MENU
リンクについて

当サイトは、基本的にリンクフリーです。リンクを行う場合の許可や連絡はいりません。

相互リンクは、お気軽にご相談下さい。

ただし、インラインフレームの使用や画像の直リンクはご遠慮ください。

短期離職に強い転職エージェント3選をタップして見る◁

試用期間三ヶ月辞めることはできる?辞める時の3つの注意点も解説

読者の悩み

  • 『試用期間三ヶ月で辞めるのは迷惑?』
  • 『試用期間三ヶ月でクビになった。』

このような疑問にお答えします。

\短期離職におすすめの転職エージェント/

質の高い優良求人が揃っています。



第一位

第二位


第三位
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長・20代限定でかなり専門的に特化
・最短10日で内定獲得実績あり
・全ての求人に書類選考がない
・未経験者向けホワイト求人多数
・業界トップクラスの圧倒的な求人数
・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる
目次

試用期間三ヶ月前でも辞めることはできます。

試用期間中であっても、会社を辞めることは可能です。

就職すると多くの場合は試用期間を設けられます。期間は企業によってさまざまで、1か月の企業もあれば半年の企業もあります。一般的には3か月の企業が多いようです。

仮に3か月の試用期間で採用されたとしても、実際には正式に採用されている状態と変わりません。そのためきちんと退職の手続きを踏めば辞めることは可能です。

しかし多くの企業で退職を申し出る期間などルールが規定されています。

正式採用と変わらないため、定められたルールには従わなければいけません。試用期間だからといって即日で辞められるわけではありませんので、退職の意思を固めたら早めに申し出るようにしましょう。

試用期間とは

試用期間とは、端的に表現すると企業と新入と新入社員双方のお試し期間です。

企業側は採用試験を通して人員の経歴や人柄を見て、採用するかどうかを決定します。しかし求める能力を満たしているのかは、実際に業務に従事してみないことにはわかりません。採用した人員が求める能力を有しているのか見極めるために、企業側は試用期間を設けます。

新入社員からしても、試用期間は企業を見極めるお試し期間になります。採用前には憧れていた会社でも、働いてみたら想像と違ったということは珍しくありません。企業の雰囲気や働きやすさを知るには、実際に働いてみるのが一番です。

試用期間は法的な根拠がある制度ではないため、名目上試用期間とされていても雇用形態は正式採用とは変わりません。そのため試用期間だからといって、「求める人材と違った」という理由だけでは簡単に解雇はできません。新入社員も「想像と違った」というだけでは簡単に辞められるわけではありませんので、注意が必要です。

試用期間3か月で辞める人の口コミ

試用期間で3か月で辞める人の口コミを、SNSからまとめました。

やはり、試用期間で辞めていいのか迷う人が多いのがわかります。

『馴染んでない。』『行きたくない。』という切実なコメントが目立ちますね。

試用期間3か月で退職する際の注意点

試用期間3か月で会社を辞めることは可能ですが、頭に入れておくべき注意点もあります。

  • 複数回試用期間で退職していると転職が難しくなる
  • 貯蓄が少なくなる
  • 転職癖がつく

試用期間中の社員は企業にとっても戦力ではなく、退職をしてもそれほど痛手ではありません。そのため退職すること自体はそれほど難しくはないでしょう。だからといって、安易に辞めることは得策ではありません。

安易に退職をすると生活に影響したり、次の就職に悪影響を及ぼしかねません。

試用期間中の退職を考えるならば、注意点も頭に入れて検討することをおすすめします。

複数回試用期間で退職していると転職が難しくなる

試用期間中の退職が複数回に及ぶと、転職が難しくなる可能性があります。

入社して3か月で退職していると、「企業としてはまたすぐに辞めてしまうのではないか」と心配になるものです。そのため転職の面接で理由を聞かれることになるでしょう。

仮に面接で納得のいく理由を述べたとしても、それが複数回に渡ると忍耐力が足りないと判断される可能性があります。

採用基準は企業によって異なるため明確な基準はありませんが、試用期間中の退職回数は少ないに越したことはありません。

貯蓄が少なくなる

試用期間中に退職をする場合、十分な貯蓄を確保できず経済的に苦しくなる可能性があります。

多くの場合、試用期間中の給与は正社員よりも低いものです。また就業期間が短い分、受け取る給与の回数も合計も少なくなります。試用期間中は経済的に余裕がある状態とは言えません。

転職までにかかる時間は正確にはわかりません。すぐに転職先が見つかる場合もあれば、なかなか次が決まらないこともありえます。経済的に不安が残る状態での転職はリスキーです。

十分な蓄えが無い状態での転職は、よく検討してからするようにしましょう。

転職癖がつく

安易な転職は癖になってしまう可能性があります。

本来転職は気軽にできるものではなく、なかなか踏み切れないものです。

一度転職を経験することで転職に対する敷居が低くなり、転職を繰り返すようになる人も少なくありません。

転職をすることは決して悪いことではありませんが、転職に対する意識は重く持つべきです。

試用期間3か月で辞めるときの手順

試用期間で仕事を辞めるときは、手順が大切です。

  • なぜ辞めたい原因を振り返る
  • 次は失敗しないために転職エージェントを活用する
  • 直属の上司に退職を伝える

試用期間で仕事を辞める際には注意点がありますが、注意点に気を付けていても手順を間違えると転職が不利になる可能性があります。

逆に手順に気を付けて転職をおこなうことで、有利に転職を進めることが可能です。

手順のひとつひとつは難しいことではありませんが、間違えないようにしてください。

なぜ辞めたい原因を振り返る

まずはなぜ辞めたいのか、退職の理由を自分の中で整理しましょう。

退職にあたって、会社の上司に理由を伝える必要があります。理由に合わせて穏便な退職理由の伝え方を考えなければなりません。

また今の会社を辞めたい理由は、同時に次の会社に求める条件にもなります。

転職活動をおこなうにあたって応募企業を選ぶ基準になるため、自分の中でちゃんとした退職理由を整理しておくべきです。

次は失敗しないために転職エージェントを活用する

試用期間での転職を考えている人は、転職エージェントを利用することがおすすめです。

転職エージェントは転職者の希望条件に合った企業を探してくれます。転職先でも試用期間で退職するようなことにならないように、転職エージェントで転職をおこなうほうが安心です。

転職には転職先を探したりとなにかと時間がかかり、手間もかかります。そのため在職中の転職活動は制限されます。

転職エージェントを利用することでそうした手間も簡略化され、転職しやすくなることも利用がすすめられる理由のひとつです。

直属の上司に退職を伝える

転職の目処が立ったら、直属の上司に退職の意思を伝えましょう。

一般的には退職の意思を伝えてから辞めるまで、一定期間は就業し続けることになります。期間があるからといって、転職できる目処が立つ前に退職の意思を伝えることは得策ではありません。

転職先はすぐに決まるとは限りません。決まったとしても、転職先の都合で就業までに期間が開く可能性もあります。転職の目処がはっきりする前に退職の意思を伝えてしまうと、意図しない離職期間が発生してしまう可能性があるからです。

転職エージェントを利用するメリットは転職先への就業開始時期を調整するサービスがあることです。また現在の就業先への退職支援もおこなっています。スムーズに転職をおこなうためにも、退職に際しても転職エージェントの利用がおすすめです。

20代・短期離職に強い転職エージェントランキングTOP3



第一位

第二位


第三位
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長・20代限定でかなり専門的に特化
・最短10日で内定獲得実績あり
・全ての求人に書類選考がない
・未経験者向けホワイト求人多数
・業界トップクラスの圧倒的な求人数
・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる

第1位 第二新卒エージェントneo

おすすめ 
第二新卒エージェントneo
公式:https://www.daini-agent.jp/

「20代フリーター」をはじめとした、第二新卒、既卒者向けの20代限定の転職エージェントサービスです。

20代限定でかなり専門的に特化しており、求人の質も高くレア求人が多かった印象です。

最短10日で内定獲得実績あり、若者層向けの就職・転職支援サービスを中心に展開しています。

求人数 12,000件ほど(公開求人170件)
非公開求人 12,000件ほど ※未経験求人約5,000件
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代
得意業種
営業・企画・事務・販売・飲食・WEB

おすすめな人

  • 20代で短期離職をした方
  • 新たな職種・業界に挑戦したい方
  • じっくりサポートを受けて就職・転職したい方

第2位 就職Shop

おすすめ 
就職shop
公式:https://www.ss-shop.jp/

全ての求人が書類選考がない案件を取り扱う、業界最大手リクルートが運営する20代向けの就職・転職支援をしている特化型エージェント。

短期離職をした経験を持つ、アルバイト・フリーター・契約社員の方や、第二新卒・既卒の方、卒業を控えた新卒の方など、正社員経験がない(もしくは短い)方が対象です。

求人数 10,000社以上※非公開求人含む
非公開求人 非公開
対応エリア 首都圏、関西圏
対応年代 20代
得意業種
営業・IT系・事務・通信・メーカー・商社

おすすめな人

  • 短期離職を経験している
  • 20代で初めて正社員になる方
  • フリーターでアルバイト経験しかない方
  • 未経験の職種にチャレンジしようか悩んでいる方
  • 次の転職はブラック企業を避けたい方
  • 書類選考はなしで面接できる企業を探している方

第3位 リクルートエージェント

おすすめ 
リクルートエージェント

公式:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数・転職支援実績で日本トップを誇る、業界最大手の転職エージェント

他と比較にならない「圧倒的な求人数」と「サービスの質」があり、内定までスムーズに導いてくれるおすすめの転職エージェントです。

求人数 30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人 10万件以上
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代 30代 40代 50代
得意業種
営業・事務・IT系・マーケティング

おすすめな人

  • より多くの求人を見て比較検討したい方
  • 業界、職種を決めかねており丁寧に提案してほしい方
  • 非公開求人を見てみたい方
  • 地方にお住まいの方
  • 20代、第二新卒の方

迷ってしまったらこの2つを登録すれば間違いないです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる