短期離職に強い転職エージェント3選をタップして見る◁

短期離職でも逃げたいときに知っておくべき2つのこと【辞め癖に注意】

短期離職で逃げたい時

読者の悩み

「短期離職で逃げたいけど、迷ってる」

このような疑問にお答えします。

短期離職で悩んでいる方へ!
転職のプロに無料で相談しませんか?

\ 短期離職に強い!ランキング堂々の1位!/


第1位 第二新卒エージェントneo
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!

損しないために、絶対に一つは登録しておきたい満足度No.1の転職サービスです。

30秒の登録で無料で使えます。

  • 非公開求人の中には、ホワイト企業が多いので転職に失敗しにくい
  • 年収交渉ができるので給料UPで今よりも遊べる
  • 履歴書作成をサポートしてくれるので忙しくて時間がない人も質が高い応募書類に仕上がる。選考通過率がUP。
  • 希望者は、面接の練習ができるので本番緊張せずに挑める

読者の悩み

辞めることがわかり急に優しくなるのはなぜ?

このような疑問にお答えします。

短期離職で悩んでいる方へ!
転職のプロに無料で相談しませんか?

\ 短期離職に強い!ランキング堂々の1位!/


第1位 第二新卒エージェントneo
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!

損しないために、絶対に一つは登録しておきたい満足度No.1の転職サービスです。

30秒の登録で無料で使えます。

  • 非公開求人の中には、ホワイト企業が多いので転職に失敗しにくい
  • 年収交渉ができるので給料UPで今よりも遊べる
  • 履歴書作成をサポートしてくれるので忙しくて時間がない人も質が高い応募書類に仕上がる。選考通過率がUP。
  • 希望者は、面接の練習ができるので本番緊張せずに挑める
第一位 第二新卒エージェントneo 第二位  就職shop 第三位 リクルートエージェント
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長20代限定でかなり専門的に特化 ・最短10日で内定獲得実績あり・全ての求人に書類選考がない ・未経験者向けホワイト求人多数・業界トップクラスの圧倒的な求人数 ・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる
目次

短期離職で逃げたいときに知っておくべき2つのこと

短期離職で逃げたい時

短期離職で逃げたいと思ったときに知っておくべきことは以下の3つです。

  • 世間的に逃げの転職は甘え
  • 次の転職で苦労する

世間的に逃げの転職は甘え

短期離職で逃げる形で辞めた場合、世間的には「甘え」だと思われるかもしれません。
人それぞれ思うことは違いますが、職場で働いてる人からは、悲観的な感情を抱くでしょう。

  • 仕事内容が難しくて逃げたな
  • 早期離職なんて甘えだ
  • すぐに辞めるなんて根性がない

しかし、短期離職で逃げだと思われるのは、一時的なもの。辞めてしまえば、何を思われようが気にしない方がいいでしょう。

他人からは、短期離職で逃げたなんていう事実はすぐに忘れることです。ダサいと思われても、甘えだと思われても、その一瞬だけ。どんな形であれ、早期離職になったとしても、その後の人生に関わることはないでしょう。

堀江貴文(Takafumi Horie)さんの言葉を借ります。

もっと自由に生きろ。人の目なんか気にする暇はない

他人にどう思われようが気にしなくて良いということ。職場の上司、同僚はあなたのことを大して考えていないのです。

短期離職が甘えだと思われても気にしない心を持ちましょう。

次の転職で苦労する

短期離職で逃げたとしても、次の転職で苦労する可能性があります。短期離職すると、私の経験上、選考通過するのがむずかしくなります。

短期離職の経歴があるだけで、書類選考が通りづらくなります。書類選考では、履歴書を偽ることはできないので、正直に書くしかないでしょう。大手企業や知名度のある有名な企業では、高い確率で門前払いを食らうことになります。

そして、書類選考を通過した後も、面接のときに80%聞かれることがあります。

短期間で辞めた理由は?

