短期離職に強い転職エージェント3選をタップして見る◁

退職を引き止められない?!悲しい!理由を解説します。

読者の悩み

  • 「退職を伝えても引き止めがない…」
  • 「悲しい。引き止められなかった」

このような疑問にお答えします。

よく、辞める前に引き止められたと聞くけど、実際に「引き止められる人」「引き止められない人」の違いはなんなのか、気になりますよね?

この記事の結論は

  • 会社側が人手不足じゃないから
  • 会社への貢献度が低いから
  • 他に優秀な社員がいるから

3分で読める記事となっています。

第一位 第二新卒エージェントneo 第二位  就職shop 第三位 リクルートエージェント
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長20代限定でかなり専門的に特化 ・最短10日で内定獲得実績あり・全ての求人に書類選考がない ・未経験者向けホワイト求人多数・業界トップクラスの圧倒的な求人数 ・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる
目次

退職を引き止められないから悲しい!

悲しい!退職を引き止められない

退職を引き止められない!悲しい!と思っているのは、あなただけではありません。

私がそうでした。会社は、全く引き止めてくれなかったんです。

1年半、頑張って働いた会社の話。

当時の、上司に退職したいと申し出たところ、1言目に返ってきた言葉にあぜん。

「 そうなのか。わかったよ。 」

あっさりだった。

想像してなかった事を言われてびっくり。

いやもっと、こうさ。

「考え直してくれ」とか「どうして、やめるの?」とかあるじゃん!

とか、心の中では思いつつ、退職をすんなり受理してくれたんです。

退職を伝える前に悩んだ日々

退職は悩むだけ無駄?

退職を言う前は、いろんな事を思いながら悩みました。

今の会社の状況から、自分が居なくなったら大変だよなあ。

どうしよう…。と悩んでいた。

  • 繁忙期に自分が辞めたら困るはず
  • 仕事はどう引き継ぐのかなぁ
  • 可愛がってくれた先輩が悲しむかなぁ
  • 同僚になんで言えば…
  • 自分がいなくなったら会社が迷惑だよな…

それでも、一回きりの人生だから。

辞めたい気持ちを大切にして勇気をだして上司に言った。

結果は、想像していた反応じゃなかった。

悲しい顔して、引き止めてくれる事を半分期待していたんです…

意外とすんなり。

「 次のどんな仕事やるの? 」 と軽いノリで聞いてきた…

その時思ったのは「自分っていらない存在だった?!」って初めて悲しくなった。

そう。自分には、引き止められない理由があったということ。

悲しい気持ちになりながらも、引き止められない理由は聞けるはずもなく…

いや、当時を振り返ると悲しいですね。

でも、安心して下さい。

Twitterや2ちゃんなどの掲示板には、自分以外にも引き止められないで悲しいと感じる人がたくさんいました。

退職を引き止められない理由

なぜ退職を引き止められない?

退職を引き止められない理由は、以下の3つです。

  • 人手不足じゃない
  • 会社への貢献度が低い
  • 他に優秀な社員がいる

人手不足じゃない

退職を引き止められないのは、単に人手が足りているケースです。

「すんなりと、退職を了承してくれるのは、悲しい…。」

だけど、裏を返せば1人2人やめても会社にほぼ影響が出ないからなんです。

特に、大きな会社になればなるほど、人事異動などで社内調整することができます。

したがって、あなたが退職をしたところで引き止められません。

会社への貢献度が低い

会社への貢献度が低いなら、退職を引き止められないです。

悲しいことにあなたが思っているほど貢献できていない可能性があります。

会社にとって必要だったら引き止められるということ。

あまり、活躍できてなかったなと心当たりがあるなら、それが退職を引き止められない理由でしょう。

貢献度とは

ちなみに、貢献度は、業績には直接する働きをしているか、一緒に働く従業員に対して明るい雰囲気にしたり、サポートしあえたり、組織づくりに貢献できてるかということです。 

