MENU
リンクについて

当サイトは、基本的にリンクフリーです。リンクを行う場合の許可や連絡はいりません。

相互リンクは、お気軽にご相談下さい。

ただし、インラインフレームの使用や画像の直リンクはご遠慮ください。

短期離職に強い転職エージェント3選をタップして見る◁

「次の仕事決まってないけど辞める」のはあり?

「次の仕事決まってないけど辞める」のは危険?

このような疑問にお答えします。

\短期離職におすすめの転職エージェント/

質の高い優良求人が揃っています。



第一位

第二位


第三位
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長・20代限定でかなり専門的に特化
・最短10日で内定獲得実績あり
・全ての求人に書類選考がない
・未経験者向けホワイト求人多数
・業界トップクラスの圧倒的な求人数
・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる
目次

次の仕事決まってないけど辞めるメリット

次の仕事が決まってないけど辞めるメリットは以下のとおりです。

  • 時間が十分にとれて自己分析や情報収集に専念できる
  • 複数社を受けられる
  • 複数の面接スケジュールに対応できる
  • 必要に応じて資格の勉強ができる

時間が十分にとれて自己分析や情報収集に専念できる

次の仕事が決まってないけど辞めることで、自己分析や情報収集に専念できます。時間が十分にとれるからです。

自己分析や情報収集の時間は、将来的にどのような人間になるかをイメージする絶好の機会。以下のようなことを真剣に考えられます。

  • 自分が何者なのか
  • 自分が何を提供できるのか
  • どのようなキャリアを歩みたいのか

仕事から解放されることで自分自身をより詳細に分析し、自己成長を図れます。自己分析とリサーチの時間は、長い目で見ればより良いキャリア判断につながるはず。将来のビジョンを明確にしたいのなら、次の仕事が決まってないけど辞めるのも一つの方法です。

複数社を受けられる

次の仕事が決まってないけど辞めることで、複数社を受けられるようになります。転職活動のスケジュールに余裕ができるからです。

複数社を受けられるのは、新しいチャンスを求めている人やさまざまな職種へ挑戦したい人にとって理想的な状況です。チャレンジする機会を作ったり、より自分のスキルや興味に合った分野の仕事を追求したりするチャンスになります。

新しいことに挑戦することで、理想のキャリアを歩める確率は高いです。一つの仕事に縛られることなく、あらゆる経験や機会をフルに活用できる可能性があります。

キャリアの選択肢を増やしたい人は、次の仕事が決まってないけど辞めるのもおすすめです。

複数の面接スケジュールに対応できる

次の仕事が決まってないけど辞めるメリットは、複数の面接スケジュールに対応できること。休みやシフトを気にする必要がないからです。

仕事をしていない状態であれば、複数の企業の面接に参加する自由な時間があります。じっくりと求人情報を調べ、自分に合った面接を受けることが可能です。

複数の面接スケジュールに対応できれば、どの仕事に就くか十分な情報を得たうえで決定できます。じっくりと自分の意思を確認しながら次の仕事を決めたいときは、次の仕事が決まってないけど辞めるのもおすすめです。

必要に応じて資格の勉強ができる

次の仕事が決まってないけど辞めるメリットは、必要に応じて資格の勉強ができること。仕事がないときは、履歴書をあと押しするような資格や検定の取得に力を入れやすくなります。

授業を受けたりセミナーに参加したり、資格を取得することで就職市場で有利になることは多いです。技術系など資格が内定獲得に大きく役立つ業界には特に有利。さまざまな業界の資格を取得するための時間を持つことは、理想の仕事に就くための準備となります。

次の仕事が決まっていないとき、勉強や資格取得に時間を使うのは自由です。資格が必要な職種に就きたい人は、次の仕事が決まってないけど辞めることも検討しましょう。

次の仕事決まってないけど辞めるデメリット

次の仕事が決まってないけど辞めるデメリットは以下の4つです。デメリットを把握したうえで、本当に辞めるべきか考えましょう。

  • 転職活動が長引くと経済的に厳しくなる
  • 離職期間が長いと転職活動に不利
  • 社会保険や厚生年金の移行手続きが面倒
  • 内定が決まらないと焦り、妥協する

転職活動が長引くと経済的に厳しくなる

次の仕事が決まってないけど辞めると、転職活動が長引いて経済的に厳しくなることがあります。無職の期間が長くなってしまうからです。

求職中も家賃や光熱費など、支払わなければならない費用はあります。安定した収入源がないため、困難な状況に陥る可能性が高いです。

転職をしたからといって、必ずしも給料が上がるとは限りません。転職活動が長引くと、あなたが職を求めていることを企業側が知り、通常より低い給与や不利な労働条件を提示される可能性もあります。

