短期離職に強い転職エージェント3選をタップして見る◁

ボーナス 前に退職はもったいない?ベストな辞めるタイミングとは

読者の悩み

  • ボーナスまで待てないから退職しようか迷ってる。
  • ボーナス待たずに退職する人っているの?

このような疑問にお答えします。

2分で読める記事となっています。

転職しようかで悩んでいる方へ!
転職のプロに無料で相談しませんか?

\ 短期離職に強い!ランキング堂々の1位!/


第1位 第二新卒エージェントneo
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!

損しないために、絶対に一つは登録しておきたい満足度No.1の転職サービスです。

30秒の登録で無料で使えます。

  • 非公開求人の中には、ホワイト企業が多いので転職に失敗しにくい
  • 年収交渉ができるので給料UPで今よりも遊べる
  • 履歴書作成をサポートしてくれるので忙しくて時間がない人も質が高い応募書類に仕上がる。選考通過率がUP。
  • 希望者は、面接の練習ができるので本番緊張せずに挑める
第一位 第二新卒エージェントneo 第二位  就職shop 第三位 リクルートエージェント
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長20代限定でかなり専門的に特化 ・最短10日で内定獲得実績あり・全ての求人に書類選考がない ・未経験者向けホワイト求人多数・業界トップクラスの圧倒的な求人数 ・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる
目次

ボーナス前に退職はもったいない?

もったいない!

ボーナス日より前の退職はおすすめできません。ボーナスの支給対象期間にしっかり勤務していても、支給されない可能性が高いからです。

退職日がたった数日違っただけで、ボーナス分の収入が水の泡。場合によっては、数ヶ月分の給料分を捨てることになります。

いち早く退職したいと考えていても、ボーナス日まで我慢するのがおすすめです。ボーナス分の収入は、今後の生活に大きな足しとなります。

ボーナス前に退職したら受け取れない?

ボーナス前に退職したらもらえないのか

ボーナス日より前に退職すると受け取れない可能性が高いです。しかし、会社の規定によって変わります。

会社にボーナスの支給義務はない

会社が社員に対してボーナスを支給する義務はありません。法律にはボーナスに関する記載がないからです。

ボーナスを支給するかは会社次第です。ボーナスが支払われなくても、法的に訴えることはできません。

就業規則等の規定による

多くの場合、ボーナスの支給に関しては、就業規則や賃金規定で決められています。就業規則や賃金規定の記載に従わなければいけません。

ボーナス支給日前後に退職を検討しているなら、在籍している会社の就業規則を確認しましょう。就業規則や賃金規定に記載されているルールが全てです。

ここまで読んでくれた方へ!20代に強いおすすめの転職エージェントを無料で利用しませんか?

\2022年最新版!忖度なし/

ボーナス支給前に退職するのがもったいない理由

もったいないと思う理由

ボーナスが支給される前に退職届けを提出するのはもったいないです。理由は3つあります。

  • 会社に在籍していればもらえる
  • 減額される可能性がある
  • 支給されない可能性がある

ボーナスは支給日に在籍していればもらえるもの

多くの場合、支給日に会社へ在籍していればボーナスをもらえます。会社の規定で決められている場合が多いからです。

退職して在籍していない状況になると、ボーナス評価期間に勤務していても支給されません。後払いの給料を受け取らないようなものです。

退職したくても、ボーナス支給日まで在籍し続けることをおすすめします。ボーナス分の収入を受け取らないのはもったいないです。

退職の意思を見せればボーナスが減額されることもある

退職の意思を会社に示すと、ボーナスが減額される可能性があります。ボーナスの支給額は、会社の裁量に委ねられるからです。

ボーナスの支給額が低くても「評価が低かったから」と言われればそれまでです。判例によると、退職予定者のボーナスの減額は20%までとされています。しかし、そもそもの満額がわからなければ意味がありません。

確実にボーナスを満額受け取りたいなら、ボーナスの支給前に退職の意思を示すのはやめましょう。もらえるはずの金額をもらえなくなるのはもったいないことです。

退職届が受理されているなら支給されないこともある

ボーナス支給前に退職届が受理されているともらえない場合があります。会社の規定で「退職予定者には支給しない」と記載されている場合です。

退職届を提出する前に、ボーナスに関するルールを確認しましょう。多くの場合は、就業規則や賃金規定に記載されています。

会社の規定で定められていれば文句は言えません。規定を確認しなかったこちら側の問題です。

支給されるはずのボーナスをもらえないのはもったいないため、必ず規定を確認してください。

ボーナスを満額もらうにはいつ退職届を出すのがベスト?

ボーナスを満額受け取る時期

ボーナスを満額もらうためには、支給日以降に退職届を提出するのがおすすめです。支給日以降であれば、会社がボーナスの返還を求めることはできません。

ボーナスを支給してすぐに退職届を出すと、周りから嫌な目で見られることがあります。気にすることはありませんが、耐えられないなら少し期間を明けてから退職届を提出しましょう。

ボーナス支給前に退職する意思を示すのもいけません。少しでも不穏な動きを見せると、ボーナスを減額される可能性があります。退職したい気持ちがあっても、何食わぬ顔で勤務を続けてください。

ボーナス支給後に退職に関する手続きを行って、満額受け取りましょう。

最後まで読んでくれた方へおすすめの転職エージェントを紹介

良い応募が見つからないならレアな求人が多かった「 第二新卒エージェントneoが個人的におすすめです。

20代限定でかなり専門的に特化しており、若者の就職、転職サービスで満足度は業界No.1です。

「未経験向け・求人の質・サポート力」という全人類のおすすめできる第二新卒エージェントneoは、サポートがかなり手厚いです。

そこらへんのリクナビ、マイナビを使うなら、 第二新卒エージェントneo に無料登録しましょう。

30秒で登録できます。

\ 短期離職に強い!ランキング堂々の1位!/


第1位 第二新卒エージェントneo
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!

第一位 第二新卒エージェントneo 第二位  就職shop 第三位 リクルートエージェント
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長・20代限定でかなり専門的に特化 ・最短10日で内定獲得実績あり・全ての求人に書類選考がない ・未経験者向けホワイト求人多数・業界トップクラスの圧倒的な求人数 ・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

人材業界4年。
「企業の採用コンサルタント業務」や「人事担当者」として採用に関わる職務を経験。
2回の転職であらゆる転職サイト&転職エージェントを活用した経験を発信します。

目次
閉じる