短期離職に強い転職エージェント3選をタップして見る◁

短期離職した場合の自己PRどう書く?職務経歴書の書き方を解説します。

読者の悩み

  • 「入社しても3ヶ月、もう転職したい」
  • 「短期離職のときの自己PRや職務経歴書ってどう書く?」

このような悩みにお答えします。

2分程度で読めるページとなります。

短期離職で悩んでいる方へ!
転職のプロに無料で相談しませんか?

\ 短期離職に強い!ランキング堂々の1位!/


第1位 第二新卒エージェントneo
20代転職No,1エージェント!求人の質が魅力!

損しないために、絶対に一つは登録しておきたい満足度No.1の転職サービスです。

30秒の登録で無料で使えます。

  • 非公開求人の中には、ホワイト企業が多いので転職に失敗しにくい
  • 年収交渉ができるので給料UPで今よりも遊べる
  • 履歴書作成をサポートしてくれるので忙しくて時間がない人も質が高い応募書類に仕上がる。選考通過率がUP。
  • 希望者は、面接の練習ができるので本番緊張せずに挑める
第一位 第二新卒エージェントneo 第二位  就職shop 第三位 リクルートエージェント
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長20代限定でかなり専門的に特化 ・最短10日で内定獲得実績あり・全ての求人に書類選考がない ・未経験者向けホワイト求人多数・業界トップクラスの圧倒的な求人数 ・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる
目次

短期離職で自己PRで悩む人は多い

あなたが短期離職をしているなら、次の転職活動で自己PRや職務経歴って何を書けば良いかわからないと思います。

意外と同じ悩みを持つ人は多いんですよ!

在職期間が短くても不利にならない書き方のポイントを紹介します。

短期離職したときの自己PRの書き方

短期離職してしまった時の自己PRはどのように書けばよいのか。ポイント毎に解説していきます。

  • 長所を自己PRにしてもいい
  • 仕事の成果や実績があるなら書く

長所を自己PRにしてもいい

短期離職のときの自己PRは、あなたの強みや長所を書くと良いです。

あなたの「長所」や「強み」を裏付ける具体的な行動を深掘りし、アピールしましょう。

仕事で大切にしている考え方や、意識していることなど踏まえて書くことで熱意も伝わります。

仕事の成果や実績があるなら書く

短期離職しても、もし仕事の実績や成果としてアピールできることがあれば、もれなく書くと良いです。

エピソードや実績をできるだけ具体的に書いてみましょう。数字を用いたりすることでアピールポイントの信ぴょう性がグッと上がります。

志望先の会社に貢献できることや、実績や成果と絡めて、「即戦力になれる」ことをアピールするようにしましょう。

短期離職の職務経歴書の書き方

短期離職の職務経歴書の書き方を紹介します。基本的に3つの方法に分けられます。

  • 編年体式
  • 逆編年体式
  • キャリア式

編年体式

短期離職の方の職務経歴書は「編年体式」と言われる一般的で書き方が良いです。

シンプルで読みやすいですが、単調に見えやすいという点もあるので、見出しを太字に変えたり、表を組むといいでしょう。アクセントをつければ、読み手が受ける印象は、見やすく変わります。

具体的には

  • 過去に在籍した企業
  • 部署や支社
  • 仕事内容

上記の職歴の情報を時系列順にかいていく形式です。

向いている人
「早期離職の人」
「社会人経験が少ない人」
「第二新卒の人」
「異動や転職の回数が少ない人」
※転職回数2回以内の方
特徴
これまでのあなたの職歴の過程を伝えやすい。

逆編年体式

逆編年体式の職務経歴書は、直近の職歴から書く形式です。つまり、過去を遡って書きません。その名の通り、編年体式の真逆バージョンで、逆から書いていくことになります。

向いている人
「勤続年数が長い人」
「直近でアピールする実績がある人」
「応募先が直近の仕事に似てる分野がある人」
「転職回数が3回以上」
特徴
直近の経歴を強調したいときに有効
即戦力だと知ってもらうために最適
真新しい技術で最先端の人材だとアピールするのにぴったり

特に短期離職の場合の転職ですと、直近の職歴は、なかなかアピールする要素が無いとおもいます。

そのため、無理して逆編年体式で職務経歴書を書く必要はないですよ。

ちなみに、逆編年体式は、海外では比較的、主流な書き方です。外資系企業に応募するときなどは、このパターンで書きましょう。

キャリア式

キャリア式の職務経歴書は、職種毎や業務内容毎などを軸にまとめて書く形式です。

1社ずつ会社の経歴ではなく、1職種ずつの職務経歴となり、自分の強みや実績を中心に構成していきます。

例えば「営業」を軸に構成すると

見出しは【営業に関わる経歴】として、「在職期間」と「職務内容」を中心にアピールポイントを書き出します。

向いている人
「職歴に一貫性がある人」
「職務毎に実績やアピールポイントがある人」
「転職回数が4回以上で気になる人」
特徴
転職回数が目立たない
できるだけ数字とエピソードが記載できる
応募企業が求めるスキルに近い

転職回数が目立たないという利点があります。しかし、キャリア式なのにポイントが絞られてなかったり、業務内容に一貫性がなかったりするのはNGです。

短期離職したときの転職の進め方

短期離職したときの転職の進め方は以下となります。

  • 転職のプロに書類作成をしてもらう
  • 短期離職経験者の意見を聞く

転職のプロに書類作成をしてもらう

入社してすぐ辞めて短期離職で悩んでいるなら、転職のエージェントに書類作成を手伝ってもらいましょう。

短期離職の人も安心してください。これまで、星の数ほど転職を支援してきているアドバイザーは、在籍期間が短い転職者もサポートしています。

職務経歴書の添削しながら、自己PRの書き方と教えてくれます。ぶっちゃけ使わないのは損です!

全て無料なので、登録してない方はまずは、レアな非公開求人をみて相談してください。

短期離職に強いおすすめの転職エージェントはこちら!

\2022年最新版!忖度なし/

短期離職経験者の意見を聞く

身近に短期離職した人がいるなら、その人の意見も取り入れましょう。

  • どんなことを意識して転職活動したのか
  • 自己分析の方法は?
  • どんなこと質問で聞かれたか。

一度転職している人の話を聞くとかなり参考になることがあります。

転職エージェントに登録後は、身近な友達や知り合いに転職のことを相談してみましょう。

短期離職にまつわる疑問

短期離職にまつわる疑問をまとめました。

  • 在職期間が短いと転職で不利?
  • 書籍やネットの職務経歴書の見本は参考になる?
  • 試用期間中に辞めたら書かないといけない?

在職期間が短いと転職で不利?

結論から言うと、短期離職がマイナスにはたらくことが多いです。

企業がかける一人当たりの採用コストは50万円ほどと言われています。かなりの、金額のコストがかかっているので、

  • 「採用してもすぐ辞めないかなぁ…」
  • 「在職期間が短いから根性がなさそうだ…」

などと、不安に思う採用担当者もいます。

ただ、これについては、業界や業種によって感じ方はそれぞれ違います。というのも、3年未満を短期離職と思う企業がいたり、2年以内の早期離職と考える企業があるからです。

また、それを踏まえてどれだけの転職しているのか転職回数や過去それぞれの経歴の長さによって印象も変わるでしょう。

企業とのマッチング度合いによる

企業とのあなたのマッチング度合いによります。端的にいうと、企業側の人事担当者が、短期離職のことをよく理解してくれるかどうかによって変わるということです。

志望動機がポジティブで前向きで、将来のキャリアについて話せれば、そこまで転職で不利になりません。面接の時にアピール次第で相手の受ける印象を変えられるので、相性が良ければ、内定まで獲得できるでしょう。

また、志望先の企業が成果主義なら、過去の経歴は一切みません。むしろ、どれだけ成果として会社に貢献できるかをみられるので、実績や成果をアピールできるエピソードがあれば優位に立てるでしょう。

書籍やネットの職務経歴書の見本は参考になる。

書籍やネットの職務経歴書の見本は参考にしても、問題ありません。むしろ、整っているフォーマットは活用した方が効率が良いです。

ただ、フォーマットを参考にして一人で職務経歴書を書いて仕上げるのはオススメしません。転職エージェントと共同で作成してもらって下さい!

職務経歴や自己PRの作成については、必ず転職のプロに相談して添削してもらって下さい。選考通過率がぐんっと上がりますよ!

試用期間中に辞めたら書かないといけない?

試用期間中に辞めた職歴は、書く必要がありません。しかし、基本的に短期の職務経歴でも記載することがいいでしょう。というのも、面接の時にブランク期間のことを聞かれることがあります。

  • 「この期間は何をされていましたか?」
  • 「ブランクの期間があったのはなぜですか?」

ほとんどの企業では、一定の空白期間に違和感を持って質問してくるでしょう。

試用期間中の退職を隠して書いた場合のデメリット

  • 雇用保険の加入履歴でバレる
  • 入社前後で経歴詐欺でトラブルになる

最悪の場合、解雇や内定剥奪の恐れもありますので、試用期間中に退職しても、職務経歴には書き足しましょう。

20代・短期離職に強い転職エージェントランキングTOP3



第一位

第二位


第三位
おすすめ
求人数12,000件ほど(公開求人170件)10,000社以上※非公開求人含む30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人12,000件ほど ※未経験求人約5,000件非公開10万件以上
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡首都圏、関西圏全国、海外
対応年代20代20代20代 30代 40代 50代
どんな人がおすすめ第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒、フリーター、ニート等第二新卒
書類選考あり(難易度低い)書類選考なしあり(難易度高い)
求人の質★★★★★★★★
エージェントの質★★★★★★★★★
短期離職に強い★★★★★★
料金無料無料無料
特長・20代限定でかなり専門的に特化
・最短10日で内定獲得実績あり
・全ての求人に書類選考がない
・未経験者向けホワイト求人多数
・業界トップクラスの圧倒的な求人数
・大手の求人多数
公式サイト無料で登録してみる無料で登録してみる無料で登録してみる

短期離職した方におすすめTOP3

  • 1位 第二新卒エージェントneo
  • 2位 就職Shop
  • 3位 リクルートエージェント

第1位 第二新卒エージェントneo

おすすめ 
第二新卒エージェントneo
公式:https://www.daini-agent.jp/

「20代フリーター」をはじめとした、第二新卒、既卒者向けの20代限定の転職エージェントサービスです。

20代限定でかなり専門的に特化しており、求人の質も高くレア求人が多かった印象です。

最短10日で内定獲得実績あり、若者層向けの就職・転職支援サービスを中心に展開しています。

求人数 12,000件ほど(公開求人170件)
非公開求人 12,000件ほど ※未経験求人約5,000件
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代
得意業種
営業・企画・事務・販売・飲食・WEB

おすすめな人

  • 20代で短期離職をした方
  • 新たな職種・業界に挑戦したい方
  • じっくりサポートを受けて就職・転職したい方

第2位 就職Shop

おすすめ 
就職shop
公式:https://www.ss-shop.jp/

全ての求人が書類選考がない案件を取り扱う、業界最大手リクルートが運営する20代向けの就職・転職支援をしている特化型エージェント。

短期離職をした経験を持つ、アルバイト・フリーター・契約社員の方や、第二新卒・既卒の方、卒業を控えた新卒の方など、正社員経験がない(もしくは短い)方が対象です。

求人数 10,000社以上※非公開求人含む
非公開求人 非公開
対応エリア 首都圏、関西圏
対応年代 20代
得意業種
営業・IT系・事務・通信・メーカー・商社

おすすめな人

  • 短期離職を経験している
  • 20代で初めて正社員になる方
  • フリーターでアルバイト経験しかない方
  • 未経験の職種にチャレンジしようか悩んでいる方
  • 次の転職はブラック企業を避けたい方
  • 書類選考はなしで面接できる企業を探している方

第3位 リクルートエージェント

おすすめ 
リクルートエージェント

公式:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数・転職支援実績で日本トップを誇る、業界最大手の転職エージェント

他と比較にならない「圧倒的な求人数」と「サービスの質」があり、内定までスムーズに導いてくれるおすすめの転職エージェントです。

求人数 30万件以上 ※非公開求人含む
非公開求人 10万件以上
対応エリア 全国・海外
対応年代 20代 30代 40代 50代
得意業種
営業・事務・IT系・マーケティング

おすすめな人

  • より多くの求人を見て比較検討したい方
  • 業界、職種を決めかねており丁寧に提案してほしい方
  • 非公開求人を見てみたい方
  • 地方にお住まいの方
  • 20代、第二新卒の方

迷ってしまったらこの2つを登録すれば間違いないです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

人材業界4年。
「企業の採用コンサルタント業務」や「人事担当者」として採用に関わる職務を経験。
2回の転職であらゆる転職サイト&転職エージェントを活用した経験を発信します。

目次
閉じる