勤続年数が長いことや、長時間働くことが貢献してるわけではないのです。

他に優秀な社員がいる

退職を引き止められないのは、他に優秀な社員がいたり、もっと良い人材を求めている場合です。

今あなたが、優秀な社員だったら引き止められていたかも知れません。

悲しい現実を言えば、あなたは優秀な人材ではなかったということです。

具体的には以下の社員が求められる社員です。

  • 能力やスキルが高い
  • 会社の業績に貢献できる人
  • 社内の連携が上手く仕事ができる
  • 周りへのサポートもできる

会社は、同じ待遇、給与を払うなら、優秀な人がいいはず。

あなたがやめても、他に優秀な人がいるorもっと良い人を採用しようと思っている企業もあるんです。

もう、引き止められないと諦めている

退職を考えている人は、引き止められないと諦めているかもしれません。

退職をする人は、相当な悩んで覚悟を持って話しているという状態。

誰も軽い気持ちで決断することではありません。

会社の上司や同僚も辞める立場のあなたの気持ちを理解しています。

だからこそ、引き止めても無駄だと思って諦めているのでしょう。

逆に、あなたが「引き止められない…」「悲しい!」と感じていることには、1ミリも気付いていくないはず。

きっとあなたを応援しています。

ちなみに、退職するあなたにとってこれからが大事です。

転職活動するなら失敗しないために「 第二新卒エージェントneo 」は登録しておくと便利です。

  • 非公開求人の中には、ホワイト企業が多いので転職に失敗しにくい
  • 年収交渉ができるので給料UPで今よりも遊べる
  • 履歴書作成をサポートしてくれるので忙しくて時間がない人も質が高い応募書類に仕上がる。選考通過率がUP。
  • 希望者は、面接の練習ができるので本番緊張せずに挑める

退職が受理されたのに悲しいのはなぜ?

退職を認められたのに悲しい理由

退職が認められたのに、悲しいのはなぜか。

それは、引き止められない=会社にとって重要な人物ではなかったということを感じたから

  • 「居なくなっても困らない」
  • 「会社で活躍できていなかった」

それに気付いてしまった時に「悲しい」と感じるのです。

今まで会社に尽くして、一生懸命取り組んだ仕事はなんだったのか。

上司や同僚との出会いもなんだか「無駄だった」と虚しくなる人もいるでしょう。

本当に辞めたいからしつこく、引き止められたくはない。

だけど、必要とされていることを証明したかった、実感したかったというのが本音ですよね。

せめて、会社から居なくなることに対して少しでも抵抗してほしかった。

これが退職を引き止められないと悲しいと感じてしまう理由なのでしょう。

引き止められないで悲しいときの対処法

悲しい時の対処法

引き止められないで悲しいときの対処法はあります。

  • ポジティブに考える
  • 開き直る
  • 振り返って考えない
  • 次の仕事で見返す

ポジティブに考える

引き止められないで悲しいなら、もっとポジティブに考えることです。

  • 「引き止められることなくあっさりOKしてもらえた。」
  • 「一つ、退職するうえで大きな山場を超えた!」
  • 「言えなかったモヤモヤがスッキリした」
  • 「すんなり、理解してくれて良かった」

そもそも、仕事の不満を思い返してみてください。

  • サービス残業
  • 月の休日が少ない
  • 嫌な上司
  • ルーティンワークで仕事が飽きた
  • スキルがつかない

辞める理由があって自分がで行動したことです。

ポジティブに考えて、退職を引き止められないからといっていつまでも悲しい気持ちになるのはやめましょう。

あなたは「退職は成功したんだ!」とプラスに考えることです。

開き直る

開き直ることも大事です。切り替えましょう。

もう、99%は今後、ほとんど関わることのない会社です。

辞めたって、今後の自分の人生に関係ないと思うくらい開き直るのがおすすめです。

辞めたかった会社からオサラバできると思えば、悲しい気持ちはだんだん薄れていきます。

振り返って深く考えないこと

振り返って深く考えすぎないようにしましょう。

なぜかというと

  • 振り返ると余計に悲しい気持ちに浸るだけだから
  • 退職が揺るぎないなら考えるだけ時間のムダだから
  • 引き止められない理由を探しても意味がないから

それよりも、次の転職先のことを考えるべし!

次の環境で見返す

辞めると言って引き止められない悲しい気持ちは次の環境で見返しましょう。

  • あなたのやりたい事で頑張る!
  • 次の職場で成長して活躍する!
  • 自分の実現したい夢を叶える!

引き止められなかった悔しさや悲しみを忘れずに次の新天地で成功させましょう。

ぶっちゃけ、あなたが「退職して引き止められないから悲しい」と落ち込んでいても、上司や同僚はなんとも思っていないですよ。

次のことを考えて未来の充実させるべし!

退職を引き止められない原因はある?

引き止められないのは自分自身が原因?

結論から言うと、退職を引き止められない原因は、自分自身にあるということです。

その事実は受け止める必要があります。

また、もっと言えば、退職を引き止められないのは、会社の経営状況なども間接的に関わっていることもあります。

今悲しくても、前進することで今後の人生が変わります。

この経験は忘れずに次の行動に移りましょう。

20代・短期離職に強い転職エージェントランキングTOP3



第一位

第二位


第三位
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長・20代限定でかなり専門的に特化
・最短10日で内定獲得実績あり
・全ての求人に書類選考がない
・未経験者向けホワイト求人多数
・業界トップクラスの圧倒的な求人数
・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる

短期離職した方におすすめTOP3

  • 1位 第二新卒エージェントneo
  • 2位 就職Shop
  • 3位 リクルートエージェント

第1位 第二新卒エージェントneo

おすすめ 
第二新卒エージェントneo
公式:https://www.daini-agent.jp/

「20代フリーター」をはじめとした、第二新卒、既卒者向けの20代限定の転職エージェントサービスです。

20代限定でかなり専門的に特化しており、求人の質も高くレア求人が多かった印象です。

最短10日で内定獲得実績あり、若者層向けの就職・転職支援サービスを中心に展開しています。

求人数 12,000件ほど(公開求人170件)
非公開求人 12,000件ほど ※未経験求人約5,000件
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代
得意業種
営業・企画・事務・販売・飲食・WEB

おすすめな人

  • 20代で短期離職をした方
  • 新たな職種・業界に挑戦したい方
  • じっくりサポートを受けて就職・転職したい方

第2位 就職Shop

おすすめ 
就職shop
公式:https://www.ss-shop.jp/

全ての求人が書類選考がない案件を取り扱う、業界最大手リクルートが運営する20代向けの就職・転職支援をしている特化型エージェント。

短期離職をした経験を持つ、アルバイト・フリーター・契約社員の方や、第二新卒・既卒の方、卒業を控えた新卒の方など、正社員経験がない(もしくは短い)方が対象です。

求人数 10,000社以上※非公開求人含む
非公開求人 非公開
対応エリア 首都圏、関西圏
対応年代 20代
得意業種
営業・IT系・事務・通信・メーカー・商社

おすすめな人

  • 短期離職を経験している
  • 20代で初めて正社員になる方
  • フリーターでアルバイト経験しかない方
  • 未経験の職種にチャレンジしようか悩んでいる方
  • 次の転職はブラック企業を避けたい方
  • 書類選考はなしで面接できる企業を探している方

第3位 リクルートエージェント

おすすめ 
リクルートエージェント

公式:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数・転職支援実績で日本トップを誇る、業界最大手の転職エージェント

他と比較にならない「圧倒的な求人数」と「サービスの質」があり、内定までスムーズに導いてくれるおすすめの転職エージェントです。

求人数 30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人 10万件以上
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代 30代 40代 50代
得意業種
営業・事務・IT系・マーケティング

おすすめな人

  • より多くの求人を見て比較検討したい方
  • 業界、職種を決めかねており丁寧に提案してほしい方
  • 非公開求人を見てみたい方
  • 地方にお住まいの方
  • 20代、第二新卒の方

迷ってしまったらこの2つを登録すれば間違いないです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

人材業界4年。
「企業の採用コンサルタント業務」や「人事担当者」として採用に関わる職務を経験。
2回の転職であらゆる転職サイト&転職エージェントを活用した経験を発信します。

目次
閉じる