短期離職に強い転職エージェント3選をタップして見る◁

【最強】短期離職でも転職成功した自己分析の方法!

読者の悩み

  • 「転職で自己分析のやり方が知りたい」
  • 「自分の強み弱みが知りたい」

このような悩みにお応えします。

短期離職で悩んでいる方へ!
転職のプロに無料で相談しませんか?

\ 短期離職に強い!ランキング堂々の1位!/


第1位 第二新卒エージェントneo
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!

損しないために、絶対に一つは登録しておきたい満足度No.1の転職サービスです。

30秒の登録で無料で使えます。

  • 非公開求人の中には、ホワイト企業が多いので転職に失敗しにくい
  • 年収交渉ができるので給料UPで今よりも遊べる
  • 履歴書作成をサポートしてくれるので忙しくて時間がない人も質が高い応募書類に仕上がる。選考通過率がUP。
  • 希望者は、面接の練習ができるので本番緊張せずに挑める
第一位 第二新卒エージェントneo 第二位  就職shop 第三位 リクルートエージェント
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長20代限定でかなり専門的に特化 ・最短10日で内定獲得実績あり・全ての求人に書類選考がない ・未経験者向けホワイト求人多数・業界トップクラスの圧倒的な求人数 ・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる

なぜ転職するときに自己分析が必要なのか?

どうして自己分析が必要か?

転職するときに自己分析か必要な理由は3つあります。

  • 自分だけのアピールポイントを探すため
  • 自分に合う転職先に出会うため
  • 本当に転職するべきか判断するため

自分だけのアピールポイントを探すため

自己分析が必要な一つ目の理由は、あなた独自のアピールポイントを見つけるためです。

というのも、内定を勝ち取るためにも「自分が会社に貢献できそうな人材であるか」がアピールが重要です。

仕事へのやる気や熱意、人柄も見られますが、入社してから活かせる経験やスキルがあるのかも見られています。

そのためにも、自分のストロングポイントを見つける自己分析は大切なのです。

自分に合う転職先に出会うため

自分にあう転職先を見つけるために自己分析は必要です。

というのも、自己分析をすることで、これまで、候補に入っていなかった業界、職種が自分に向いているかも知れないと気づくケースがあるからです。

転職してから数ヶ月後に「自分に合わなかった。」「長く続けられない……。」と短期離職を繰り返さないためにも、事前にしっかり見極めることをおすすめします。

転職活動していく中で、あなたの行きたい業界、興味のある職種を探す人が多いと思います。しかし、それが本当にあなたにとって向いている仕事だとは限りません。

実際には、もっとあなたにぴったりな業界、業種で活躍できる仕事があるかも知れないですよ。

したがって、自分に合う転職先を見つけるためには自己分析は欠かせないのです。

本当に転職するべきか判断するため

自己分析を通じて本当に転職するべきか、考えましょう。

というのも、転職というのは人生で大きな決断の一つだからです。転職することでまたイチからキャリアを作ることになり、短期離職した職歴は変えることはできないのです。

今、あなたは「上司と意見が合わない」「別の仕事をしてみたい」「転職してもっとスキルを身に付けたい」など色々な理由で辞めようか考えていると思います。

しかし、辞める前にも一度立ち止まって考えてみて下さい。それは、今の会社で実現することができないのか。

転職すれば、その会社には戻れません。その事を理解した上で自己分析をしっかりする必要があります。

自己分析を行い、転職するべきか考えてみましょう。

自己分析のやり方

自己分析のやり方

短期離職した人のおすすめの自己分析の方法を紹介します。
自己分析はこれといった正解はないので自分に合ったやり方でおこなうのがいいでしょう。

一般的な自己分析のやり方は、【一問一答の自己分析】。
転職、再就職に関するいくつかの質問事項を用意して、あなた自身が答えていくというやり方です。

要するに、質問対して、自分の考えをまとめる方法です。こちらが簡単でわかりやすいでしょう。紙に書き出してみるか、スマホのメモ帳に打ち込めます。

早速、紙とペンを持って挑戦してみてください。
以下の洗い出し内容をコピーしてまとめてみましょう。

  1. なぜ転職したいのか
  2. プライベートでの興味・関心
  3. 働くモチベーションや仕事に対する目標
  4. 長所や短所について
  5. あなたの職務経歴
  6. あなたの強み弱み
  7. 仕事で大事にしていること(仕事観)
  8. 人生で大切にしたいこと(人生観)
  9. 仕事のスキル
  10. 職場での経験
  11. 仕事での実績

なぜ転職したいのか

なぜ転職したいのか
  • なぜ今の仕事を辞めるのか?
  • 今の職場の不満をなくせばを続けられないか。
  • 転職すれば何が手に入るか求めるものはなにか。

→★なぜを繰り返し掘り下げよう

なぜ転職したいのか?

⇒答えが「もっと休みを増やしたいから」なら…

・どのくらい休みがあればいいか。土日祝休み?

・なぜ休みを増やしたいのか?

・いつまでにどれくらい休日があるのが理想か

どんな仕事をしたいのか?

⇒答えが「建材商社の営業」なら…

・なぜ商社の営業になりたいのか?

・他業界の営業には興味がないか?

・別の業界、業種には興味がないか?

転職を成功させるには、転職したい理由を明らかにすることが重要です。まずは転職をしようと思ったきっかけについて振り返るようにすること。

このときに、今の会社への不満やネガティブな理由だったとしても、「こうなりたいから」などポジティブな視点に目を向けるようにしましょう。

退職理由と転職理由は違う

退職理由 前職を辞めた理由(ネガティブ)
転職理由 なぜ転職を希望するのか未来のことを意味すると私は思います。(ポジティブ)

自分が叶えたいことなどキャリアをはっきりさせて、それを叶えるために、どんな仕事が適職なのか?

どんな企業に入社したら叶えられるか考えましょう。そうすることで、自分の転職の軸が見えてきます。

一般的には何か嫌なことがあったときに、辞めることを考えますが、その場の気分で転職すると後々やっぱり転職しない方が良かったと思うケースは意外と多いのです。

きっかけは、「職場で辛いことがあった」「毎日同じような作業でつまらない」などの理由に勢いのまま決断すればまた同じことの繰り返すことでしょう。ただ、例外として身体を壊したりする場合は、すぐに辞めたほういいです。

もうすでに短期間で転職をしているのなら、振り返ってみて下さい。

今の会社を辞めたいから転職してたか、こうなっていたいなど軸を決めて転職をしていたか捉え方が全然違ってきます。

自己分析で叶えたい希望を明確にしていきましょう。

プライベートでの興味・関心

好きなことや趣味は? カメラ、スポーツ観戦、映画鑑賞、音楽、アイドル、ゲーム、カラオケなど
どんなことに詳しい?特技は?アーティスト、早起き、動画制作、登山など
資格やスキル面?英語、PCスキル、手話、簿記、大型自動車免許…など
人生でどんな経験、体験をした?学会で大勢の前でスピーチを行った。 1週間海外旅行をした。ボランティアに参加したなど

自己分析でプライベートについてもしっかりまとめておくと面接の時でも受け答えがスムーズです。

とはいえ、「自分のことだから、1番知ってるし、なぜまとめる?」と思ったかも知れませんが、実はかなり重要です。

人事担当者は、仕事から離れたあなたの「人間性」の部分も気にしています。全く関係が無いように思うかも知れませんが、プライベートの自分についても振り返ってまとめておくことは大切なのです。

働くモチベーションや仕事に対する目標

働くモチベーション
  • 仕事中どんな時にやる気になるのか、ワクワクするか?(モチベーション)
  • めんどくさい、つまらなくなる時はどんなとき?(モチベーション)
  • 将来どのような人になりたいか?(仕事の目標)

→自分の考えに対してなぜそう感じるのか?掘り下げる

例えば、モチベーションが保てないのは「仕事に魅力に感じない」からか、または「仕事内容に対する給与が低い」からなのか、もしくは「職場の人間関係」かもしれないです。

モチベーションが上がる要因はなにか、モチベーションが下がる要因はなんなのか考えてみると自分が重要視していることがわかります。

長所や短所

長所と短所
  • 仕事の中でうまくできていること(長所)
  • 人生の中での成功した経験は?(長所)
  • 仕事でどんなことを褒められる?(長所)
  • 仕事の中でうまくできないと思うところ(短所)
  • 仕事や人生の中での失敗談(短所)
  • 人から注意された経験はあるか(短所)

→自分の長所、短所に対してなぜでそう思うのか。エピソードがあるか掘り下げていく。

長所は、あなたが他人よりも優れているところと考えることを指します。逆に短所は、他人よりも劣ってたり、苦手だと感じるところです。どちらかといえば、人間性や性格的な視点で考えるといいでしょう。

例えば、長所で言うなら

  •  「一つのことに集中してひとつの作業に取り組める」
  • 「体が丈夫で風邪を引かない」等です。

あなたの職務経歴

職務経歴
  • これまで経験職種
  • どんな会社の規模で働いていた?
  • それぞれ職歴のポジション
  • 仕事で任されていた業務は?
  • 自分の中で会社に貢献したエピソード
  • 仕事で頑張ってきたこと
  • 仕事のどんな部分にやりがいや喜びを感じるか?
  • 仕事での成功体験・失敗体験は?

→成功体験を積むためにどんな努力をしたのか、失敗体験を経てどんな風に克服したのかなど。

他にも、「店舗勤務から本社に異動し、新しい仕事をこなせるようになった」「新入社員に業務を教えた」「重要顧客の担当を任された」など、大きなことでも小さなことでも構いません。

その仕事に挑戦するにあたり、具体的にどんなことを考え、どんな努力をしたのか書き出します。今までの社会人経験を振り返ってキャリアの棚卸しをしましょう。

キャリアの棚卸しとは...今まで携わってきたすべての仕事を洗い出して、整理すること。

キャリアを全て書き出したものを土台に、応募書類を完成させていきます。

そのため、過去の職歴はより詳細に書き出してみましょう。過去に仕事で経験してきたことが、他の職場でも活かせる可能性があります。

ここでは、全ての質問事項をにたいして思い当たる考えを書き出してみることです。新しい気付きが見つかるかも知れませんよ!

あなたの強み弱み

強み×弱み
  • 過去に仕事で評価されたことはないか?(強み)
  • 自分の強みをひとこと表すと?(強み)
  • 仕事でどんな場面に苦手だと感じるか?(弱み)

→自分の考えに対してなぜそう感じるのか?掘り下げていく。それを象徴する具体的なエピソードは?

ここで言うあなたの強みとは、【長所】の中で、会社にとっての活躍できるメリットのことを指します。先程の長所とかぶるのではないかと思ったかもしれませんが、あなたの【長所】からあなたの選ぶ仕事にあわせて何が会社にとって貢献、活躍できるのか考えるといいでしょう。

この分野では面接のときや、職務経歴書類、履歴書の自己PRの部分に活かすことができます。

仕事で大事にしていること(仕事観)

仕事観
  • 仕事での得られる対価では何が魅力に思うか(お金、経験、スキル、楽しさ面白さ、知識、出会いなど)
  • 仕事でやりがいや達成感を感じるのはどんなとき?
  • 職場でのロールモデルはいたか、どんなところに憧れていた?
  • 自分が理想とするキャリアに辿り着くためにどんなスキルが必要か?

→なぜそう思うのか掘り下げる

仕事に対して何を大事にしているかが分かっていないと、勢いで転職をして失敗することになります。

転職する軸があれば、周りの声に流されて仕事を決めることもなくなります。

逆に言えば、自分が仕事に大事にしていること価値観がわからないと、日々の仕事にやりがいを見つけられず、ちょっとしたことで、辞めたくなります。

不安定な働き方を短期離職を繰り返してしまいます。したがって、自己分析であなたの仕事観を探し出しましょう。

仕事においての価値観は人それぞれです。あなたにとって譲れないもの(軸を)ハッキリさせることで優先すべき事を決められるようになります。

人生で大切にしたいこと(人生観)

人生で大切にしたいこと
  • 仕事以外で頑張ってきたことや取り組んできたことは?(ボランティア活動、続けている趣味など)
  • どんな働き方が理想?(趣味の時間も確保したいなど)
  • 3年後・5年後・10年後、どんな自分になっていたい?
  • 楽しいと思ったことや好きなことは?

人生観とは、人生に対する見方です。人生に置いての目標や大切にしたいことを指します。

生きていく中で人生の一部に仕事があります。あなたの大切にしたいことから価値観を見つけていくことが大事です。

例えば、ワークライフバランスを大切にしたいと考えているなら「趣味の時間を確保したい」というような視点も考えられます。どんな時が、楽しいときか、喜びを感じるかを意識することで理想とする転職につなげることができます。

自己分析は、嘘つかずに本当の自分を出していきましょう。自己分析は他人に見せるものではありません。そのため、背伸びして書く必要もないですし、ちょっと良く見せる必要もないのです。ありのままの自分を分析するのがポイントです!

仕事のスキル

仕事のスキル
  • 業界知識や他でも通用スキルはあるか。(得意なこと、意識していること)
  • 仕事のために勉強したことは?(本やセミナーなど)
  • 仕事の中で取得したスキルや資格

あなたの持っているスキルを最大限活かして転職にのぞみましょう。

今までの経歴の中で、どんなことを学んできましたか。過去の仕事の中で、意外な業務の経験から他と差がつくスキルを持っているかも知れませんよ。

今だけでなく、昔にやっていた仕事まで振り返って活かせるスキルを見つけ出しましょう。

職場での経験

職場経験
  • どんな人と連携して仕事をしてきた?
  • リーダーや店長など役職についたの経験はある?
  • 社外の人との交流やイベントはあった?
  • 仕事のプロジェクト経験(内容は)
  • 仕事で充実感を感じたことや苦労したこと

過去の仕事からあなたの経験値を洗い出してみましょう。意外な経験が採用する側の企業にとって魅力的な場合もあります。

仕事でアピールできそうな経験が思いつかないなら、むずかしく感がないで勉強になった経験や体験を考えてみるのもいいでしょう。

ポイントは「仕事の中でどのように経験したか」も見られています。

ただ、単に「Excelをは使って仕事をしてた」という説明ではなく、「Excelを活用して毎月の売上データをまとめていた傾向を分析した」という説明では、面接官が受ける印象はちがいます。評価される伝え方も意識して書き出してみましょう。

仕事での実績

仕事の実績
  • 仕事の中でどんな成果がある
  • アピールや自慢できる実績は?(営業成績など)
  • 周りの人に高く評価された実績(表彰など)
  • あなたの提案した企画や、仕事の中での発言で会社の制度や仕組みが変わったことは?

小さな実績でも、企業にとってプラスの印象を持ってもらいやすいです。

また、あなたが自信が持てる自己分析になるので、しっかりと遡って書いてみることをおすすめします。

書き出さないと見えなかったあなたの得意なところが見えてくるかも知れませんね。

ただし、短期間での転職のケースだと、職歴が浅く、実績がないという人もなかにはいるでしょう。そういった場合は無理矢理、書き出す必要はありません。これから実績を作れるようにしましょう。