離職期間が長いと転職活動に不利

次の仕事が決まってないけど辞める場合、現職と転職先の離職期間が長いと転職活動が不利になることがあります。雇用主側は長い離職期間を見て、ネガティブに捉える可能性があるからです。

離職期間が長いと「サボっていたのでは?」と思われます。ネガティブな印象を与えると、理想の仕事を見つけることが難しくなる可能性が高いです。

無職の間は意識しない限りスキルを磨いておくことが難しいのも理由の一つ。雇用主から「スキルが低い」「経験が浅い」と思われる可能性もあります。

社会保険や厚生年金の移行手続きが面倒

次の仕事が決まってないけど辞める場合、社会保険や厚生年金の移行手続きが面倒です。一旦、個人での手続きが必要になるからです。

次の仕事が決まってないけど辞めるなら、以下の方法で健康保険に入らなければいけません。

  • 健康保険の任意継続被保険者になる
  • 国民健康保険に加入する
  • 家族の被扶養者になる

転職先で厚生年金に入る前に、国民年金への加入手続きという面倒なステップが発生します。無職の期間がない場合は、面倒な手続きは発生しません。すべて会社が行ってくれます。

内定が決まらないと焦り、妥協する

次の仕事が決まってないけど辞めるデメリットの一つは、焦りです。内定が出るのを待てず決断を急いだり、妥協してしまったりすることがあります。

内定がなかなか出ないことで希望より低い給料の仕事を受けたり、自分のキャリアゴールと一致しない仕事を受けたりする可能性も…。理想の仕事に就くのは大変なことですが、自分のスキルに見合った仕事を受けるようにすることも大切です。

転職先が決まっていないと、仕事を得るためだけに低い給与を受け入れる可能性があります。次の仕事が決まってないけど辞めるときは、焦りと妥協のリスクに注意してください。

次の仕事が決まってないけど辞める前の準備

次の仕事が決まってないけど辞めるとき、事前に準備しておくべきことは以下のとおりです。スムーズに転職活動を進めるためにも必ず押さえておきましょう。

  • 最低半年から1年間の生活費を貯めておく
  • 在職中に自己PR、書類作成を済ませる
  • 面接対策をしておく
  • 転職エージェントに登録しておく

最低半年から1年間の生活費を貯めておく

次の仕事が決まってないけど辞めるときは、​​少なくとも半年から1年分の生活費を確実に貯めておくことが大切です。生活費の支払いができなくなる心配をせずに、仕事探しや面接を受けるための十分な時間を確保できます。

半年から1年分の予算を立て、生活費や娯楽などの雑費にお金を確保することから始めましょう。万が一の場合に備えて、緊急用の資金を準備することも大切です。仕事を辞める前に、未払いの請求書やローンを完済しておくことも忘れないでください。

生活費を準備することで、辞めることでの生活の不安を軽減できます。次の仕事が決まってないけど辞めることを検討しているなら、半年から1年間の生活費を貯めてください。

在職中に自己PR、書類作成を済ませる

次の仕事が決まってないけど辞めるときは、在職中に自己PRなどの書類作成を済ませましょう。書類作成を済ませておくことで、スムーズに転職活動を始められるからです。

退職後に書類作成を始めると、期限に間に合わせるために焦ってしまいます。余裕を持って書類作成を進めれば、何度も見直してクオリティを高めることも可能です。

履歴書と職務経歴書の出来によって、書類選考を突破できるかが決まります。できるだけ早く書類作成に取り掛かり、採用担当者にアピールできる履歴書・職務経歴書を作りましょう。

面接対策をしておく

次の仕事が決まってないけど辞めるときは、面接対策をしておきましょう。面接で想定される質問と答えを事前に練習しておけば、自信がついて柔軟に対応できます。

面接官は次の仕事が決まってないのに辞めた理由を聞いてくる可能性が高いです。なぜ次の仕事が決まってないのに辞めたのか、確実に答えられるよう準備しておいてください。

面接対策をしておけば、自分のキャリア目標、スキル、関連する経験を採用担当者へ明確に伝えられます。早く面接対策を始めるほどクオリティも高くなるはず。在職中に面接対策を始めておくことに越したことはありません。

転職エージェントに登録しておく

次の仕事が決まってないけど辞めるなら、転職エージェントに登録しておきましょう。転職エージェントは多くの求人情報を持っており、あなたの希望に沿った転職先を紹介してくれます。

おすすめなのが、第二新卒エージェントneo

転職活動中にアドバイスや指導を受けられるのもメリットです。知識や経験が豊富な転職のプロにサポートしてもらえば、理想のキャリアを選択できる可能性を高められます。

転職エージェントの利用は完全に無料です。在職中でも登録できるので、次の仕事が決まってないけど辞める場合は必ず登録しておいてください。

次の仕事が決まってないけど辞めるべき人

次の仕事が決まってないけど辞めるべき人は以下のとおりです。該当する人は、次の仕事が決まってなくても辞めることを検討しましょう。

  • パワハラや過労で心身が辛い時
  • 不眠や無気力などの鬱の症状がある
  • 給料の未払いが続いている

パワハラや過労で心身が辛い時

パワハラや過労で心身が辛い場合は、次の仕事が決まってないけど辞めることを検討しましょう。心身に大きなダメージを与える可能性があります。

仕事よりもあなた自身の健康のほうが優先です。パワハラや過労で身体的・精神的苦痛を与えられているのであれば、できるだけ早く逃げる必要があります。

ネガティブな環境は鬱病やストレスにつながる可能性も…。パワハラや過労が終わらない場合は、次の仕事が決まってなくても退職して自分の心身をケアすることが大切です。

不眠や無気力などの鬱の症状がある

不眠や無気力など鬱の症状がある場合は、次の仕事が決まってないけど辞めることを検討してください。鬱は深刻な精神疾患であり、深刻に受け止める必要があるからです。

不眠や無気力などの症状がある場合は、鬱が潜んでいる可能性があります。鬱をケアしながら仕事を続けることも可能ですが、難しい場合も多いです。無理をしない程度に見極めましょう。

これ以上は無理」「心の健康が危ない」と感じたら、次の仕事が決まってなくても退職して、自分を大切にしてください。症状が続くようであれば、自分に合った環境を探すなど自分自身をケアすることが大切です。

給料の未払いが続いている

給料の未払いが続いている場合、次の仕事が決まってないけど辞めることを検討してください。給料を受け取らずに働くことは決してあってはならないことです。

給料の未払いは、労働基準法違反に該当します。雇用主が長い期間経過しても賃金を支払わない場合は、次の仕事が決まっていなくても辞めることを検討し、労働に見合った賃金が支払われる仕事を探すことが必要です。

給料の未払いが続いている会社で働く期間からは何も生まれません。正当な給料をいち早くもらうためにも、退職してできるだけ早く転職活動を始めましょう。

20代・短期離職に強い転職エージェントランキングTOP3



第一位

第二位


第三位
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長・20代限定でかなり専門的に特化
・最短10日で内定獲得実績あり
・全ての求人に書類選考がない
・未経験者向けホワイト求人多数
・業界トップクラスの圧倒的な求人数
・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる

第1位 第二新卒エージェントneo

おすすめ 
第二新卒エージェントneo
公式:https://www.daini-agent.jp/

「20代フリーター」をはじめとした、第二新卒、既卒者向けの20代限定の転職エージェントサービスです。

20代限定でかなり専門的に特化しており、求人の質も高くレア求人が多かった印象です。

最短10日で内定獲得実績あり、若者層向けの就職・転職支援サービスを中心に展開しています。

求人数 12,000件ほど(公開求人170件)
非公開求人 12,000件ほど ※未経験求人約5,000件
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代
得意業種
営業・企画・事務・販売・飲食・WEB

おすすめな人

  • 20代で短期離職をした方
  • 新たな職種・業界に挑戦したい方
  • じっくりサポートを受けて就職・転職したい方

第2位 就職Shop

おすすめ 
就職shop
公式:https://www.ss-shop.jp/

全ての求人が書類選考がない案件を取り扱う、業界最大手リクルートが運営する20代向けの就職・転職支援をしている特化型エージェント。

短期離職をした経験を持つ、アルバイト・フリーター・契約社員の方や、第二新卒・既卒の方、卒業を控えた新卒の方など、正社員経験がない(もしくは短い)方が対象です。

求人数 10,000社以上※非公開求人含む
非公開求人 非公開
対応エリア 首都圏、関西圏
対応年代 20代
得意業種
営業・IT系・事務・通信・メーカー・商社

おすすめな人

  • 短期離職を経験している
  • 20代で初めて正社員になる方
  • フリーターでアルバイト経験しかない方
  • 未経験の職種にチャレンジしようか悩んでいる方
  • 次の転職はブラック企業を避けたい方
  • 書類選考はなしで面接できる企業を探している方

第3位 リクルートエージェント

おすすめ 
リクルートエージェント

公式:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数・転職支援実績で日本トップを誇る、業界最大手の転職エージェント

他と比較にならない「圧倒的な求人数」と「サービスの質」があり、内定までスムーズに導いてくれるおすすめの転職エージェントです。

求人数 30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人 10万件以上
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代 30代 40代 50代
得意業種
営業・事務・IT系・マーケティング

おすすめな人

  • より多くの求人を見て比較検討したい方
  • 業界、職種を決めかねており丁寧に提案してほしい方
  • 非公開求人を見てみたい方
  • 地方にお住まいの方
  • 20代、第二新卒の方

迷ってしまったらこの2つを登録すれば間違いないです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる