短期離職に強い転職エージェント3選をタップして見る◁

企業研究のやり方!転職で失敗しないための5ステップ

読者の悩み

  • 「企業研究ってどうやるの?」
  • 「業界研究って必要?何から始めればいい?」

このような疑問に答えます。

今回は短期離職した人のための「企業研究・業界研究のやり方」を5ステップでご紹介します。

3分で読めるこの記事を読んでからまずは考えて下さい。

2回の短期離職した私が断言します。このページを読めば、失敗しない企業研究の方法がわかります。

短期離職で悩んでいる方へ!
転職のプロに無料で相談しませんか?

\ 短期離職に強い!ランキング堂々の1位!/


第1位 第二新卒エージェントneo
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!

損しないために、絶対に一つは登録しておきたい満足度No.1の転職サービスです。

30秒の登録で無料で使えます。

  • 非公開求人の中には、ホワイト企業が多いので転職に失敗しにくい
  • 年収交渉ができるので給料UPで今よりも遊べる
  • 履歴書作成をサポートしてくれるので忙しくて時間がない人も質が高い応募書類に仕上がる。選考通過率がUP。
  • 希望者は、面接の練習ができるので本番緊張せずに挑める
第一位 第二新卒エージェントneo 第二位  就職shop 第三位 リクルートエージェント
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長20代限定でかなり専門的に特化 ・最短10日で内定獲得実績あり・全ての求人に書類選考がない ・未経験者向けホワイト求人多数・業界トップクラスの圧倒的な求人数 ・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる

なぜ企業研究は必要なのか

なぜ企業研究が必要?

企業研究、業界研究が必要な理由は3つあります。

  • 自分の志望動機の明確にすること
  • 転職後のミスマッチを防ぐため
  • 面接対策のため

自分の志望動機を明確にすること

企業研究が必要な理由は、自分の志望動機を明確にすることです。

志望動機を明確にするには、「その企業で自分が成し遂げたい目標が叶うか」「自分の経験やスキルが活かせるか」など、見極めるのが大切です。

ポイントは、企業の独自性や特徴をかみくだき、「〇〇企業」だからこそ入社したい具体的な理由を明確にすることです。

企業研究では【会社指針や理念】【事業内容】【業績や規模】【将来性】などを、よく知ることであなたとの相性が合致するのか判断しなければなりません。

企業研究で各社を比較する

また企業研究をすることで、各社のさまざまな側面を比較することができて、よりあなたの希望にあった、転職先を見つけることに繋がります。

転職後のミスマッチを防ぐため

企業研究をすることで、転職後のミスマッチの確率を防ぐことができます。

というのも、内定が決まって入社してから「思ったのと違った…」など後悔しないためにも企業研究は大事です。

しっかりと企業の特徴を理解して、どんな仕事内容なのか知っておくこと。

転職という選択を考えている時点で、働き方や仕事内容、給与・休日などの待遇、会社の環境などをキッカケに転職を決意するケースが多いです。

あなたの希望を叶う会社を見つけるためには、企業研究の情報を元に行動していきましょう。

面接対策のため

企業研究が必要な理由は、単純に面接対策に繋がるからです。

ぶっちゃけ志望動機を考えるのに、企業のネームバリューだけでは決めませんよね。

企業の独自の強みや自分の経験や特徴をベースに会社で活かせるかなど考えるはずです。

つまり、志望動機となる軸を考えたりするもの。

また、面接官は「弊社に応募するなら自社のことを、少しは知っているはず…」という前提で質問をしてきます。

企業研究をしていないと面接で他の企業との優位性がわからなくて、答えられず、採用担当者から「あまりウチのこと調べてないな…」など熱意が伝わらず、不採用となってしまいます。

情報が不足していたり、ズレた回答するだけで、その時点でマイナス評価になります。

しかし、調べたけどわからなかった場合は、面接の場で直接、採用担当者に聞いてみるのが一番です。面接という限られた場を有意義に活用するためには事前準備として、企業研究、業界研究は必ずやりましょう。

転職の企業研究は3C分析で考える

3C分析

3C分析の3つのCとは以下となります。

  • 自社(Company/カンパニー)
  • 顧客・市場(Customer /カスタマー)
  • 競合(Competitor/コンペティター)

転職の企業研究では、3C分析が広く使われています。具体的には、以下の表でまとめていますので参考にしてください。

3分析
自社(Company/カンパニー) ・創業年月日
・従業員数
・各事業所一覧
・売上、純利益、
・ビジネスモデル(売上をどう生み出してる?)
・会社の存在意義(世の中へどんな価値提供や社会貢献をしてる?)
顧客・市場(Customer /カスタマー) ・企業の顧客はどんな人?(BtoC?BtoB?)
・どんなヒトがターゲットか
・お客様に選ばれる理由は?
競合(Competitor/コンペティター) ・競合他社はどんな企業?
・自社と競合との強みや特徴
・競合との優位性は?

自社(Company/カンパニー)

カンパニー(Company)でのポイントは、ビジネスモデルは何なのか?どのような形で売り上げを生み出しているのか着目しましょう。将来性があるのか、どんな事業展開が考えられるかなど企業分析をしましょう。

顧客・市場(Customer /カスタマー)

カスタマー(Customer)では、お客様から選ばれている理由を洗い出しましょう。
また、個人を相手するのか、法人を相手にするのかで企業の体制も異なります。どんな人がターゲットなのか、なぜ自社を選ぶのか、自分なりの回答を持っておきましょう。

 競合(Competitor/コンペティター)

コンペティター(Competitors)とは競合他社のことです。
競合他社を調べて、それぞれの市場のシェア、どんなところに優位性を感じられるか、ほかと比較してどんな自社の強みがあるのが見つけだしましょう。
可能なら数字で表せるのががベストですが、そこまで深く考えず、競合との違いを把握しておきましょう。

失敗しない企業研究のやり方5Step

企業研究のやり方

失敗しない企業研究のやり方5ステップを紹介します。

STEP
求人広告・求人票をみる
STEP
公式ホームページで調べる
STEP
新卒採用ページをみる
STEP
転職エージェントに企業、業界動向を聞く
STEP
最新情報をキャッチアップしとく

順番に流れを解説します。

Step①求人広告・求人票をみる

求人広告を見る

求人広告・求人票は、1番最初に目を通すはずですが、しっかり読み込みましょう。自分で読んでいるようで、意外と隅々まで、チェックできていません。
求人広告や求人票は、会社の概要や事業内容だけでなく、体系的に企業情報を知ることができます。また、先輩社員のインタビューやコラム的な項目はリアリティがある内容なので会社の雰囲気をつかむことができます。

Step②公式ホームページを確認

公式ホームページを確認

企業分析をする上で、必ず見ておきたいのが、公式ホームページ。
ほとんどは、企業の沿革や経営方針、企業理念などが掲載されているので「自分が求めるものがあるか」「希望とするキャリアは叶えそうか」など、十分にチェックしてみましょう。
また、代表取締役社長のご挨拶(トップメッセージ)従業員比率(組織構成)先輩社員の声、事業所や支社、営業ネットワーク、取引実績などからも、会社の雰囲気や実態を把握できます。

Step③新卒採用ページをみる

新卒採用ホームページ

新卒採用ページもみておくことをオススメします。企業にとって新卒者は将来を担う貴重な人材となります。
新卒採用ページでは企業の伝えたい情報やメッセージがぎっしり詰まっています。
そのため、中途採用という転職活動においても、貴重な情報です。特に、職場の雰囲気やどんな上司がいるのかいいコンテンツが参考になるでしょう。

新卒ページを見る2つの方法

新卒ページを確認する2つの方法があります。

  • 公式HPから新卒サイトを確認
  • ネット検索で「〇〇株式会社 新卒採用」

公式HPからは新卒サイトへの特設ページや、新卒採用の募集リンクが張られていることがあります。
また、ネット検索でも募集を出していれば見つかります。
「企業名+新卒採用」でマイナビ新卒やリクナビ新卒が出てくるのでぜひ目を通して下さい。

Step④転職エージェントに企業情報や業界動向を聞く

転職エージェントに登録して情報を聞く

企業研究で1番手っ取り早いのが、転職エージェントに鮮度の高い有益な情報をもらうことです。

  • 業界の裏話が聞ける
  • 企業の内部事情が知れる
  • 企業研究の相談できる
  • 自分にぴったりな求人を紹介
  • 履歴書の添削や面接対策などのサポート

ぶっちゃけ、転職エージェントはかなり業界の裏話を知っています。
というのは、一般には公開されていない情報です。

そのため、求人情報から企業の特色や内部情報まで、企業分析に役立つ貴重な情報を網羅できます。
かなり業界や企業に詳しいのでビビります。

それから、あなたの経歴を踏まえてピッタリな求人を紹介してくれます。
転職成功のために、ぜひ活用してみましょう。

おすすめの転職エージェントは、「 第二新卒エージェントneo 」です。

20代限定でかなり専門的に特化しており、若者の就職、転職サービスで満足度は業界No.1です。

「未経験向け・求人の質・サポート力」という全人類のおすすめできる第二新卒エージェントneoは、サポートがかなり手厚いです。

そこらへんのリクナビ、マイナビを使うなら、 第二新卒エージェントneo に無料登録しましょう。

30秒で登録できます。

\ 短期離職に強い!ランキング堂々の1位!/


第1位 第二新卒エージェントneo
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!

無料登録して、書類添削や仕事の悩みを相談してください。転職の成功確率があがります。

Step⑤最新情報をキャッチアップしとく

最新情報をキャッチアップ

企業研究では、鮮度高い情報をとることを意識しましょう。情報は最新にこだわって収集するのが大切です。

具体的にどのように、最新情報をひろうのかは以下となります。

  • 転職フェア
  • 会社見学
  • 知人から情報収集
  • 企業の口コミ
  • 会社四季報
  • 新聞、業界紙、ビジネス雑誌
  • webサイトのネットニュース
  • 業界地図

順番に解説していきます。

転職フェア

転職フェアとは、大手企業から中小企業まで求人募集をしたい企業が大会場に集まるイベントです。それぞれ、自社ブースにて会社説明をします。つまり、質疑応答したり直接企業の社員さんから話を聞くことができます。
これまで、興味がなかった業界や職種に出会えることもあり、効率的に情報収集ができます。気になる企業があったら、必ず参加しましょう。

会社見学

会社見学は、社風や職場の雰囲気など実際の働くところを確認できます。
例えば、ストア系の店舗があるなら、実際に仕事風景をみて自分で働くイメージを持つことができます。
オフィス系の仕事なら、最終面接の前に職場にいる社員と話す機会をお願いしてみましょう。ざっくばらんに良い面や悪い面も感じることができます。

知人からの情報収集

もし、知り合いに志望企業に勤めている人がいるなら聞いてみましょう。知り合いなら、誰も教えてくれない、内部事情をぶっちゃけてくれるはずなのでラッキーです。
また、過去に選考を受けている人や、同業の競合他社に知り合いがいれば業界や企業情報を入手できます。すごい参考になるので使わない手はありません。

企業の口コミ

企業の口コミサイトも、通常では聞くことができない情報を手に入れることができます。口コミはカンタンには聞けない内容なので、いい企業研究になります。
職場で勤務している人の口コミはリアルですが、主観的な部分もあります。たまに信憑性のない書き込みもあるので気になることがあれば、人事担当者に聞いてみるのがいいでしょう。

会社四季報

会社四季報は、企業や業界に関する一般的な基礎データの情報を網羅的に広く知りたいときに有効です。会社の動向や将来性、業界内での立ち位置などがわかります。
ほかにも、

  • 平均年収
  • 平均年齢
  • 将来的な展望
  • 離職率
  • 自己資本比率

企業研究のやり方のなかでも、複数の企業を見比べながら調べられるのがポイント。
専門家の一言にもタメになる情報が載っているので要チェックです。

新聞、業界紙、ビジネス雑誌

紙媒体からも業界のトレンド情報やタイムリーな話題が掲載されているので企業研究にはおすすめ。
企業のトピックスや経営戦略に関する動きなど知るのには信頼性の高い情報を入手できます。ちなみに、より専門性がつまったものが業界誌になります。
また、ビジネス雑誌のなかには、役員レベルののインタビューや記事や今後の会社の方向を把握できます。特集が過去にされたか、確認するのにバックナンバーも見ておきましょう。

webネットニュース

最新の情報収集のために、インターネットの検索は必要不可欠です。
「〇〇企業+新聞」や「〇〇株式会社+ニュース」などで検索しましょう。インターネット上でとりあげられた関連ニュースが手に入りますよ。

プレスリリース情報のチェックしよう

企業研究ではプレスリリースにもチェックすべきです。
プレスリリースは、NEWSリリースとも言わており、企業が公に向けて新規事業や新たなサービス内容などをするお知らせするもの
プレスリリースは、新聞社やスマホアプリのニュースサイトでも検索できます。
ほかにも、公式ホームページからもプレスリリース情報がでています。会社の方向性や事業戦略を知る重要な情報源なので目を通しておきましょう。

業界地図

業界地図は、以下の情報がわかりやすくまとめられています。というのも、図や表などを用いて視覚的に情報を読みとることができるからです。業界で知名度の高い企業や業界の規模などわかりやすく掲載されています。

  • 各業界の規模
  • 各業界に属する企業
  • 各企業の売上、業績
  • 業務提携関係
  • 業界の将来性

企業研究、業界研究においては、参考になる資料だと言えます。業界地図は、経済系の出版社や新聞社が発行しているケースが多いです。

20代・短期離職に強い転職エージェントランキングTOP3



第一位

第二位


第三位
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長・20代限定でかなり専門的に特化
・最短10日で内定獲得実績あり
・全ての求人に書類選考がない
・未経験者向けホワイト求人多数
・業界トップクラスの圧倒的な求人数
・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる

短期離職した方におすすめTOP3

  • 1位 第二新卒エージェントneo
  • 2位 就職Shop
  • 3位 リクルートエージェント

第1位 第二新卒エージェントneo

おすすめ 
第二新卒エージェントneo
公式:https://www.daini-agent.jp/

「20代フリーター」をはじめとした、第二新卒、既卒者向けの20代限定の転職エージェントサービスです。

20代限定でかなり専門的に特化しており、求人の質も高くレア求人が多かった印象です。

最短10日で内定獲得実績あり、若者層向けの就職・転職支援サービスを中心に展開しています。

求人数 12,000件ほど(公開求人170件)
非公開求人 12,000件ほど ※未経験求人約5,000件
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代
得意業種
営業・企画・事務・販売・飲食・WEB

おすすめな人

  • 20代で短期離職をした方
  • 新たな職種・業界に挑戦したい方
  • じっくりサポートを受けて就職・転職したい方

第2位 就職Shop

おすすめ 
就職shop
公式:https://www.ss-shop.jp/

全ての求人が書類選考がない案件を取り扱う、業界最大手リクルートが運営する20代向けの就職・転職支援をしている特化型エージェント。

短期離職をした経験を持つ、アルバイト・フリーター・契約社員の方や、第二新卒・既卒の方、卒業を控えた新卒の方など、正社員経験がない(もしくは短い)方が対象です。

求人数 10,000社以上※非公開求人含む
非公開求人 非公開
対応エリア 首都圏、関西圏
対応年代 20代
得意業種
営業・IT系・事務・通信・メーカー・商社

おすすめな人

  • 短期離職を経験している
  • 20代で初めて正社員になる方
  • フリーターでアルバイト経験しかない方
  • 未経験の職種にチャレンジしようか悩んでいる方
  • 次の転職はブラック企業を避けたい方
  • 書類選考はなしで面接できる企業を探している方

第3位 リクルートエージェント

おすすめ 
リクルートエージェント

公式:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数・転職支援実績で日本トップを誇る、業界最大手の転職エージェント

他と比較にならない「圧倒的な求人数」と「サービスの質」があり、内定までスムーズに導いてくれるおすすめの転職エージェントです。

求人数 30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人 10万件以上
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代 30代 40代 50代
得意業種
営業・事務・IT系・マーケティング

おすすめな人

  • より多くの求人を見て比較検討したい方
  • 業界、職種を決めかねており丁寧に提案してほしい方
  • 非公開求人を見てみたい方
  • 地方にお住まいの方
  • 20代、第二新卒の方

迷ってしまったらこの2つを登録すれば間違いないです。

20代向け!書類選考がない転職エージェント
就職Shopに1分で無料登録する