経験が少ない場合の自己分析の方法

経験が少ない場合の自己分析の方法

あなたの職歴の経験が浅いと絞り出すのに苦労する質問もあると思います。

その場合は、あなたの人間性の部分からいいところを表現するのも一つです。

あなたの「得意分野の知識」「特徴」「仕事で意識していること」などでも構いません。あらゆる視点から思い出してみましょう。

より冷静になってみて自分の考えをまとめてみて下さい。

そして、これまでの【一問一答自己分析】で答えた全体像から、特に「〇〇に自信を持っている。」「自分がアピールしたい軸は〇〇。」を絞っていきましょう。あれこれアピールすると印象が残りませんので注意。

自己分析をする際の注意点

自己分析をする際の注意点

自己分析をする際に気を付けたい注意点を紹介します。

  • 自己分析を目的としない
  • 短所や弱みをネガティブに伝えない
  • 自己分析は1度で終わらせない
  • 社会人時代をベースに自己分析する
  • 企業の求める人物像に合わせようとする

自己分析を目的としない

自己分析を目的としないようにしましょう。

というのは、過去をさかのぼるのが一生懸命になり本来の目的が見失う恐れがあるからです。

自己分析の目的は、自分自身のアピールポイントを明確にし、自分に合う企業を見つけることです。

短所や弱みをネガティブに受け止めない

自己分析では、短所や弱みをマイナスに捉えないようにすることです。

というのも、短所も考え方を変えれば長所になります。

短所を長所に言い換えることを意識してみることで、抜群に印象もよくなりますよ!

例えば

流されやすい
→仕事では、チームワークを意識して孤立しない協調性がある

自己主張が強い
→会議の場でも、自分の意見を言える積極性がある。

ダメ→コミュニケーション能力がある
OK→どんな人でも、すぐに仲良くなれる。

「〇〇があります!」という平凡な言葉は、なるべく避けて、自分の言葉に変換してみましょう。

自己分析は1度で終わらせない

自己分析は1度で終わらせないようにしましょう。

というのは、1度ではすべて終わないからです。自己分析の期間は、1日〜2日で数時間。なかなか時間が取れない人なら1週間程度はかかると思って下さい。

転職活動中にでも、自己分析の見直しが必要なケースもあります。

転職活動が長引けば長引くほど自己分析するものだと思っておきましょう。

社会人時代をメインで自己分析する

中途の転職は、社会人だったときの時期をベースに自己分析しましょう。学生時代より正社員時代です!

というのも、企業側からあなたが働いているイメージが想像できないと内定を出せないからです。

どこまでさかのぼって人生を振り返ったほうがいいのか気になると思いますが、幼少期や学生時代までは自己分析する必要はないです。

採用する企業も、働いていた経験談が聞きたいのです。社会人のときの仕事ぶりや身に付けたスキルなどアピールできることを意識しましょう。

面接のときに学生時代の話は、企業も求めていません。

ただ、短期離職をしていると社会人経験が少ないこともあります。その場合は、大学生時代も織り交ぜながらあなたの強みをアピールするといいでしょう。

企業の求める人物像に合わせようとする

失敗しがちなのが、採用されたいが為に企業の求める人物像に合わせようとすることです。

というのは、企業の求める人材に自分を合わせてしまうと、本来の自分を見失ってしまうからです。

例えば、求人募集要項の記載に求める人材像が「挑戦意欲が高い人」とだとしましょう。

過去を振り返って何かに挑戦した経験を探してもなかったとき、話を作ってしまうと面接などでボロがでます。話を盛ってしまうのも同様です。

面接で「なぜ挑戦心がある?」どうして新しい分野に挑戦しようとしたか?」「挑戦するにあたりどのように工夫して取り組んだ?」など、深掘りされてボロが出てしまった、なんてことのないように気を付けましょう。

また、たいしたチャレンジをしていないのに、強引にアピールして失敗することもあります。

自分を過大評価したり、能力が高いと大きく見せようとするのは、逆にマイナスになります。

あなた自身を正直に伝えて、企業が求める人物像になるために、どう近づけられるか分析しましょう。現時点で遠い人物像なら努力することアピールするのが大切です。

元転職経験者が語る!自己分析をするなら転職エージェントを使うべし!

