事務は受からない

読者の悩み

男の人だと事務職は受からない?

このような疑問にお答えします。

\事務職を検討している人へおすすめの転職エージェント/

質の高い優良求人が揃っています。


第一位

第二位

第三位
おすすめ
求人数 12,000件ほど(公開求人170件) 10,000社以上※非公開求人含む 30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人 12,000件ほど ※未経験求人約5,000件 非公開 10万件以上
対応エリア 東京、大阪、名古屋、福岡 首都圏、関西圏 全国、海外
対応年代20代20代 20代 30代 40代 50代
どんな人が
おすすめ
第二新卒、フリーター、ニート 第二新卒、フリーター、ニート第二新卒
書類選考 あり(難易度低い) 書類選考なし あり(難易度高め)
求人の質
エージェントの質
短期離職に強い
料金無料無料無料
特長 ・20代限定でかなり専門的に特化
・最短10日で内定獲得実績あり
・全ての求人に書類選考がない
・未経験者向けホワイト求人多数
・業界トップクラスの圧倒的な求人数
・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる 無料で登録してみる
目次

男だと事務は受からない可能性が高い!

男性が事務職を希望しても、受からない可能性が高いです。事務職は男性よりも女性の方が活躍しやすい仕事です。

ただし、男性だからといって事務職を諦める必要はありません。男性でも事務職で活躍している人はたくさんいます。

「なぜ男性が事務職に受からないのか」「事務職に受かるためには何をするべきなのか」を理解することが大切です。男性が事務職を希望する場合は、事前にしっかり準備を整えましょう。

男が事務に受からない5つの理由

男性が事務に受からない理由は以下の5つです。事務職を希望する場合は、必ず理解しておきましょう。

  • 周囲が女性が多い部署だから
  • お茶くみや電話応対は女性がいいから
  • 事務職=女性のイメージが定着しているから
  • 男性より女性特有のきめ細かさがある
  • 男で事務職を希望する理由が伝わらない

周囲が女性が多い部署だから

男性が事務に受からない理由の一つが、男性よりも女性の多い部署だからです。女性を中心とした部署に男性が配属されると馴染めません。

女性ばかりの職場に男性が一人配属されると、以下のような状況になります。

  • 男性に面倒な仕事が偏る
  • 女性特有の陰湿な雰囲気にストレスを感じる

会社側も、女性の多い部署には女性を配属させたいと考えています。会社・労働者の両方にデメリットのある状況を作らないためです。女性の多い事務職に男性が配属されるのは難しいと言えます。

お茶くみや電話応対は女性がいいから

お茶くみや電話応対を行うのは女性がいいと考えられています。男性だと威圧感を与えてしまうからです。

顧客や取引先に安心感を与えるため、会社側は女性を事務職に置きたいと考えています。男性が事務職としてお茶くみや電話応対を行うことに、不安を感じているのです。

事務職としてお茶くみや電話応対は避けられません。事務職は男性にとって不利な仕事と言えます。

事務職=女性のイメージが定着しているから

事務職には女性のイメージが定着しています。結婚や出産後にも働ける場として、女性に選ばれてきたからです。

古風な会社の場合、事務職を完全に女性で埋めているケースもあります。古い会社ほど、男性が事務職に受かるのは難しいです。

「男女平等」と言われていても「事務職=女性」という偏見がある人が多いのは事実。男性が事務職に受かりたいなら、柔軟な考えを持つ会社を選ぶ必要があります。

男性より女性特有のきめ細かさがある

男性が事務職に受からない理由の一つが、女性特有のきめ細かさを持っていない点です。男性よりも細かい仕事に向いている女性は、事務職に向いていると言えます。

女性は多くの仕事をこなすマルチタスクに向いていることが特徴です。一方で、男性は一つのことに集中するシングルタスクが向いています。

事務職は多岐にわたる仕事をこなさなければいけません。マルチタスクが得意な女性に事務職を任せる会社は多いです。

男で事務職を希望する理由が伝わらない

男性が事務職を希望しても、採用担当者に理由が伝わりません。男性が事務職を希望している時点で「楽をしたいのではないか?」と考えられるからです。

男性が事務職を受けるなら、採用担当者が納得するだけの理由を用意しましょう。事務職に対する熱意が伝わらないと、採用担当者は納得できません。

「楽をしたい」が本音だとしても、採用担当者がポジティブに捉えられる伝え方に変換してください。例えば「スキルを活かしたい」「ライフワークバランスを整えたい」などが考えられます。

男で事務職に受かる方法3step

男性でも事務職に受かりたいなら、以下の3つを実践してください。事務職に受かる可能性が上がります。

  • 事務職を受ける理由を明確にする
  • 転職エージェントに相談する
  • 業務の幅を広げて専門的スキルを取得

事務職を受ける理由を明確にする

まずは、事務職を受ける理由を明確にしましょう。理由が明確でないと採用担当者に熱意が伝わりません。

採用担当者に「楽をしたいだけ」と感じさせると、採用が不利になります。面接で聞かれたとき、スムーズに答えられる理由を準備してください。

もし事務職を受ける明確な理由がないなら、他の職種を検討してみることをおすすめします。理由が明確でないと、事務職に受かってもすぐに辞めてしまう可能性が高いです。

転職エージェントに相談する

男性で事務職を受ける場合は、転職エージェントに相談しましょう。転職エージェントは事務職に受かるためのサポートをしてくれます。

自分一人で事務職を受けても、十分な結果は残せません。転職のプロの力を借りれば、事務職に受かる可能性が上がります。

転職エージェントの利用は完全に無料です。事務職に受かる可能性を上げたい人は、必ず転職エージェントに登録してください。

業務の幅を広げて専門的スキルを取得

男性で事務職に受かりたいなら、業務の幅を広げて専門的スキルを取得しましょう。仕事の幅が広がれば、会社が採用するメリットを感じるからです。

事務職+αの仕事ができると、会社は役に立つ存在だと感じます。「事務職しかできない人」より「事務職以外にもマルチに働ける人」を選ぶのは当然です。

専門的スキルを取得して事務職を志望すると、採用担当者に「ただ楽をしたいだけではないな」と感じさせられます。事務職に対する熱意も伝えることが可能です。

本記事内で紹介した転職エージェント



第一位

第二位


第三位
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長・20代限定でかなり専門的に特化
・最短10日で内定獲得実績あり
・全ての求人に書類選考がない
・未経験者向けホワイト求人多数
・業界トップクラスの圧倒的な求人数
・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる