短期離職に強い転職エージェント3選をタップして見る◁

半年で転職するのは危険?中途入社ならおすすめしない!

中途 半年後 転職

読者の悩み

  • 「転職して半年たったけどもう疲れた...。」
  • 「転職してまだ半年だけどしんどい。どうすればいい?」

このような悩みにお答えします。

2分で読める記事となっています。

短期離職で悩んでいる方へ!
転職のプロに無料で相談しませんか?

\ 短期離職に強い!ランキング堂々の1位!/


第1位 第二新卒エージェントneo
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!

損しないために、絶対に一つは登録しておきたい満足度No.1の転職サービスです。

30秒の登録で無料で使えます。

  • 非公開求人の中には、ホワイト企業が多いので転職に失敗しにくい
  • 年収交渉ができるので給料UPで今よりも遊べる
  • 履歴書作成をサポートしてくれるので忙しくて時間がない人も質が高い応募書類に仕上がる。選考通過率がUP。
  • 希望者は、面接の練習ができるので本番緊張せずに挑める
第一位 第二新卒エージェントneo 第二位  就職shop 第三位 リクルートエージェント
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長20代限定でかなり専門的に特化 ・最短10日で内定獲得実績あり・全ての求人に書類選考がない ・未経験者向けホワイト求人多数・業界トップクラスの圧倒的な求人数 ・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる
目次

半年後に転職するのはリスクあり

中途で入社して半年後に転職するのはおすすめできません。新しい転職先を見つけにくくなるからです。

会社は雇用にコストをかけています。1人の採用にかかるコストは約100万〜200万円です。

転職活動をしても、採用担当者に「またすぐ辞めるのでは?」と思われます。会社側としては、リスクを冒して採用を決めることはできません。

半年で転職するのは危険な理由

中途で入社して半年での転職をおすすめしない理由は4つです。リスクを理解した上で、転職すべきか考えましょう。

  • 次の転職先が決まるまで時間がかかる
  • 転職先の選択肢が狭まったり、転職条件が悪くなる
  • 我慢の出来ない印象を持たれる
  • やる気(働く気)のない人と誤解されやすい

次の転職先が決まるまで時間がかかる

中途で入社して半年で辞めると、次の転職先が決まるまで時間がかかります。企業側があなたを採用しにくくなるからです。

企業は長く活躍できる人材を求めています。短期間で辞められると、採用や育成にかかるコストが無駄になるからです。

半年で辞めた経歴があると、採用担当者は早期退職のリスクを考えます。よほど上手にアピールしない限り、企業がリスクのある人材を採用しようとは思いません。

転職先の選択肢が狭まったり、転職条件が悪くなる

中途で入社して半年で辞めると、次の転職先の労働条件が悪くなります。転職できる企業が限られるからです。

労働条件の良い企業には応募が殺到します。多くの応募者の中から、条件の良い人材を採用するのは当然です。「すぐに辞めるかもしれない人材」よりも「長く働けそうな人材」を採用します。

中途採用後、半年で辞めた経歴があると選考は不利。必然的に転職先の選択肢が狭まり、転職条件の悪い職場を選ばなければいけません。

我慢の出来ない印象を持たれる

中途で入社して半年で辞めると「我慢のできない人材」と判断されます。採用担当者は経歴だけ見ても、何が原因で辞めているのか分からないからです。

我慢ができない人材に良い印象はありません。会社は少し辛いことがあっても辛抱強く頑張ってほしいと思っています。

あなたが我慢のできる人なら、採用担当者に「正当な理由で退職していること」を伝えましょう。我慢できないから早期退職しているわけではないことを伝えれば誤解は解けます。

やる気(働く気)のない人と誤解されやすい

中途で入社して半年で辞めると、働く意欲のない人材だと判断されます。「働きたくなくて辞めている」と思わせてしまうからです。

企業は仕事に対して意欲のある人材を求めています。「意欲がある=仕事ができる」と判断できるからです。

「やる気がない」「働く気がない」と感じさせるのは、採用に不利。中途入社して半年で辞めると、採用担当者への印象が良くありません。

半年で転職したほうがいい4つの例

中途で入手しても、半年で転職した方がいい場合もあります。以下の項目に該当する場合は、半年しか勤務していなくても転職を検討しましょう。

  • 入社前の提示条件と異なっていた
  • パワハラやいじめに遭っている
  • 急な業績悪化により給与・待遇が減額された
  • M&Aなどにより職務転換を強いられた

入社前の提示条件と異なっていた

入社前に提示された条件と違う場合、入社して半年でも転職を検討してください。ブラック企業である可能性が高いです。

以下の状況に該当する場合は注意しましょう。

  • 残業代が出ない
  • 休日数が話と違う
  • 有給休暇を使えない

会社の状況が入社よりも悪化しているケースや、会社のモラルが欠如していることが考えられます。どちらにせよ、あなたにとって働き続けるメリットはありません。

労働条件に納得がいかないなら、中途入社で半年しか勤務していなくても転職を検討しましょう。

パワハラやいじめに遭っている

会社でパワハラやいじめに遭っているなら、入社して半年でも転職を検討してください。ストレスが溜まり続けて、精神的な病気になる可能性があります。

パワハラやいじめが蔓延する職場で働き続けても、あなたの成長には繋がりません。働きやすい環境に身を置くことが、あなたの成長に繋がります。

職場へ馴染めずに転職する場合、コミュニケーション能力を疑われる可能性が高いです。転職活動時には、コミュニケーション能力に問題がないことをアピールしましょう。

急な業績悪化により給与・待遇が減額された

入社後、会社が急に業績が悪化して給与や待遇が悪くなったなら、入社して半年でも転職を検討すべきです。業績が下がっている会社で働き続けても、キャリアアップには繋がりません。

業績が下がり続けると、給料が下がるどころかリストラの可能性もあります。急なリストラのリスクを考えるなら、早めに手を打っておくのが賢い選択です。

転職する際、前職を目安に給料を決められることもあります。下がった状態の給料を提示するより、下がる前の給料を提示する方が有利です。

会社の業績が悪いなら、中途入社して半年でも早めに転職を決断しましょう。

M&Aなどにより職務転換を強いられた

M&Aなどで職務転換を強いられた場合、入社して半年でも転職を検討してください。最適なキャリアを歩めない可能性があります。

転職時に「職務転換があった」と伝えれば、採用担当者は納得してくれます。「やりたいことがあってうちの会社に応募してくれた」と感じてもらえるはずです。

一方で「我慢できない人」「柔軟に対応できない人」と捉えられる場合もあります。アピールの仕方には十分に注意してください。

半年で転職をするときの中途採用の成功コツ

入社して半年で転職する場合、押さえておくべきコツがあります。中途採用に成功するためにも、以下の3つを押さえてください。

  • 早急に転職活動を始める
  • 半年間でも学んだことを整理する
  • 次の転職で同じことにならないように振り返る

早急に転職活動を始める

転職を決めたら早めに活動を始めましょう。在職中に転職活動を始めれば、無職になる期間がなくなります。

在職中に転職活動しても、採用担当者に悪い印象は与えません。早めに転職活動を始めても大丈夫です。

無職の期間があると、収入的にもキツいはず。スムーズに働き続けるためにも、思い立ったらすぐに行動しましょう。

半年間でも学んだことを整理する

中途入社して半年しか働いていなくても、会社で学んだことを整理しておいてください。転職活動時のアピールポイントとなるからです。

採用担当者はキャリア全体を見ていますが、前職は特に注目しています。前職で学んだことを中心に、自己分析を進めてください。

中途入社して半年でも学ぶことはあったはず。アピールできないと、採用担当者に「成長する意欲がない人材」と判断されます。

次の転職で同じことにならないように振り返る

なぜ中途入社して半年で転職することになったか、理由を振り返りましょう。失敗した原因を理解しなければ、同じことを繰り返してしまいます。

半年で転職しなければいけない原因はあなたにもあるはず。以下のポイントを考えましょう。

  • 自己分析はできていたか
  • 企業研究はできていたか
  • 妥協して転職先を決めていないか

原因を理解すれば、やるべきことが見えてきます。次の会社では半年で転職することにならないよう、しっかりと対策を練りましょう。

最後まで読んでくれた方へおすすめの転職エージェントを紹介

良い応募が見つからないならレアな求人が多かった「 第二新卒エージェントneoが個人的におすすめです。

20代限定でかなり専門的に特化しており、若者の就職、転職サービスで満足度は業界No.1です。

「未経験向け・求人の質・サポート力」という全人類のおすすめできる第二新卒エージェントneoは、サポートがかなり手厚いです。

そこらへんのリクナビ、マイナビを使うなら、 第二新卒エージェントneo に無料登録しましょう。

30秒で登録できます。

\ 短期離職に強い!ランキング堂々の1位!/


第1位 第二新卒エージェントneo
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!

20代・短期離職に強い転職エージェントランキングTOP3



第一位

第二位


第三位
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長・20代限定でかなり専門的に特化
・最短10日で内定獲得実績あり
・全ての求人に書類選考がない
・未経験者向けホワイト求人多数
・業界トップクラスの圧倒的な求人数
・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる

短期離職した方におすすめTOP3

  • 1位 第二新卒エージェントneo
  • 2位 就職Shop
  • 3位 リクルートエージェント

第1位 第二新卒エージェントneo

おすすめ 
第二新卒エージェントneo
公式:https://www.daini-agent.jp/

「20代フリーター」をはじめとした、第二新卒、既卒者向けの20代限定の転職エージェントサービスです。

20代限定でかなり専門的に特化しており、求人の質も高くレア求人が多かった印象です。

最短10日で内定獲得実績あり、若者層向けの就職・転職支援サービスを中心に展開しています。

求人数 12,000件ほど(公開求人170件)
非公開求人 12,000件ほど ※未経験求人約5,000件
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代
得意業種
営業・企画・事務・販売・飲食・WEB

おすすめな人

  • 20代で短期離職をした方
  • 新たな職種・業界に挑戦したい方
  • じっくりサポートを受けて就職・転職したい方

第2位 就職Shop

おすすめ 
就職shop
公式:https://www.ss-shop.jp/

全ての求人が書類選考がない案件を取り扱う、業界最大手リクルートが運営する20代向けの就職・転職支援をしている特化型エージェント。

短期離職をした経験を持つ、アルバイト・フリーター・契約社員の方や、第二新卒・既卒の方、卒業を控えた新卒の方など、正社員経験がない(もしくは短い)方が対象です。

求人数 10,000社以上※非公開求人含む
非公開求人 非公開
対応エリア 首都圏、関西圏
対応年代 20代
得意業種
営業・IT系・事務・通信・メーカー・商社

おすすめな人

  • 短期離職を経験している
  • 20代で初めて正社員になる方
  • フリーターでアルバイト経験しかない方
  • 未経験の職種にチャレンジしようか悩んでいる方
  • 次の転職はブラック企業を避けたい方
  • 書類選考はなしで面接できる企業を探している方

第3位 リクルートエージェント

おすすめ 
リクルートエージェント

公式:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数・転職支援実績で日本トップを誇る、業界最大手の転職エージェント

他と比較にならない「圧倒的な求人数」と「サービスの質」があり、内定までスムーズに導いてくれるおすすめの転職エージェントです。

求人数 30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人 10万件以上
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代 30代 40代 50代
得意業種
営業・事務・IT系・マーケティング

おすすめな人

  • より多くの求人を見て比較検討したい方
  • 業界、職種を決めかねており丁寧に提案してほしい方
  • 非公開求人を見てみたい方
  • 地方にお住まいの方
  • 20代、第二新卒の方

迷ってしまったらこの2つを登録すれば間違いないです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

人材業界4年。
「企業の採用コンサルタント業務」や「人事担当者」として採用に関わる職務を経験。
2回の転職であらゆる転職サイト&転職エージェントを活用した経験を発信します。

目次
閉じる