短期離職の理由を必ず聞かれるので、退職理由を考えないとなりません。ポジティブな退職理由を答えてなるべくマイナスなイメージを取り除く必要があります。

短期離職で逃げても苦労するの仕方がありません。短期離職した経歴は消えないので、なぜ短期間で辞めることになったのか考えることから始めましょう。

短期離職で逃げるべきかの判断基準

短期離職で逃げるべきかの判断基準は、以下の2つです。

  • ブラック企業だった
  • やりたいことが見つかった

ブラック企業だった

短期離職で逃げたいときの判断基準は、ブラックかどうかです。入社したら聞いていた話と違うというケースはよくあること。

  • 「サービス残業がある」
  • 「長時間労働で休みが少ない」
  • 「パワハラが日常茶飯事」
  • 「上司が無能」

上記のブラック企業の特徴です。
あなたの力でどうにかして変えられる環境なら、1度考え直してもいいです。しかし、ほとんどが無理です。

ブラックな労働環境で働けば、やがて身体を壊すのですぐに逃げて転職しましょう。短期離職の経歴は痛いですが、長く働くことがあなたの人生にとってかなりの無駄な時間を過ごすことになるのでデメリットです。

ブラックな職場は、自分ではどうにもならないことなので、早期に逃げることをおすすめします。

やりたいことが見つかった

短期離職で逃げたいときの判断基準は「やりたいことがある」どうかです。

  • IT業界に入るためにプログラミングを学ぶ
  • 資格の勉強をしたい
  • フリーランスとして活躍したい
  • 芸人になりたい
  • 声優の夢がある
  • インストラクターになりたい

やりたいことが見つかったなら、すぐに辞めても大丈夫。その夢や目標のためなら、すぐにでも行動にうつしたほうが、成功する確率が高まります。

逆にやりたいことがないのに短期離職で逃げるならかなりリスクがあります。ただ、漠然と辛いことがあって辞めたいと思っても、よく考えて下さい。やりたいことがないのに、その場しのぎで早期離職すれば後々、転職が辛くなるでしょう。

短期離職で逃げるなら、その会社でやりたいことがないか考えてみてください。そして、あなたがどんな人生にしたいかを第一に、見つけるようにして下さい。

【事例】短期離職で逃げ癖がある人の悩み

ヤフー知恵袋に、短期離職で逃げ癖を心配している人がいました。一つ紹介します。

短期離職。逃げ癖。 17卒の大卒社会人3年目です。 端的に言えば仕事が続きません。 今後が不安です。 今までの経歴を並べると 1社目 1年(コールセンター) 2社目 1年3ヶ月 事務 3 社目 5ヶ月目 事務 です。 業界は明記を控えさせて頂きます。

1社目については仕事内容が肌に合わず、出社する時や家でぼーっとしているときなどに涙が出てきたり、受電する際に声が震える、息苦しい感じがしてスムーズに話すことが難しい、など日によってまちまちですが上記症状が出てきて限界を感じ退職に至りました。

2社目はお金を貯めるために地元に戻り就職。こちらはとくにマイナスな退職理由はなくもう一度家を出て自立したいがために退職。

3社目については現在5ヶ月目。 バタバタと忙しなく四方八方から様々業務が舞い込み、自分の仕事をしていても中断される事があるためパニックになる。シフト制で夜中まで仕事の場合もあり。なんでもない時に涙が出る、ヤル気がでないなど1社目同様の症状?があります。

これまでの経験を通して目の前の仕事をこつこつとこなすのが向いているなと感じています。ただ具体的にどんな仕事がいいのか分かりませんし、また転職したところで逃げなのでは?自分は発達障害なのか?など様々なおもいがめぐってしまいます。 質問がうまくまとまりませんが、また短期離職を重ねてしまうが辞めるべきなのか迷っています。迷っているというより背中を押してほしいだけなのかもしれませんが、ご回答お願いします。

Yahoo!知恵袋

上記は、逃げ癖がついてしまい悩んでいるパターンです。しかし、仕事が合ってないなら辞めるべきでしょう。

ある程度、仕事をしていく努力は必要ですが、身体に症状が出ている場合は、早く退職した方が正解です。

短期離職で逃げても大丈夫だが逃げ癖に注意!

この記事の結論は、短期離職で逃げても大丈夫です。辛かったり、やりたいことがあるなら後悔しないようにするべきです。

しかし、逃げ癖がつかないように注意しましょう。

逃げていい条件は二つです。

  • ブラックな労働環境か
  • やりたいことがみつかったか

最後まで読んでくれた方へおすすめの転職エージェントを紹介

良い応募が見つからないならレアな求人が多かった「 第二新卒エージェントneoが個人的におすすめです。

20代限定でかなり専門的に特化しており、若者の就職、転職サービスで満足度は業界No.1です。

「未経験向け・求人の質・サポート力」という全人類のおすすめできる第二新卒エージェントneoは、サポートがかなり手厚いです。

そこらへんのリクナビ、マイナビを使うなら、 第二新卒エージェントneo に無料登録しましょう。

30秒で登録できます。

\ 短期離職に強い!ランキング堂々の1位!/


第1位 第二新卒エージェントneo
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!

20代・短期離職に強い転職エージェントランキングTOP3



第一位

第二位


第三位
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長・20代限定でかなり専門的に特化
・最短10日で内定獲得実績あり
・全ての求人に書類選考がない
・未経験者向けホワイト求人多数
・業界トップクラスの圧倒的な求人数
・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる

短期離職した方におすすめTOP3

  • 1位 第二新卒エージェントneo
  • 2位 就職Shop
  • 3位 リクルートエージェント

第1位 第二新卒エージェントneo

おすすめ 
第二新卒エージェントneo
公式:https://www.daini-agent.jp/

「20代フリーター」をはじめとした、第二新卒、既卒者向けの20代限定の転職エージェントサービスです。

20代限定でかなり専門的に特化しており、求人の質も高くレア求人が多かった印象です。

最短10日で内定獲得実績あり、若者層向けの就職・転職支援サービスを中心に展開しています。

求人数 12,000件ほど(公開求人170件)
非公開求人 12,000件ほど ※未経験求人約5,000件
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代
得意業種
営業・企画・事務・販売・飲食・WEB

おすすめな人

  • 20代で短期離職をした方
  • 新たな職種・業界に挑戦したい方
  • じっくりサポートを受けて就職・転職したい方

第2位 就職Shop

おすすめ 
就職shop
公式:https://www.ss-shop.jp/

全ての求人が書類選考がない案件を取り扱う、業界最大手リクルートが運営する20代向けの就職・転職支援をしている特化型エージェント。

短期離職をした経験を持つ、アルバイト・フリーター・契約社員の方や、第二新卒・既卒の方、卒業を控えた新卒の方など、正社員経験がない(もしくは短い)方が対象です。

求人数 10,000社以上※非公開求人含む
非公開求人 非公開
対応エリア 首都圏、関西圏
対応年代 20代
得意業種
営業・IT系・事務・通信・メーカー・商社

おすすめな人

  • 短期離職を経験している
  • 20代で初めて正社員になる方
  • フリーターでアルバイト経験しかない方
  • 未経験の職種にチャレンジしようか悩んでいる方
  • 次の転職はブラック企業を避けたい方
  • 書類選考はなしで面接できる企業を探している方

第3位 リクルートエージェント

おすすめ 
リクルートエージェント

公式:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数・転職支援実績で日本トップを誇る、業界最大手の転職エージェント

他と比較にならない「圧倒的な求人数」と「サービスの質」があり、内定までスムーズに導いてくれるおすすめの転職エージェントです。

求人数 30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人 10万件以上
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代 30代 40代 50代
得意業種
営業・事務・IT系・マーケティング

おすすめな人

  • より多くの求人を見て比較検討したい方
  • 業界、職種を決めかねており丁寧に提案してほしい方
  • 非公開求人を見てみたい方
  • 地方にお住まいの方
  • 20代、第二新卒の方

迷ってしまったらこの2つを登録すれば間違いないです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

人材業界4年。
「企業の採用コンサルタント業務」や「人事担当者」として採用に関わる職務を経験。
2回の転職であらゆる転職サイト&転職エージェントを活用した経験を発信します。

目次
閉じる