自己分析に強い転職エージェントとは?

転職エージェントと自己分析をすることで、劇的に自分にマッチした企業を知れるのでおすすめです。

経験してみてわかったのが、自分でやるより2人でやったほうが格段に早いですよ。

自己分析の結果を元にあなたにぴったりな求人を紹介してくれます。

転職のプロは、過去の転職事例や業界にくわしいです。

今まで気付かなかった新しい分野の職種を教えてくれるので使って損はないはず!

自己分析で最高の転職を実現させるためのおすすめ転職エージェントはこちらです。

20代・短期離職に強い転職エージェントランキングTOP3



第一位

第二位


第三位
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長・20代限定でかなり専門的に特化
・最短10日で内定獲得実績あり
・全ての求人に書類選考がない
・未経験者向けホワイト求人多数
・業界トップクラスの圧倒的な求人数
・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる

短期離職した方におすすめTOP3

  • 1位 第二新卒エージェントneo
  • 2位 就職Shop
  • 3位 リクルートエージェント

第1位 第二新卒エージェントneo

おすすめ 
第二新卒エージェントneo
公式:https://www.daini-agent.jp/

「20代フリーター」をはじめとした、第二新卒、既卒者向けの20代限定の転職エージェントサービスです。

20代限定でかなり専門的に特化しており、求人の質も高くレア求人が多かった印象です。

最短10日で内定獲得実績あり、若者層向けの就職・転職支援サービスを中心に展開しています。

求人数 12,000件ほど(公開求人170件)
非公開求人 12,000件ほど ※未経験求人約5,000件
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代
得意業種
営業・企画・事務・販売・飲食・WEB

おすすめな人

  • 20代で短期離職をした方
  • 新たな職種・業界に挑戦したい方
  • じっくりサポートを受けて就職・転職したい方

第2位 就職Shop

おすすめ 
就職shop
公式:https://www.ss-shop.jp/

全ての求人が書類選考がない案件を取り扱う、業界最大手リクルートが運営する20代向けの就職・転職支援をしている特化型エージェント。

短期離職をした経験を持つ、アルバイト・フリーター・契約社員の方や、第二新卒・既卒の方、卒業を控えた新卒の方など、正社員経験がない(もしくは短い)方が対象です。

求人数 10,000社以上※非公開求人含む
非公開求人 非公開
対応エリア 首都圏、関西圏
対応年代 20代
得意業種
営業・IT系・事務・通信・メーカー・商社

おすすめな人

  • 短期離職を経験している
  • 20代で初めて正社員になる方
  • フリーターでアルバイト経験しかない方
  • 未経験の職種にチャレンジしようか悩んでいる方
  • 次の転職はブラック企業を避けたい方
  • 書類選考はなしで面接できる企業を探している方

第3位 リクルートエージェント

おすすめ 
リクルートエージェント

公式:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数・転職支援実績で日本トップを誇る、業界最大手の転職エージェント

他と比較にならない「圧倒的な求人数」と「サービスの質」があり、内定までスムーズに導いてくれるおすすめの転職エージェントです。

求人数 30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人 10万件以上
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代 30代 40代 50代
得意業種
営業・事務・IT系・マーケティング

おすすめな人

  • より多くの求人を見て比較検討したい方
  • 業界、職種を決めかねており丁寧に提案してほしい方
  • 非公開求人を見てみたい方
  • 地方にお住まいの方
  • 20代、第二新卒の方

迷ってしまったらこの2つを登録すれば間違いないです。

まとめ 短期離職でも成功する自己分析

短期離職でも成功する自己分析

まずは、悩む前に行動に移しましょう。

できあがった全体像を把握できれば、自分に向いている仕事や好きな業界がみえてくるはずです。将来の目標を持って、取り組んでみてください。

大事なことは一度で終わらせずに繰り返し結果を読み返してみることです。

自己分析をしっかり時間をかけることで、あなたにピッタリな企業を選ぶことができます。